コロナ不倫 自粛期間に逢瀬が増えた男女の「5つの共通点」

コロナ不倫 自粛期間に逢瀬が増えた男女の「5つの共通点」

コロナ禍でますます不倫にのめり込む人が増えた

 新型コロナウイルスの自粛解禁後も、東京都では連日、2ケタにのぼる新たな感染者が確認され、第2波の流行も現実味を帯びてきている。しかし、そうした危機感をよそに、コロナ禍の最中でも高まる欲望と淫靡な誘惑に抗えず、不倫中のカップルはいつもの日常のように「密会」を繰り返していた。

 本来、外出自粛中は人との接触を極力避け、ましてや不倫相手との濃厚すぎる逢瀬はもっての他なのだが、「行ってはいけない、ダメだと思っても身体が言うことを聞かない」と、逆に禁断の愛が燃え上がるケースが増えているという。

 総合探偵社(株)MRが、不倫をしている既婚男女128名に緊急アンケートを行ったところ、コロナ禍前後で不倫相手と会う頻度が「増えた」あるいは「変わらない」と回答した人は、なんと47.7%と半数近くにのぼった。

 MRの岡田真弓代表が語る。

「コロナの影響で不倫相手に会うハードルは高くなっているのですが、それに関わらず、不倫にのめりこむ人が多くなっています。実際、コロナが騒がれるようになってから、弊社では不倫調査が増えているんです」

 コロナ禍でも不倫に走る男女の実態とはどのようなものなのか。依頼案件を詳細に分析した結果、不倫愛に燃える男女には5つの共通点があることが判明した。

 岡田代表がまず挙げたのが、10歳以下の子どもがいるという共通点だった。

「学校が一斉休校となり友達と遊べないため、親に構ってほしいとねだるのが子どもの心理です。でも、子どもの相手をしていると仕事が一向に進まず、うるさく騒がれると仕事をする集中力も欠如してしまいますよね。そうするとイライラが募って、その欲求不満を解消しようと、不倫相手に会いたくなってしまうようです」

 そして夫婦が共働きのリモートで、一日何時間か自宅で働いているという点も共通しているという。

「妻も夫もテレワークをしていると、夫婦で顔を合わせる機会が増え、なおかつどちらも仕事をしつつ家事も分担しないといけない。そうするとちょっとしたことで口喧嘩が始まってしまいがちです。こうした夫婦仲の悪化が、不倫の引き金になっているんです」

 夫婦にとって緊密であればあるほど、ストレスをため込む結果になるということなのだろう。実はコロナ禍と不倫を関係づける、こんな数字もある。

 不倫をしている既婚男女に行ったアンケートで、「コロナ禍の最中に不倫を始めた」と回答した人は13.3%。この数字から、もともと不倫をしていたわけでなく、コロナ感染が蔓延したことによる生活の変化が、不倫を始める一因になったと考えられる。

「人はなぜ不倫をするのですかと、よく質問されるのですが、癒しを求めているからだと思います。不倫に走る人は、配偶者に物足りなさを感じていたり、虐げられていたりなど、常日頃から不満を抱いています。そんな時に不倫相手は優しく癒すように接してくれますから、つい気持ちがなびいてしまうのです」

 皮肉にもコロナ禍が夫婦間の不満を顕在化し、感染リスクを抱えても心の隙間を埋めようとあえて不倫に走ってしまうのだろう。

 また岡田代表は、週2回程度、出勤しなければならないといった生活スタイルの共通点も指摘する。

「世間が外出自粛の中、不倫相手に会うには、外に何かの用事を作ることが必須ですよね。今日は会社に行く日だから、帰りが遅くなるという理由は、家族に違和感なく納得してもらえます。実際、不倫している人のアンケート結果でも、不倫相手に会う口実として一番多かったのが、『会社に行かなくてもよい日に、会社に行くと言う』でした」

 仕事を口実に外出できれば、家族から最も疑われないで済む可能性が高い。ちなみに妻の不倫の場合でも、この言い訳を使うケースが多いという。

 会社へ出勤するという言い訳と似たような共通点に、「配偶者公認の趣味がある」というのも見逃せない。

「出掛ける理由としては、仕事ばかりでなく他の口実もあったほうが、当然ながら家族に疑われる可能性が低くなりますよね。特にアウトドアで楽しめるスポーツや釣りなどは、『趣味だからたまにはいいだろう』と、つい甘くなりがちです」

 確かにアウトドアの趣味で出掛ける時は、長時間にわたって車で外出しても疑われることは少ないだろう。しかも、不倫相手と会う場所については、ホテルや飲食店での逢瀬は減り、不倫相手の家や車の中で行為に及ぶケースが増えてきているという。

 最後の5つ目の共通点は、単純だがなるほどと納得してしまう。それは「自分がコロナに感染しないと思っている」という点だ。

「コロナ禍で不倫する人は全員、自分だけは感染しないと根拠のない自信を持っています」と岡田代表は話す。もしPCR検査で陽性となった場合は感染経路を聞かれるため、思わぬところで不倫がバレる危険性もある。だが、感染のリスクがある中で、不倫相手と濃厚すぎる接触を重ねるのは、自分だけは絶対に感染しないと思い込んでいるからに他ならない。

「もしかしたら夫または妻が不倫しているかもと思っても、こんな時期だからまさかそんなことはないだろうと考えるのは早計です。コロナ感染のリスクがある中だからこそ、不倫にどっぷり漬かって、むしろ平常時より深みにはまってしまいがちです」

 2011年に東日本大震災が発生した後、探偵社には不倫調査の依頼が増加したという。それは災害によって「このままで自分の人生は良いのだろうか?」と見つめ直す人が増えたからではないかと、岡田代表は分析する。

 新型コロナウイルスという世界的なパンデミックの後も、再び不倫が多くなるかもしれない。

●総合探偵社(株)MR/2003年、岡田真弓氏が設立。依頼者の心のケアを大事にしたカウンセリング担当制度のある探偵会社。これまで約26万件の不倫調査を行ってきた。東京本部がある池袋をはじめ、横浜、大阪、名古屋、博多など、全国に13店舗を展開する。

関連記事(外部サイト)