都知事選候補 立花氏は「私の当選ない」、込山氏は元妻に借金

【東京都知事選】立花孝志氏「当選はない」と断言 込山洋氏は借金して供託金を準備

記事まとめ

  • 7月5日投開票の東京都知事選は、史上最多となる22人が名乗りをあげている
  • 立花孝志氏は「ホリエモン新党の認知度を高めコアな支持者を作るのが目的」と語った
  • 「マック赤坂氏が命の恩人」という込山洋氏、供託金は元妻から借りて準備したという

都知事選候補 立花氏は「私の当選ない」、込山氏は元妻に借金

都知事選候補 立花氏は「私の当選ない」、込山氏は元妻に借金

立花氏は昨年の参院選では当選している

 7月5日投開票の東京都知事選は、小池百合子氏の“圧勝再選ムード”でつまらない──そう決めつけていないだろうか。実は、新聞やテレビが「主要5候補」としか報じない裏では、史上最多となる22人が名乗りをあげている。その“あまりに個性的な選挙活動”に、ノンフィクションライターの柳川悠二氏が密着した。(文中敬称略)

◆「私の当選はない」

 ムンムンとする梅雨空の下、スーツにネクタイ姿で、なんとも暑苦しい東京都知事選を展開する候補者がいた。ホリエモン新党公認の立花孝志(52、NHKから国民を守る党党首)だ。池袋駅の東口に巨大選挙カーを横付けし、声を張り上げ続けた。

「(環境大臣時代の2005年に)クールビズを提唱した小池(百合子)さんに対抗するために、私はスーツにネクタイで戦います! 『ウィズコロナ』も私は(小池より早い)4月の段階から提唱していた。小池さんはもう67歳。コロナとウィズしたら重症化してしまいます。引退してもらうしかない」

 令和2年の都知事選には、過去最多となる22人が立候補している。現職の小池に、野党3党の支援を受ける元日弁連会長・宇都宮健児(73)、れいわ新撰組代表の山本太郎(45)、元熊本県副知事の小野泰輔(46)にこの立花を加えた5人が大手メディアが「主要候補」とする候補者だ。

 立花は「(自身の)当選はない」と断言した。

「今回はホリエモン新党の認知度を高めコアな支持者を作るのが目的です」

 国政選挙や大都市の首長選挙の無名候補者は大手メディアから「泡沫候補」と扱われ、活動が紹介されることは限定的だ。立花は「N国」を立ち上げ、昨年の参院選(比例区)で当選した。わずか3か月で辞職したが、扱いは“主要候補”に格上げとなった。

 泡沫候補といえば、コスプレでスマイルダンスを踊る選挙活動のマック赤坂が代表格だ。都知事選に出馬すること、実に4回。だが、マックは2019年に港区議選に当選したため都知事選は“2007年以来の不出馬”となった。

 その後継者として今回の選挙に出馬したのが込山洋(46)だ。師匠と違い、いたって“正統派”の選挙戦を展開、3日目には早くも声が枯れていた。

「世の中を変えるきっかけを作りたいんです。すべての都民を平等に愛することができる人間がトップに立つ器だと思う」

 都知事選の供託金は300万円(有効投票総数の10分の1を得られなければ没収)。それを用意するのが出馬への第一歩だ。

 込山はもともと九州で探偵や飲食店コンサルティングをしていたが、事業が傾き一家離散。妻とは離婚し、単身で上京して渋谷・ハチ公前の喫煙所の掃除をしていたところ、マックから運転手にスカウトされた。マックを「命の恩人」という。

「今回の出馬にあたってマックさんからは『金は出さない。自分でやれ』と言われています。だからスマイル党公認ではなく、推薦に……。供託金は、元妻に150万円を借りて準備しました。『これ以上、巻き込まないで』と言われています」

【都知事選の候補者一覧(届け出順。敬称、肩書き、所属政党は略)】
山本太郎、小池百合子、七海ひろこ、宇都宮健児、桜井誠、込山洋、小野泰輔、竹本秀之、西本誠、関口安弘、押越清悦、服部修、立花孝志、斉藤健一郎、後藤輝樹、沢しおん、市川浩司、石井均、長澤育弘、牛尾和恵、平塚正幸、内藤久遠

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

関連記事(外部サイト)