前川喜平氏×西郷孝彦氏「子供を伸ばすゆとり教育」【前編】

前川喜平氏×西郷孝彦氏「子供を伸ばすゆとり教育」【前編】

前・世田谷区立桜丘中学校校長の西郷孝彦さんと元・文科省事務次官の前川喜平さんが語り合う(撮影/浅野剛)

 コロナ禍による一斉休校が明けて約1か月、子供の学びを取り巻く問題点が次々と浮上した。あなたの大切な子や孫は、いま、充分な教育を受けられているだろうか。それ以前に、笑顔で学校に通えているだろうか。元文科官僚の前川喜平さん(65才)と、“校則のない学校”として知られる世田谷区立桜丘中学の前校長・西郷孝彦さん(66才)が、それぞれの視点から、“学習権”を巡る大問題を詳らかにする。(前編)

 数年前に、西郷孝彦さんが校長を務めていた東京・世田谷区立桜丘中学校での取り組みを知り、いつか訪れたいと考えていた前川喜平さん。残念ながら、西郷さんの現役時代には叶わなかったが、ようやく初対面を果たした。

前川:桜丘中学校は、校則もなければ定期テストもない。服装も髪形も、化粧も自由なんですね。公立中学校でそんなことができるのかと、興味津々でした。

西郷:でも、最初から「校則をなくそう」とか、「定期テストを廃止しよう」という目標を掲げていたわけではないんです。目の前に困っている子がいて、「問題を解決するにはどうしたらいいだろう」と生徒と一緒になって考えていったら、結果として校則がなくなったんです。

前川:元文科省の人間が言うのもなんですが、私は日本中の中学校が、桜丘中学校のようになればいいと思います。なぜなら、桜丘中の子供たちは、がんじがらめに縛られていない分、自分たちで物事を考えていますよね。“自分の頭で考えること”が、人としていちばん大事なことだと思うのですが、残念ながら、いまの世の中はそれとは逆に向かっている。それがコロナ禍で浮き彫りになったと思います。

◆安倍首相の休校要請にはエビデンスがない

──2月27日、安倍晋三首相が全国の公立小・中・高等学校に対して、臨時の休校要請を出しました。専門家の見解ではなく、独断であると明言していました。

前川:実はあの休校要請には、2つの大きな問題があります。1つは、コロナ対策として休校にすることが有効だというエビデンスが全くないことです。日本小児科学会が「小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状」(5月20日)を発表していますが、そこには「学校や保育所におけるクラスターはないか、あるとしても極めて稀と考えられる」「小児では成人と比べて軽症で、死亡例も殆どない」とはっきり書かれています。「学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しい」とさえある。

 闇雲に休校にしたせいで、子供たちに「学校は怖いところだ」という恐怖心を植え付けてしまいました。

 もう1つは、本来、休校の権限は、地方自治体の教育委員会にあったということです。休校を決めるのは、首相でも自治体の首長でもありません。首相の要請には、法的根拠がない。それなのに、いまだに陽性患者が1人も出ていない小笠原諸島の学校までもが、休校になってしまいました。

 西郷先生が退職直前にコロナ休校に突入しましたが、桜丘中学校ではどんな措置をとりましたか?

西郷:世田谷区も横並びで休校と決まってしまいました。ただ、休校期間中も必要のある生徒のために学校は開けていて、毎日、数人が登校していました。もしいまも校長だったら、4月からは自由登校にしたでしょう。

前川:分散登校か一斉登校か、そういう判断ではなく?

西郷:来たい子は来なさい、と。なぜなら、学校は勉強するためだけにあるのではありませんから。家庭にいづらい子だっています。学校に来る自由は、子供たちにあります。

前川:ある意味、前から桜丘中学校は自由登校でしたものね(笑い)。登校しても授業に出ず、廊下で自習していた子もいたわけだから。

西郷:反対に、コロナ休校で「やったー!」となった子もいたはずです。

前川:それは西郷先生ならではの視点ですね。“子供の感じ方は一律じゃない”ということですね。

──国立成育医療研究センターが小中高校生にとったアンケートでは、コロナ禍で「学校に行けないのがいや」と答えた子供が多数いました。休校に関して、西郷さんのもとには、どんな悩みが寄せられましたか?

西郷:実は、元教え子から、たくさん連絡がありました。例えば、とても勉強の得意な、これまで特に問題を抱えていたタイプではない男子生徒の話です。彼は、学校が再開したのに、不登校になってしまった。先日、生徒とその母親を交えてZoomで話し合ったのですが、彼が言うには、振り返ってみると自分はテストでよい成績を取ることが学校に通う目的だったと。ところが休校になった途端、やることがなくなってしまった。友達を見回すと、好きなダンスをしたり、ギターを弾いたり、「物理学者になりたい」と大学レベルの数学を独習している子もいる。自分はどうか。自分から勉強を取り除いたら、何も残らない。「テストでいい点を取るしか、ぼくには取り柄がない」と言うんです。勉強も何もかも、無意味に思えてきちゃったんですね。

前川:どうアドバイスされたんですか?

西郷:「料理でもしてみたら?」と言いました。彼、けっこうグルメなんです。彼の場合、「勉強する私」以外の「客観的に自分を見つめる、もう1人の私」を持てば、気持ちが楽になると思ったんです。「私」がひとつしかないから、それを失ったときに折れてしまったわけですから。

前川:なるほど。

西郷:料理に限らず新しいことを始めてみると、違う自分に気づくことが多いものです。でもね、今回立ち止まれたことは、この子にとってよかったと思います。いままでは忙しすぎて、人生の疑問について考える暇もなかったのでしょうから。学校、塾、宿題に追われてね。それが立ち止まって考えることができた。

前川:これは、大人にも言えることですね。「自分で考える」ということが少なくなっている。だから上から言われたことに疑問を持たずに従ってしまう。きっと彼のように立ち止まって考えるというのは、人生のワクチンなんでしょうね。彼には、これから闘っていく抗体ができた(笑い)。

◆4月でも9月でもなく“学びたいときに入学”を

──今年度の始業開始が遅れたことで、9月入学を訴える声もありました。

前川:実は私がまだ文科省にいたとき、1980年代に臨時教育審議会で提言され、9月入学を検討したことがあります。私個人としては、もし、学校制度を白紙から制度設計するなら、長い夏休みの後に新学年が始まる9月入学の方が、4月入学より優れていると思います。

 しかし、4月入学という制度がすでにあり、それを即、来年9月に移行するとなると、新入学の児童や生徒が一時的に膨れあがります。特に小学1年生は、5か月後ろ倒しにしようとすると、1学年に17か月も差のある子供が入り交じることになる。この時期の子供にとっての月齢の差は、成長度合いがあまりに違います。

 教員や教室の確保の問題があります。検定料や授業料の収入が後ずれする私立学校への財政支援なども必要でしょう。手間もコストも膨大です。

 もし、本気で移行するなら、1年に、半月や1か月ずつ学年を小刻みにずらしていって、5年、10年かけて移行していくしかないでしょう。

西郷:そもそも、なぜ一斉変更が必要なのでしょうか。この常識から疑ってみたい。例えばオランダの初等教育は4才から始まります。5才から12才までが義務教育ですが、4才の誕生日を迎えると、学校に通うことができます。一律に同じ日に始まりません。また4才になってすぐには通わないという選択もできます。つまり学び始める時期も、子供と家庭に委ねられています。

前川:私も、本当はもっと日本の学校制度が柔軟になればいいと考えています。企業も、新卒の一括採用をやめ、年齢制限もなくす。そして通年採用に踏み切ればいい。そうすれば、いろんな問題が一気に解決します。徐々に、そうした企業も増えていますよね。

西郷:大学はどうですか?

前川:これはもっと進んでいて、すでに「秋入学枠」を持つ大学は存在します。4月入学と同時に、この秋入学の枠を多くの大学が設け、枠自体も広げてあげれば、現在の高校3年生を救うことができます。

 法律上、学生をいつ入学させるかは、大学に委ねられています。1年を春学期(4〜9月)、秋学期(10月〜3月)の2つに分けるセメスター制や、1年を4つの学期に区切るクオーター制も徐々にですが広がってきています。クオーター制なら年4回の入学にもできます。

西郷:私が思うに、子供に対して、一律に一定時間、学校に通わなければならないという、この考え方が間違っています。義務教育で、“決まった授業時数を確保しなければならない”というのは、文科省が決めているんですよね?

前川:ええ、標準授業時数というのを学校教育法施行規則で定めています。

西郷:これは、学校がその時数を守らなくちゃいけない、というだけであって、子供に出席義務はないですよね?

前川:おっしゃる通りです。これはあくまで、学校や教員に対する規範です。そもそも「義務教育」とは、“国が子供たちに教育を提供する義務”であり、“親が子供に教育を受けさせる義務”があるということ。“子供に教育を受ける義務がある”わけではありません。

西郷:つまり、中学生が学校に行かずに、ほかのところで過ごしていても、法的には問題がないわけですよね。桜丘中では、生きづらさを抱えた子供たちが、授業に出ずに、廊下で過ごしていますが、「授業に出なくてもいい」とする根拠は、ここにあるんです。

 周囲のペースに無理に合わせようとして苦しむよりは、自分のペースでゆっくり学べばいい。“自分でゆとりを作り出す”と言ったらいいかな。

前川:小中学校の場合は特に、単位制じゃありませんし、たとえ不登校でも卒業は保障されています。「ひとりゆとり教育」、いいですね。

(後編に続く)

【プロフィール】
◆前川喜平/東京大学法学部卒業後、旧文部省入省。2016年文部科学事務次官となる。2017年1月、文科省の天下り斡旋問題で引責辞任。加計学園の獣医学部新設の問題では、「安倍総理のご意向があった」と証言。子供の貧困や虐待を扱った映画『子どもたちをよろしく』を元文科官僚の寺脇研さんとともに企画。現在は夜間中学での指導にも注力する。

◆西郷孝彦/上智大学理工学部を卒業後、都の教員に。2010年に世田谷区立桜丘中学校長に就任し、インクルーシブ教育の導入や校則や定期テスト等の廃止、個性を伸ばす教育を推進。2020年3月に退職。著書に『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』、新書『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(ともに小学館)がある。

※女性セブン2020年7月23日号

関連記事(外部サイト)