学校再開の子供たちがぶつかる「ウィズコロナ」の生きづらさ

学校再開の子供たちがぶつかる「ウィズコロナ」の生きづらさ

これまでと違う学校生活で大きなストレスを感じている子供は多い(写真/イメージ)

「学校再開が決まったときは“久しぶりに友達と会える”と楽しみにしていたんです。それが、帰宅するたび元気のない日が続いて…」

 東京都世田谷区在住で小学6年生の男児を持つ母親のAさんは、新型コロナウイルス感染防止のための休校が明けた次男の様子に戸惑いを隠せない。登校開始から1週間後、次男はついに「学校には行きたくない」と訴えた。

「休み時間に校庭に出られず、席を立ってもダメ。黙ってひとり本を読むしかないそうです。先生の指示通り感染防止策を守ろうと息子なりにがんばったようですが、まじめに言うことを聞けば聞くほど、追い詰められてしまった」(Aさん)

 極めつきは、区が導入した乳白色の卓上のパーテーションだ。この学校では授業中だろうと給食中だろうと、一日中、周囲との視界を遮られ、狭い部屋に閉じ込められているかのような錯覚に陥る。緊張と圧迫の中で一日を過ごしたら、大人でもキツい。

 大阪に住むBさんは、小5の息子が学校生活のストレスで荒れてきたと心配する。

「学校は好きだけど、いまの学校には行きたくないとストレスを感じているようで、妹に当たったり、乱暴な言葉遣いになったり。休校中はそんなこと一切なかったのに、思い切り校庭を走ったり、ふざけ合ったりもできないことに苛立ちが隠せないようです」(Bさん)

『不登校支援センター』東京支部のカウンセラー・羽根千裕さんは言う。

「これまでと違う学校生活で大きなストレスを感じている子供は少なくありません。課題の多さや、給食を無言で食べなければならないなど、子供たちにとっての学校で感じる理不尽さや先生や友人との関係がストレスの主な要因です。そうしたストレスから、最初は学校への行き渋りや宿題の提出がおろそかになったり、さらに腹痛や頭痛、夜眠れない、朝起きられないなどの症状が出てくる子が多いのです」

 この6月に同センターに寄せられた相談件数は約740件。決して少なくない。

「例年、相談が多いのは休暇が明けてから1か月後から1か月半後です。その時期と同じくらいの相談がすでに6月にありました。7月以降、さらに増えるのではないかと予想されます」(羽根さん)

◆受験生にも大きな影響が

 心身への影響は、受験を控える都立高校3年生の女子生徒にも、抗えない焦燥感として降りかかる。

「休校中は模試もないので実力が測れず、自分だけ勉強が遅れているんじゃないかと、受験勉強への不安がありました。学習アプリで友達30人とつながって、競い合うように勉強をしていたら、1日14時間も勉強し続けていた日もあります」

 それでも、登校開始となり、友達に会えるのがうれしいと明るく話してくれたが、その夜、事態は急変した。母親のCさんが言う。

「学校が始まってみると、周りは予想以上に勉強が進んでいると感じたらしく、一方の自分は、勉強してきたはずなのに、身についたという実感がもてない。そう言って、泣き出してしまいました。高校最後の年に、修学旅行も体育祭も、秋の文化祭まで中止になった。楽しみがすべてなくなり、いきなり受験勉強だけに放り込まれてしまったようでつらい」

 加えて、昨年は今年度からセンター試験に代わり導入される大学入学共通テストが二転三転したうえ、コロナによる大幅な改造と、受験生は翻弄され続けている。

「中止になった行事ができるのなら、9月入学もいいなと思っていましたが、いまはただ受験を終わらせたいとしか思えません」(女子生徒)

 京都に住む中学3年生の少年は、部活動の集大成の年に、終わり方を見失った。

「野球を始めて7年、一緒に戦ってきたチームメートと過ごす最後の年に、まさかの大会中止。息子はとても残念そうです。ただ、代替の大会が催されることが決まり、目標ができたことはありがたいですね」(母親のDさん)

 つらいのは、みんな一緒といえばそれまでだが、その一言で片付けるには乱暴ではないか。子供にとっての3か月はあまりに貴重で、はたして休校が必要だったのか、問わずにいられない。第2波では科学的根拠に基づいた対処が求められる。

※女性セブン2020年7月23日号

関連記事(外部サイト)