都知事選大敗の小野泰輔氏、「熊本に帰りたい」の真意

都知事選大敗の小野泰輔氏、「熊本に帰りたい」の真意

都知事選では約60万票を集めた(時事通信フォト)

 九州地方を襲った豪雨は各地に深い爪跡を残し、熊本県では50人以上の死者が確認された。

「ボランティアとして1日も早く(熊本に)帰りたい」

 日本維新の会の推薦を受けて都知事選に立候補した小野泰輔氏(46)は落選後の記者会見でそう語った。都知事選直前の今年6月まで熊本県副知事を務めた小野氏は61万票を獲得したものの、現職の小池百合子氏に大差で敗れた。

 選挙戦終盤に“故郷”の豪雨被害が拡大し、落選会見では今後の拠点を問われ、「熊本です」と答えていた。熊本に戻って政治活動を行なうのかと思いきや、そうでもないようだ。小野氏の選挙事務所で広報担当を務めたスタッフはこう話す。

「先のことは一切未定です。その時の流れに身を任せて、できることをやるというタイプですので、今は熊本の被害のことで頭が一杯で、先の話は考えられないのでしょう」

 そんな小野氏の今後について、政治評論家の有馬晴海氏は、熊本ではなく「国政選挙で東京から立候補」というシナリオが有力と見ている。

「小野氏は元々東京出身で、熊本の蒲島郁夫知事が東大時代のゼミの先生だったことから請われて熊本に出向き副知事になりました。一方で昨年都議から転身して参院議員となった維新の会の柳ヶ瀬裕文氏と小野氏は海城高校時代の同級生。東京で支持を広げたい維新の会からの意向もあり都知事候補となったようです。

 大差で敗れたとはいえ、60万票は参院選なら当選ラインを上回る。短い選挙戦で知名度もない状態で票を集めたことにより、国政選挙で“地元”である東京からの出馬の目途が立ったのではないか」

 とはいえまずは“もうひとつの地元”の熊本復興に尽力してもらいたい。

※週刊ポスト2020年7月24日号

関連記事(外部サイト)