神戸山口組の深刻な亀裂 中核団体の山健組が離脱の情報も

神戸山口組から中核団体の山健組が離脱の可能性 神戸山口組の他団体もやる気を喪失か

記事まとめ

  • 神戸山口組から中核団体の山健組が脱退する動きがあると共同通信などが報じた
  • 神戸山口組・井上邦雄組長は山健組だけ上納金を下げず、確執が生まれたという
  • 山健組以外に神戸山口組で戦闘力を持つ団体はなく、他団体もやる気喪失しているらしい

神戸山口組の深刻な亀裂 中核団体の山健組が離脱の情報も

神戸山口組の深刻な亀裂 中核団体の山健組が離脱の情報も

5月には岡山で、六代目山口組大同会幹部が神戸山口組池田組幹部を襲撃した事件が起きたばかり(写真/共同通信社)

 日本最大の暴力団の分裂劇から5年、「3つの山口組」が並び立つ構図が崩れようとしている。泥沼化する抗争はヤクザ社会、そして一般社会にどんな影響をもたらすのか。暴力団取材のツートップ、溝口敦氏(ノンフィクション作家)と鈴木智彦氏(フリーライター)が語り合った。

秘蔵っ子が反逆

鈴木:六代目山口組から神戸山口組が分裂して5年が経とうとしていますが、神戸山口組の中核団体である山健組が離脱するのではないかと大騒ぎになっている。神戸側から正式な処分が出るまでは確定とは言えませんが、共同通信さえ「神戸山口組で山健組が脱退の動き 中核組織が抜け、分裂か」(7月10日付)と報じている以上、仮に今回は元の鞘に収まっても深刻な亀裂は隠しきれません。

溝口:山健組の中田浩司組長は昨年12月、六代目山口組の中核団体である弘道会傘下組員を襲撃した殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕され、勾留中ですが、その中田組長が弁護士を通じて神戸山口組の井上邦雄組長に対し「上納金が高すぎる。このままではやっていけない。神戸山口組を脱退せざるを得ない」と通達したそうです。このままなら山健組は独立すると。

鈴木:神戸山口組は六代目の上納金が高すぎると出て行ったはずなのに、神戸側でも同じ問題が起きてしまったんですね。

溝口:神戸山口組全体としては上納金の額を下げたんですが、井上組長は自らの出身母体である山健組だけは、自分の組だからいいだろうと下げなかった。井上組長が他団体との交際や関係者の面倒を見る資金が必要だからです。山健組を腹心の中田組長に譲ったのに、お金を含めた実権は譲ろうとしなかったことで、両者の確執が生まれた。

鈴木:中田組長は自らヒットマンとなった容疑で逮捕されましたが、組長が実行犯になるなんて通常はあり得ない。井上組長と末端組員たちとの間に挟まれ、破れかぶれになったのではないでしょうか。

溝口:中田組長は井上組長の秘蔵っ子で、彼に後を継がせるために当時イケイケだった織田絆誠を追いやる形で任侠山口組(現・絆會)ができた経緯がある。その中田組長まで反目してしまうとは。

鈴木:戦国武将でも、一般の会社でも、子飼いにクーデターを起こされるのはよくありますからね。

溝口:しかしながら、山健組の分裂は神戸山口組そのものの分解につながっていくでしょう。山健組は神戸山口組にとって、唯一の戦闘力を持つ組織です。神戸山口組ができるときに、井上組長が他団体に「抗争は山健組がするから」という条件で参加を呼びかけていた。今、他の組織が六代目側から襲撃を受けてもなかなか報復しないのは、そういう事情がある。

鈴木:他団体もやる気を失ってしまっているのでしょう。山健組は山口組の聖地である神戸に本拠を置いていて、六代目山口組の中核団体である弘道会が名古屋なのに対し、神戸山口組を象徴する存在なのは間違いない。

溝口:山健組出身の渡辺芳則・五代目山口組組長は「数は力なり」の信奉者で、山健組から10人以上を直系組長として引き上げ、最盛期には7000人もの組員を擁した。「山健組にあらずんば、山口組にあらず」という時代からすると、隔世の感がある。

鈴木:ただし山健組の中も一枚岩ではなく、離脱派と残留派に分かれることになる。もし分裂しても、恐らくどちらも「山健組」を名乗ることになるでしょう。

溝口:中田組長は一時期、六代目山口組に戻る工作をしていたとされており、そこに不信感を持つ者も多いと聞く。

鈴木:何より勾留中ですから、どれだけ中田組長の指示に従うのか。やっぱり暴力団というのは、組長が事務所で定例会を開いて下の人間に圧をかけ続けないと成り立たない。今のヤクザは親分が子分を食わせるのではなく、子分から親分がカネを吸い上げる理不尽な仕組みで運営されている。山健組も、抗争で事務所の使用を制限されたことが、騒動の遠因にあると思います。

溝口:それはあるでしょうね。ヤクザに「リモート会議」は無理だということ。

【PROFILE】
◆みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ノンフィクション作家。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』など。

◆すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『サカナとヤクザ』『ヤクザときどきピアノ』など。

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

関連記事(外部サイト)