「二・二六事件」85年目の真実 青年将校「父母への手紙」

「二・二六事件」85年目の真実 青年将校「父母への手紙」

「反乱軍」に占拠された山王ホテル(時事通信フォト)

 昭和11(1936)年2月26日に帝都東京で起きた「二・二六事件」――。「反乱軍」を率いた青年将校らはその後死刑判決を受け、同年7月12日、陸軍刑務所内で処刑された。命日にあたる今年7月12日、青年将校らが眠る麻布・賢崇寺では、事件で殺害された犠牲者の冥福を祈り、処刑された青年将校らを悼む85回忌法要が営まれた。

 二・二六事件当時、1500人近い陸軍将兵からなる「反乱軍」は、4日間にわたって赤坂・三宅坂一帯を占拠した。しかし、速やかな原隊復帰を命じる昭和天皇の「奉勅命令」が出され、各部隊ともに帰順するに至る。

 閏日(うるうび)の2月29日土曜日(奇しくも閏年の今年と同じ曜日のめぐり合わせ)、部隊を率いていた青年将校らは、建設中の国会議事堂の前にあった陸相官邸に集められた。そして、自決した野中四郎、河野寿両大尉らを除く全員が渋谷(宇田川町)にあった陸軍刑務所に護送・収容された。その後、将校らに対する処罰は、短期間に国民の目の届かないところで決められた。

 翌3月1日には緊急勅令が出され、3月4日に東京陸軍軍法会議が特設される。しかし、当初から弁護人は付けられず、将校らの発言も制限され、一審制で上告も許されなかった。のちに「暗黒裁判」とも評された審理は非公開で、わずか1か月半で結審となり、事件から約4か月後の7月5日には死刑判決が言い渡された。新聞報道は翌々日で、それから5日後の7月12日日曜日、陸軍刑務所内で刑が執行されたのだった。

 これに先立つ同種のテロ事件――昭和7(1932)年の「血盟団事件」や「五・一五事件」、昭和10年の「相沢事件」では、裁判も公開され、新聞報道もなされていた。たとえば、犬養毅総理大臣を暗殺した五・一五事件の裁判では、首謀した海軍将校らに対して最高で「禁固15年」の判決が言い渡されたが、それは事件から約1年半後のことだった。また、法廷での彼らの陳述はたびたび新聞で報じられたため、多くの国民が、青年将校らには私心がなく、悪政の元凶である政党や財閥、特権階級を打破し困窮する農民や労働者を救おうと意図していたと知ることになり、減刑を嘆願する動きすらあったという。

 そのような“義憤”は、二・二六事件を引き起こした陸軍将校らにも通じるものだった。しかし、1500人近くの兵を動かして帝都の中心部を占拠し、斎藤実内大臣、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監など20人近い死傷者を出した未曾有のクーデター未遂を起こした将校らに対する昭和天皇の怒りと危機感も、過去に例のないものだった。それが、異例の厳しい処罰へとつながっていく。

 判決が言い渡される7月5日を前に、将校の家族のもとに急遽、面会を許可する連絡が入った。犠牲になった渡辺教育総監の評伝『渡辺錠太郎伝』(岩井秀一郎著)によれば、渡辺邸襲撃を指揮した青年将校の一人、安田優(ゆたか)少尉(当時24歳/熊本県天草出身)も、最後に家族との面会が許されたという。

 同書には、安田少尉の弟・善三郎氏の次のような証言が収録されている。

「父は、その年の5月ごろから東京に出て待機していたんですが、ある日、天草の実家に『7月5日に面会さし許す』という電報が届きました。後からわかりましたが、その日に判決が言い渡されることになっていたんです。そこで、今度は天草から東京の父宛にそれを電報で伝えなくてはいけない。村では電報を取り扱う郵便局がなかったので、急いで隣村まで電報を打ちに行きました。そうしたら、その1週間後の7月12日に今度は東京の父から『優、従容(しょうよう)として死す』という電報が天草に届いた。母ももちろん覚悟はしていたようですが、それを目にしてまた泣き崩れました」

父母に仕送りを続けた青年将校

 同書には、安田少尉が事件に至るまでに実家に書き送った手紙が多数紹介されている。それを読むと、「クーデター」を企図し、「反乱軍」の一部を指揮した軍人とは思えない、一人の純粋な青年将校の素顔が見えてくる。

 たとえば、二・二六事件の4か月前にあたる昭和10年10月には、両親あての手紙の中で、陸軍将校向けの生命保険(3000円=現在の価値にしておよそ600万円相当と推測)に加入したことを報告している。しばらくは結婚するつもりもないため、その保険の受取人を当時まだ幼かった妹(三女・久恵)にしたと明かし、続く11月の書簡では、翌月から実家あてに毎月10円ずつ仕送りすると書かれている。

〈拝呈仕り候[中略]/尚 今般参千円の生命保険に加入 受取人は妹久恵に致し置き候間御含み下され度候/是十四五年の間は 結婚する考も無之候えば久恵にて宜しかる可く候/二三年間に戦争等勃発仕り候折は勿論の事にて三十年にて満期とか 最も確実なる偕行社の将校保険に候[中略]/父母上様/(昭和十年十月二十日)〉

〈拝呈 砲工学校入校のために出京 姉の家に落ち付きました/旅費の関係で帰省しませぬ 年末には一寸暇がありますが帰省を見合せて金でも送りましょう/十二月からは一月に十円必ず送りますから今迄は悪しからず[中略]/父母上様/(昭和十年十一月十日)〉

 さらに、事件の一か月半前には、実家を離れた妹(次女・土の)の代わりに女中を雇うようにと父親に提案し、その費用は自分が負担すると明言している。

〈謹呈 益々御清栄の事と存じます 土のが本渡町に行った間 手が足らなくて御困りでしょう/年に五六十円出したら女中がやとえるでしょうから 金は私が出しますからたのんで下さい[中略]/父上様/(昭和十一年一月十一日)〉

 これらの書簡を読んでいると、一家の大黒柱として、まだ幼い弟妹も含めて安田家を支えていこうとする若きエリート将校の姿が浮かび上がってくる。ここからは、未曾有の軍事クーデターに身を投じようとしていた気配など微塵も感じられない。それでも、安田少尉は引き返せない道へ踏みだした。

 7月12日朝の処刑5分前の記録に、次のような言葉が残されている。

〈我を愛せむより国を愛するの至誠に殉ず〉

 このエピソードを紹介した『渡辺錠太郎伝』の著者・岩井氏は、こう解説する。

「安田少尉が処刑前日に書き残した遺書には、家計が苦しいにもかかわらず故郷を離れて勉学を修めることを許してくれた両親への感謝と謝罪の思いが綴られています。それでも、『国家の更生』のために蹶起せざるを得なかった。そこには、二・二六事件を首謀した青年将校の多くが抱いていた、疲弊する地方の農村や窮乏する庶民を救いたいという思いがあったことがわかります。

 財閥・政治家が私利私欲を満たし、元老や軍閥、政党、役人が権力を恣(ほしいまま)にしている。理不尽な日本を天皇陛下の親政の下で『更生』させなくてはならない――そんな正義感が彼らを突き動かしていたのだと思います」

 かたや五・一五事件を引き起こした海軍将校は、その義憤を法廷の場で訴えることができ国民からも同情を受けたが、二・二六事件の陸軍将校らに弁明の機会が与えられることはなかった。もちろん、彼らが多くの要人・警察官を殺傷した罪は重い。それでも、責任をとるべき軍首脳が無罪とされた一方で、“実行犯”の彼らだけを急いで処罰したという印象は否めず、それ以前のテロ事件と比べても公正な裁判が行なわれなかったことは明らかだろう。その意味でも、やはり二・二六事件は日本の大きな転換点だったといえる。

 安田優少尉の生命保険証券は、今も弟・善三郎氏の手元にある。刑死だったためか、その保険金が支払われることはなかった。

●参考資料/高橋正衛『二・二六事件 「昭和維新」の思想と行動』(中公新書)、岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)

関連記事(外部サイト)