「何でも買えるダークウェブ」は幻想 詐欺の温床化が進む

「何でも買えるダークウェブ」は幻想 詐欺の温床化が進む

3Dプリンターで製造された銃の使用も疑われた(時事通信フォト)

 想定していないトラブルが起きたとき、ひとつの物事や人物に原因を求められがちだ。だが、実際に起きている出来事は、もっと複雑なものであり、何かひとつに原因を求めるのは気休めにしかならない。ライターの森鷹久氏が、一見するだけでは不可解な事件が起きると「ダークウェブ」に端緒を見出したがる傾向についてレポートする。

 * * *
 今年6月、東京・八王子で男子高校生が自殺した事件。発生直後、事件記者たちに衝撃が走ったのは、男子高校生が拳銃を使って自殺した、という情報が駆け巡ったからであった。全国紙警視庁担当記者が当時のことを振り返る。

「高校生が一般的な銃を持っているとは考えられず、最初は『3Dプリンター』を用いたり、水道管を使った手作り銃ではないか、との憶測も広がりました。その後、どうやら銃が本物らしい、ということになり、そうなればネットを使って高校生が購入したのではないかと、警察は実際に高校生の携帯電話などの解析を行いました」(全国紙警視庁担当記者)

 間も無く、銃がアメリカ製の本物で、実弾50発も見つかったことで空気は一変。彼が高校を休みがちだったことから、銃がいわゆる「ダークウェブ」など、パソコンやインターネットに詳しい人間しか知らない世界で秘密裏に購入されたものではないか? との憶測が、当局や記者の間に急速に拡がったのである。

 先に言っておくと、銃は元外務省のノンキャリア職員で、海外駐在歴もあった高校生の父親(故人)が日本国内に持ち込んだもの、という見方が今では強い。当局の捜査でも、高校生がダークウェブなどにアクセスした形跡は確認されていないという。それにしても、銃器犯罪について豊富なデータベースを持つ警察担当記者たちが、一時的とはいえ「ダークウェブ」由来の銃だという説にいっせいに傾いたのは、知識不足によるものではなかったか。

 何かわからないことがあると、なんでも「ネットのせい」にするマスコミや世論に違和感を抱いて、もう20年以上が経つ。ネットが普及していなかった当時と比較すると、その向きはいくらか薄まってはいるものの、今度は特殊なブラウザなどを用いてしか閲覧のできない「ダークウェブ」という存在にいっせいにすがっているように見える。考えられない事件や新しい形の問題が起きた時に、特定の存在に責任を押し付け、安易に端緒を見出そうとする姿勢は変わらないではないか。

 ダークウェブ上では、基本的に匿名で活動する人間の方が圧倒的に多く、物品の売買を行う際にもビットコインなどの仮想通貨が使われるために、どこの誰が何を取り扱っているか、一見するとわからない。実際に、ダークウェブの掲示板を覗くと違法薬物の販売を仄めかしたり、児童ポルノ映像のやりとりをしないか、といった書き込みも目立つ。英文ではあるものの確かに「GUN(銃)」などと書かれた販売ページも確認できた。ではここでなんでも買えるのかというと、実はそうではないらしい。

「ダークウェブでは匿名でなんでも買える、みたいなマスコミの報道が目立ちますが、今では薬物ですらまともに入手するのは厳しいです」

 こう話すのは、危険ドラッグ取材を通じて10年ほど前に知り合った元売人・M(30代)。本人は薬物の使用、売買からすでに足を洗っているが、薬物情報には今も強い。M曰く、薬物をはじめとした違法物品の売買は、結局のところ対面や、人づて、顔見知り経由でないと安心はできないという。

「顔が見えないから、素性がバレないから安心、というのはバカな考え方です。相手は違法な薬物、銃などを売っているんですよ? そんな無法者が、匿名の関係性を使って何をしようと考えるか、冷静になれば誰でもわかります。金だけ受け取ってブツを送らない、偽物のブツを送るなどのインチキですよ。騙された被害者も、後ろめたいところがあるから絶対に警察にはタレこまない。現在のダークウェブはこんなのばかり。銃が簡単に買えるなんて……警察やマスコミはダークウェブを見たこともないんでしょう」(M氏)

 実際に、ダークウェブ上で個人情報やクレジットカード情報が取引され、それが実被害につながったと見られる事例もある。ただし、その場合はダークウェブ上での取引というより、クレジットカード情報が簡単にスキミングなどで盗まれているリアルな犯罪を未然に防げなかったという面に注目すべきだ。ところが、なぜかそこについては言及されない。

 もちろん、違法なアダルト製品、児童ポルノ製品、著作権を無視した映像、音楽などの海賊版製品のやりとりが、ダークウェブ上で頻繁に行われている実態はある。

「ダークウェブといっても、警察や諜報機関が本気になって調べたら足はつく。それは、システムの問題ではなく、匿名ユーザーが不注意から、なんらかの痕跡をダークウェブにアクセスする過程で残してしまうからです。ダークウェブを安易に使う人たちの中から、実際に薬物売買をしてあっさり捕まる人も出ています」(M氏)

 そもそも「ダークウェブ」にアクセスできる技術は、決して犯罪目的に作られたものではない。アメリカ政府が主導し、国防などセキュリティ強化の目的で開発されたものである。匿名化することで秘密の情報を安全に発信・受信するための仕組みだ。日本国内では特殊詐欺など犯罪の連絡手段、海外ではテロ組織の通信手段として悪名高いメッセンジャーアプリ「テレグラム」も、そもそもは国家による検閲を逃れ言論の自由を守るためにメッセージを自動的にサーバからも完全に削除する仕組みが生まれた。どんな気高い目的のために作られた技術も、利用者によって悪事の小道具にされてしまう。

 そもそも「インターネット」そのものも、元は学術振興目的であったことは広く知られている。だが、その都度、悪事の原因のように言われてきた。思い返せば、インターネット掲示板「2ちゃんねる」も、少年によるバスジャック事件で脚光を浴び、まるで犯罪の温床かのように報道されたが、その掲示板が出どころとなり小説やドラマが生まれ、今では「まとめサイト」なる一種のメディアが、良くも悪くも社会に影響を及ぼしている。

 ツイッターやTikTokなどのSNSは、若いユーザーが多いからか、若気の至りとしか思えない写真や映像の投稿が相次いだことで「バカ発見器」と揶揄され、テレビメディアがニュースのタネにと飛びついた。しかし、こうしたSNSを経て得られる情報は無益なものばかりでは決してなく、SNSというプラットフォームを生かして巨万の富を得たり、新ビジネスを起こし仕事を見つけたり、芸能人になったり……という例は枚挙にいとまがない。

 今日では、我々の生活にはなくてはならない「インフラ」も、かつてはダメなものとされ、見ることも恥ずべきとされてきた。今現在「ダークウェブ」と呼ばれている場所は、人間がそうした使い方をするから「ダーク(暗黒)」なのであって、価値観を変えるような使用法が見つかれば、数年後には全く別の呼称、印象に変わっているかもしれない。

関連記事(外部サイト)