「もう休業要請に従う気はない」パチンコ店幹部が断言する訳

「もう休業要請に従う気はない」パチンコ店幹部が断言する訳

全国で9割以上のパチンコホールが休業した(AFP=時事)

 去年までの予定なら、東京五輪は7月24日に開会式を迎えるはずで、そのために祝日も制定された。新型コロナウイルスの世界的流行によって東京五輪そのものが延期となり開会式は開かれないが、祝日はそのまま施行され7月に新しい大型連休が誕生した。その連休に合わせたかのようにGoToトラベルキャンペーンが始まったが、新規感染者数が増加しているため、改めて営業自粛要請をするべきではないかとの声も上がっている。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、緊急事態宣言を受けて5月までは営業を自粛していた47歳のパチンコ店幹部に、これからの営業について聞いた。

 * * *
「もし休業再要請が出ても、従う気ありませんね」

 関東近郊、地場のパチンコ店幹部である西口真二さん(仮名・47歳)はようやく活気を取り戻した柏の駅ビルの地下、通称「マル地下」のゲーセン街を見やりながら、私の質問を遮るように言い切った。質問は緊急事態の再宣言について。連日の雨、行きつけのそば屋でしばし話を聞く。

「あくまで個人的意見ですけど、休業再要請には従いません。私だけの本音じゃないでしょう」

 西口さんは私の高校時代の旧友である(高校は別)。当時はパソコンゲームマニアで、この千葉県柏にある地下のゲーセン街でたむろっていた。もう30年前の話。「イースは文学」が口癖だった彼も私も年をとった。『サーク』、『ダイナソア』、『ラストハルマゲドン』―― いまは”レトロ”の前置きがつくのか。イケてなかった私たち団塊ジュニアのオタクにとって、もはや記憶の彼方のゲームシーンだ。

「だってそうでしょう、私たちはゴールデンウィークの段階で99%が要請に従いました。99%ですよ、日本中で1万店のホールの99%、こんな業界ありますかね、それくらい私たちは休業要請を守ったんです」

 西口さんの言う数字はおおよそのものだろう。私の手元にある実際の数字では2020年4月の段階でホール数は1万店を割っている。また休業要請に従ったのは全国で98.7%となっているが、会話上ありがちな誤差の範囲であり言葉の本質は変わらない。パチンコ業界が一丸となって国や自治体の要請に従ったことは事実である。日本の自動車産業主要10社国内単体の雇用数をも上回る、22万人のパチンコ産業に従事する労働者とともに。

「みんな、その間のことはもう知らんぷりですかね。パチンコ業界がコロナを撒き散らす、パチンカスは不謹慎だと叩いたこと。確かにごくわずかに営業を強行したホールもありましたよ、でもあんなの例外中の例外、私も含めて国や自治体の要請に従ったんです。身銭切って休んでたのにね」

 自粛期間中のパチンコ店がそれ以外の外食や小売と違うのは、店を開けていればそれなりに稼げたことだろう。客が来なければ休業するしかないし、実際それで臨時休業を決め込んだ飲食もあったが、パチンコ店は開けていれば儲かった、それでもパチンコ業界は国や自治体の命令に従って自主休業したことになる。それなのに、まるでコロナの元凶のように日本中から叩かれてしまった。

「普段のおこないが悪いから、イメージが悪いからとか散々でしたね。いまその役目は夜の街ですかね。ホストクラブもあれだけクラスターが出れば対策は必要でしょうね。でもパチンコ店からクラスターは発生していない」

 そう、クラスターは発生しなかった。いまに至るまで、日本中から袋叩きに遭って当然といった行為をパチンコ産業はしていない。そもそも劇場であれ、居酒屋であれ、夜の街であれ、コロナが発生したからと十把一絡に叩いていいわけでもあるまい。

「あそこがそうだからどうとか言いたくありませんけど、百貨店とか発生しても叩かれない。世間のお気持ち次第ですね」

 苦笑する西口さんだが、かなり腹に据えかねていることが私にはわかる。西口さん、いや西口はあのころもそうだったがすぐに言葉を荒らげる。普段は物静かで冷静なだけに瞭然だ。ブレスレット状にコマを余らせた雲上時計をじゃらりと回す。

「でもね、それは個人的に構わないと思ってます。私たちは来てくれるお客さんだけを相手にしていればいいんですから。以前ほどの客入りじゃありませんが解除後の売り上げはまずまず、すぐ店がどうなるものでもない。むしろ新台のほうが頭痛い」

私たちはもう日常を取り戻した

 西口さんによればコロナの影響も一段落して、ようやく予定していた新しいパチンコ、パチスロ台が揃い始めたという。私はパチンコを打たないのでよくわからないが、「遊タイム」なる新機能が搭載されているパチンコ台が期待されているそうだ。現状は機種もわずか、『PモモキュンソードMC』など西口さん個人としては好きだが正直なところ「ノーコメント」とのこと。

「これから導入するエウレカとかアクエリオンの新台も遊タイムを搭載してますよ、その辺のアニパチ(アニメ原作のパチンコ台)だと日野さんもわかるのでは」

 パチンコ・パチスロとアニメ産業はもはや切っても切り離せない関係だ。あとで調べると8月予定の『P交響詩篇エウレカセブン HIーEVOLUTION ZERO』と『Pフィーバーアクエリオン ALL STARS LIGHTver.』のことらしい。なるほどエウレカやアクエリオンなら私もよくわかる。モモキュンもかろうじて分かる。西口さんもアニメやゲームの洗礼を受けた団塊ジュニアのオタクなのでアニパチやアニスロは大好きだが、実際の営業となると西口さんの期待は9月に予定されている海物語(『Pスーパー海物語 IN JAPAN 2 金富士』)の新台だそうだ。こちらには遊タイムは搭載されていないが田舎のファンは台に保守的、とくに高齢のファンは「とりあえず海物語」らしい。コロナの影響で遅れに遅れていたが、なるべく早く導入したいという。ちなみに導入台の時期に関してはホールにより異なる上にコロナの影響がいまだに強い。あくまで予定であり、取材時点の話かつ個人の感想とさせていただくことをご容赦願いたい。

「詳しいことは打たない日野さんが困っちゃうからもう端折るけど、とにかく私たちはもう日常を取り戻した、ということはわかっていただけると思います。もちろんコロナ対策も徹底してますよ、医療機関や官公庁を除けば、コロナ対策にもっともお金も人も使っているのはパチンコ業界だと自負しています。実際その辺りの評価はいただいていて、いつも悪者の私たちも嬉しいですね」

 そう、日常だ。5月25日の緊急事態宣言解除後、私たちは憲法で保証された自由な経済活動、日常へと戻っていった。リモートワークやソーシャルディスタンスなどコロナ前とは違う就業形態を余儀なくされている人はいるだろうが、それでも社会福祉の範疇の方々を除けば、日々の糧を得るために働くしかないのが私たちだ。コロナの恐怖と失業の恐怖なら大部分は後者を恐れるだろう。日本政府もコロナより経済を取った。だからこその緊急事態宣言解除であり、GoToトラベルキャンペーンである。目立ちたがり屋の知事さんが何を言おうと、私たちは限界なのだ。8月からは新たにGoToイートキャンペーンが始まる。休めだ動けだ、いったいどうすればよいのやら。

「そのとおりです。パチンコ以上に小売とか、外食とか、どこも限界じゃないですか、再自粛要請どころか緊急事態宣言が再発令なんてされたら、コロナで死ぬより金詰まりで死ぬんじゃないですか」

 西口さんと私の考えは基本的に同じだ。いや、大多数の職業人はそうだろう。1000人余りの尊い人命が奪われたが、餅などを喉につまらせて死ぬ人が1月だけで1300人、インフルエンザに至っては年間3000人を超える(2018年)。未知のウイルスとそんなものを一緒にするな、不謹慎だと言われてしまうだろうが、事実である。餅はともかくインフルエンザで国家経済をストップしたりはしないだろう。ワクチンの完成を待っていたら倒産とか失業なんて笑えない。

「それにね、前回はみんな自粛に従いましたが、今回も協力するかと言ったらどうでしょう。誰も従わないんじゃないですか? お上品な百貨店も無視してるくらいですから」

 新宿伊勢丹、東武池袋などは感染者が出ても逐次対応で営業している。そごう川口店だけは全館休業、個々の自由だが何をしても今後も感染者は出るだろうに、余裕あるなと思う。

「国が重篤患者も少ないし死者はもっと少ないから問題ないと言ってるわけでしょう? 野党が緊急事態宣言を出したがってるそうだけど、野党の金で保証してもらわなきゃね」

 西口さんの言っているのは7月12日に立憲民主党の枝野幸男代表が「少なくとも東京を中心に緊急事態宣言を出すべき客観的な状況だ」と言ったことだろう。政府は「考えていない」と一蹴したが、確かにこれで再宣言なら立憲民主党の政党助成金と枝野さんのポケットマネーで営業保証してもらうのも一興か。

「誰もどうにもならないんだから、コロナ前提で仕事するしかないでしょう」

「とにかく休業再要請には従いませんよ。

 もう仕方のない話、飲食だろうが劇場だろうが家庭だろうがコロナは発生場所を選ばない。そもそも満員電車は本当にコロナを運んでいないのか、医療関係者だって夜の街の人だって電車は使うのだ。「ウィズコロナ」は政府が推し進めるソサイエティ5.0を実現する試金石だ。リモートワーク・テレワークなどはまさにコロナ後の新しい働き方であり、教育機関ではタブレットが一気に普及した。むしろコロナを契機に仕事改革を進め、国際競争に立ち遅れないようにするしかないだろう。だとすれば、休業最要請などコロナどうこう以前の足かせでしかない。国力とコロナの天秤で、多くの国は国力を選んでいるのが現状だ。

「自粛はしろ、でも働け、そんな矛盾した状態で再自粛しろ再休業しろなんて誰も言うこと聞きませんよ。もちろん個人的意見ですけどね、うちは違うけど、都遊協なんて大変だったそうじゃない」

 都遊協とは東京都遊技業協同組合のこと。小池東京都知事は政府の緊急事態宣言解除と別にロードマップを作成し、パチンコ店を一番厳しい「ステップ3」とした。もう東京アラートもステップ云々も忘れられているような気がするが、ついこの前の話である。都遊協は根拠もなしに休業要請の緩和がもっとも遅い「ステップ3」とされたこと、都の協力要請は全うできないとして組合員のホール各社それぞれの経営判断に委ね、総退陣した(その後6月12日の東京アラート解除に伴い理事長再任)。

「小池さんは都知事選あったから支持率狙いでパチンコ屋いじめに走った。パチンコだけじゃない、自分の選挙のために生贄を次々用意する。そんな彼女に350万票なんて笑っちゃいます。まあ、森田の千葉が言えた話じゃありませんけど」

 この柏市は千葉県で森田健作知事。同レベルの知事だと苦笑する西口さんだが目は笑っていない。

「私たちなんかまだいいですよ、なんだかんだで20兆円産業です。ゲーセンなんか可哀想ですよ。ゲーセンって全然儲からない。なのにステップ3でしょう、また店が減ったんじゃないかな」

 最近はアミューズメント施設などという呼び方もするゲームセンター、いわゆるゲーセンはコロナ関係なく最盛期の5分の1に減っている。もちろんこれは家庭用ゲーム機やネットゲーム、ソーシャルゲームなどの普及にも因るが、このコロナ禍、まして東京アラートでさらなる被害を受けたと言っていいだろう。この柏の「マル地下」ゲーセン街のとある店舗もクラウドファウンディングで生き延びた。なにが凄いって、このマル地下は私と西口さんがたむろっていた時代から続く店がいまも営業しているのだ。私が18歳のころバイトしたハイテクセガ柏も残っている。そして西口さんも大学卒業後、マル地下ではないがゲーセンに勤めた経験がある。その後、私はパソコンゲーム誌のスタッフ、西口さんはパチンコホールと「不要不急」のエンタメ(アミューズメント)業界に身を投じた。

 いまやエンタメは瀕死の状態、不要不急の職業に従事する者など疫禍のうっぷん晴らしのための生贄候補だ。それを都知事も府知事もよくわかっている。この奇妙な分断はコロナ発生以来、延々と続いている。曖昧で強力な政治は国民の分断と思考停止に最適だ。

「とにかく休業再要請には従いませんよ。それは私たちパチンコ業界だけじゃない、今回は民間企業すべての総意でしょう」

 あくまで西口さんの意見であり、総意かどうかはわからないが、私もうなずかざるを得ない部分はある。みなコロナで死ぬより経済で死ぬほうが怖いのだ。

 ただ西口さんの従わないという強い決意は営業面だけの問題ではないように思う。曖昧なままにコロナ禍の主犯のようにあげつらわれ、生贄となったあの緊急事態宣言下、クラスターも発生させることなく耐えたパチンコ業界、みなそんなことなど無かったかのようにパチ屋を無視して、ホストクラブだ、小劇場だ、ニューハーフショーパブだと面白おかしい魔女狩りにご執心だ。アルベール・カミュの『ペスト』の民衆さながら日本国民は不機嫌で、新たなバッシングの矛先を喜々として探している。まさか日本人が日本人を差別するディストピア、「たかがパチンコ」に始まったコロナ差別の対象が、いまや都民1300万人に対する差別に至るとは思わなかったが ――― 。

 西口さんの言う通り、この体たらくでは誰も休業再要請など従わないだろう。私たちはコロナと生きる覚悟をするしかないのだ。政府、野党、知事 ――― 彼らの覚悟の揺らぎこそ、あいまいな発表と国民に対する投げっぱなしの姿勢が、無用の差別と人心の分断を生んでいる。

●日野百草/ひの・ひゃくそう。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ正会員。ゲーム誌やアニメ誌のライター、編集人を経てフリーランス。2018年9月、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。2019年7月『ドキュメント しくじり世代』(第三書館)でノンフィクション作家としてデビュー。12月『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)を上梓。

関連記事(外部サイト)