最後の夏を迎えるとしまえん 残される西武豊島線の今後は?

最後の夏を迎えるとしまえん 残される西武豊島線の今後は?

練馬駅─豊島園駅は約1キロメートルの単線区間ながら、高頻度で電車が走っている

 部分開園から94年、約1世紀の歴史を積み重ねた東京23区の北西部、練馬区にある「としまえん」は2020年8月31日で閉園する。大きな施設が閉鎖になると、人の流れが変わるために公共交通機関の運行状況が変わることがある。最寄りの豊島園駅には、わずか1.0キロの路線「西武豊島線」が走っている。としまえん閉園で西武豊島線の今後はどうなるのか、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 今年6月、としまえんが閉園を発表した。東京・練馬区にあるとしまえんは、1926年に開園。都心から近いレジャースポットとして、長らく東京都民や埼玉県民に親しまれてきた。

 今般、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートや大阪府大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど大型テーマパークが人気を博し、従来の遊園地は苦戦が続いていた。

 100年近い歴史を有する老舗遊園地も例外ではなく、そうした遊園地がまたひとつ消える。ネットをはじめとして、としまえんの閉園を惜しむ声はあちこちから聞こえてくる。

 としまえんは、2011年の東日本大震災を機に閉園が検討された。そして、東京都が計画を進める防災公園として園地の一部を再整備する方針が固まる。買収交渉は難航したが、このほど協議がまとまる。それが正式な閉園発表につながった。一部は防災公園に、残りは完全に決まったわけではないが、ハリー・ポッターのテーマパークになると報道されている。

 現在、としまえんは西武鉄道のグループ企業になっているが、開園当初の豊島園は実業家の藤田好三郎が個人で所有していた。もともと練馬城址で、そこを藤田が庭園として再整備した。再整備された広大な一画は、藤田の意向により豊島園として一般公開される。

 風光明媚な遊園地はたちまち評判になる。また、運動場・音楽堂・園芸施設・船型の乗り物で斜面を駆け下りて池に飛び込むウォーターシュートなどがあり、物珍しさも話題を呼ぶには十分だった。こうして、近隣から多くの行楽客を集める。

 1927年、武蔵野鉄道(現・西武鉄道)が支線・豊島線を開業させたことが豊島園にとって大きなターニングポイントになった。練馬駅から一駅だけ分岐した豊島園駅は、豊島園の目の前に開設された。わずか1キロメートルの支線だが、同路線が開設されたことによって遊園地までのアクセスは飛躍的に向上。豊島園の来園者も、武蔵野鉄道の利用者も急増した。

 豊島園の来園者によって、武蔵野鉄道の利用者は増加。それでも、武蔵野鉄道の経営は安定しなかった。

 他方、藤田が開園させた豊島園は武蔵野鉄道との資本関係がない独立経営の遊園地だったために相乗効果を発揮できなかった。それが豊島園と武蔵野鉄道の経営を逼迫させた。

 武蔵野鉄道を救済するべく、堤康次郎が率いる箱根土地(現・プリンスホテル)が手を挙げる。こうして箱根土地が武蔵野鉄道の経営再建を手がけていくことになるが、箱根土地は集客力のある豊島園も傘下に収めて相乗効果を図った。

 こうした歴史的な流れもあり、としまえんと西武は切っても切り離せない関係になった。両者の深い関係は、西武池袋線のターミナルとなっている池袋駅からは豊島線に直通する電車が走っていることからも窺える。

 池袋駅からの直通電車に乗れば、池袋線と豊島線が分岐する練馬駅で乗り換える手間がいらない。そうした便宜を図るほど、としまえんは西武にとって大きな存在でもある。

 それだけに、としまえんの閉園は西武に大きな打撃を与えることが予想される。しかし、

「としまえんの閉園は残念ですが、閉園しても、すぐに豊島線の利用者が減少するとは考えていません。そのため、閉園後も豊島線を廃止することはありません。また、豊島園駅という駅名を変更する予定もありません」と断言するのは、西武鉄道広報部の担当者だ。

 西武にとって、としまえんが集客力の大きい遊園地であることは間違いない。それがなくなるのは豊島線にとって痛手だろう。

 しかし、としまえんの隣には、西武グループが経営する温浴施設「豊島園 庭の湯」が2003年にオープンした。また、西武系列ではないものの、駅前にはシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ としまえん」もある。

 豊島園駅という駅名もあって、としまえんばかりがクローズアップされるが、こうした諸施設に足を運ぶ客も豊島園駅を利用している。としまえんの来園者ばかりが豊島園駅を使っているわけではないのだ。

 こうしたレジャースポットが点在していることに加え、豊島園駅の周辺はここ数十年で宅地化が進んだ。宅地化により沿線人口は増え、そこに居住する住民たちが豊島線を通勤・通学路線として利用している。動線としては、池袋駅方面の利用者が多い。そうした背景もあり、

「としまえん閉園後も豊島園駅?池袋駅間を走る直通電車をなくすことは検討していません。また、運転本数を減らすなどの話も出ていません。仮に運転本数を減らすにしても、ダイヤ改正のタイミングになると思いますが、今のところダイヤ改正の予定はありません」(同)

今年、としまえんは最後の夏を迎える。コロナ禍でいったん営業を休止したものの、現在は営業再開した。夏休みはかきいれ時ではあるものの、「密を避けるために入園者は通常時の半分ぐらいまでに制限しています」(豊島園広報部)という。

 回転木馬のカルーセルエルドラドやジェットコースターのサイクロン、アドベンチャーゾーンのアフリカ館など、としまえんにはたくさん思い出が詰まっていることだろう。それだけに、別れを惜しむファンが最後に押し寄せることも想定される。コロナ禍において、それを阻む入園制限は仕方のない措置ではある。

 としまえんの閉園で周辺からにぎわいが薄れてしまうことは避けられないが、住民の足・来園者の足として利用されてきた豊島線は、これからも変わらずに走り続ける。

関連記事(外部サイト)