次なるコロナ震源地、危険なのは大阪、福岡、愛知、沖縄

次なるコロナ震源地、危険なのは大阪、福岡、愛知、沖縄

吉村洋文大阪府知事は、重症者を受け入れる「大阪コロナ重症センター」の設立を表明(時事通信フォト)

「東京にエピセンターが発生しており、いま全力で止めないとニューヨークのような事態になる」

 7月16日に国会でそう発言し、その場をどよめかせたのは、東京大学先端科学技術研究センター名誉教授の児玉龍彦さんだ。

 エピセンターとは「震源地」のこと。国会で児玉さんは、新型コロナウイルスの変異が早く、国内では「東京型・埼玉型」などの型が発生している可能性を指摘し、感染拡大に警鐘を鳴らした。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはこう話す。

「東京型・埼玉型は、欧米で猛威を振るって多くの死者を出したウイルスの変異型と考えられます。現時点の国内では、この型は感染しやすいが、重症化しにくいといわれていますが、変異によって凶暴化する可能性がある。エピセンターにはこれまで以上の全国的な警戒が必要です」

 現在、東京や首都圏だけでなく、北から南まで全国各地で感染拡大が続く。7月下旬には、札幌・すすきので9人が感染し、合計38人。鹿児島県最南端にある人口5000人の与論島でクラスターが発生し、30人以上が感染した。

 国会における発言でにわかに注目のエピセンターについて、血液内科医の中村幸嗣さんが指摘する。

「都市部のなかでも人口が多く、特に密度が高い繁華街がある場所は、どこも次のエピセンターになり得ます」

 具体的にはどこが危ないのか。一石さんが「次のエピセンター」を指摘する。

「危惧するのは、緊急事態宣言解除後に感染者の最高記録が出て、周辺にも感染者を増やしている大阪と福岡です。ウイルスは人を介することによって強毒化する可能性がある。特に大阪の感染者の増加は顕著で、変異型である『大阪型』が出るかもしれず、新エピセンターとして心配です。

 また最近になって感染者が急増している名古屋市を含む愛知県もエピセンターになり得ます。大阪、福岡、愛知とも人口密度が高いので、さらなる感染拡大が懸念されます」

 児玉さんも7月21日のフォーラムで「大阪のミナミ」「福岡の中州」で感染が広がっていると指摘していた。一石さんは、28日に1日あたりの感染者数が21人確認され、過去最多を更新した沖縄にも注意を促す。

「『Go To トラベル』により観光客が増えはじめ、感染者が流入しやすい土地です。しかも、空港の検疫で逃げ出す人もいて、感染拡大が懸念されます。米軍基地でクラスターが発生したことも不安材料です」

 今後は地区ごとの対策も求められる。

「都市全体がエピセンターになるというより、大学など学校が多い地区、夜の街がある地区など、保健所単位で感染者の増減を見て危険度を判断する必要があります。たとえば東京は新宿区が圧倒的に多いですが、品川区はそうでもありません」(中村さん)

 震源地対策には、きめ細かな分析が必要なようだ。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)