岩手県で初のコロナ感染者、「ようやく出た」が県民の本音?

岩手県で初のコロナ感染者、「ようやく出た」が県民の本音?

初の新型コロナウイルス感染者確認を発表する達増拓也岩手県知事(写真/時事通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、初の新型コロナウイルス感染者が出た岩手県ついて。

 * * *
「ついに出たか」。7月29日夜、「岩手県で初の感染者確認」というニュース速報を見てそう思った人は多かったのではないだろうか。だが、もし自分が岩手県民だったら「ようやく出たか」が本音かもしれない。自分が感染者第1号にならなかったことに、利己的だが安堵感にも似た感情が胸に湧いたのではないだろうか。

 国内で唯一「感染者ゼロ」を3か月以上維持してきた岩手県だが、ついに初のコロナ感染者が出てしまった。達増拓也岩手県知事と谷藤裕明盛岡市長は、その日のうちに2人並んで会見を開いた。初の感染者となったのは盛岡市の40代男性。22日から26日まで自家用車で関東のキャンプ場に友人3人と滞在した後、このうちの1人の感染が28日に判明し、自身もPCR検査したところ陽性と確認された。軽い咳と喉の違和感があるだけで軽症だという。早速入院の手続きが進められたようだ。

 岩手県はこれまで感染者を出さずによく頑張ってきた。だが、感染者ゼロの日が長くなるほど、県民なら「最初の1人には絶対になりたくない」という気持ちも強まっていく。自分だったら少し咳が出たり微熱があったとしても、「もしかして?」という不安を頭から追いやり、よほど体調が悪くならない限り検査には行くのはためらってしまうだろう。
 
 実際、県内では、人々の心理的プレッシャーが大きくなっていたようだ。ある都内在住の男性は、岩手県へ帰省の相談をしたところ、「もし岩手感染者第1号になったら、ニュースだけでは済まない」という父親とのLINEのやり取りをTwitterに投稿し、話題になった。こう返信した父親の気持ちもよく分かる。

 そうした人々の心理を懸念して、達増知事は5月に「感染者第1号になっても県はその人を責めません」と発信していた。だが、県内では「県外ナンバーの車お断り」という張り紙をした飲食店があったり、ある病院では県外からの妊婦さんの受け入れが問題になったりしており、コロナによる「村八分」状態が生まれ、独特の緊張感が漂っていた。今回初の感染者が判明したことで、SNSや掲示板などでは、早速一部ユーザによる誹謗中傷も見られた。

 そんな中で、7月22日に始まった「Go To トラベルキャンペーン」。岩手ではないが、私自身、帰省したいと実家に相談したら、妹に「近所のウィークリーマンションで1週間隔離した後なら帰ってきていいよ」と言われて唖然とした。東京や大阪など人の流入が激しい都市部では県を跨いで通勤している人も多く、それが日常ということもあるが、感染者数の少ない地方では、コロナに対する人々の受け取り方は全く違うと実感した。

 キャンペーンを利用して、感染者ゼロの岩手県への旅行を計画していた人もいただろう。「岩手県なら安全」という思い込みから観光客は行きやすいし、県外へ出て行く人も「自分さえ対策していれば大丈夫」という心理が働きやすい。だが、ついに感染者が出た今、最初の情報が印象に強く残りやすい「初頭効果」ではないが、「1番目の感染者」はメディアの関心も高く、人々に与えるインパクトも大きい。せっかく旅行に行っても、一時世間を騒がせた自粛警察がここぞとばかりに動き出すかもしれない。

 そう思った矢先、岩手県の会見の準備中に2人目の感染が判明。こちらは宮古市の30代の男性だという。このニュースを聞き、不謹慎にも「良かった」と思ってしまった。なんともタイミング良く2人目が確認されたものだ。これで犯人探しが自粛されることを願うばかりである。

 29日は全国で1261人の感染が確認され、1日当たりの感染者は初めて1000人を越えた。小池百合子東京都知事は「第2波という認識だ」と発言したが、まさにウイルスが全国規模に拡大した第2段階と捉え、国も自治体もコロナ対策を考え直す時期かもしれない。

関連記事(外部サイト)