夜間中学の生徒 20〜39才は30.2%、60才以上は27%

夜間中学の生徒 20〜39才は30.2%、60才以上は27%

双葉中の夜間学級での授業の様子。テストを前に気合が入る(撮影/関谷知幸)

 さまざまな理由から中学校に通えなかった人を受け入れて授業を行う「夜間中学」。生徒たちの国籍や年齢層は、幅広い。たとえば、東京・葛飾区の双葉中学校夜間学級には現在、15才から66才まで33人の生徒が在籍し、うち28人は外国籍もしくは外国にルーツがある生徒だ。

 文部科学省の調査によれば2017年7月時点で、全国約1687人の夜間中学の生徒の年齢別内訳は、20〜39才が最も多く30.2%にのぼる。次いで60才以上が27%だ。

 元文部科学事務次官の前川喜平さんが夜間中学の歴史を解説する。

「1947年に新制中学校が始まったものの、実際は経済的な事情で昼間働く必要があり、中学校に通えない子供が相当数いました。そうした子供を救うため現場の教師が自発的に働きかけたのが、夜間中学の始まり。いわば、草の根から生まれた学びの場なのです」

 高度経済成長期に入ると、経済的な理由で学校に行けない子供が減少し、夜間中学の規模も徐々に縮小していった。前川さんはこう続ける。

「その頃から、夜間中学は主に学齢期を超えた大人たちの学びの場になりました。在日コリアンなど、差別や貧困のため義務教育を終えられなかった人々が、『夜間中学で勉強したい』と声をあげ、1970年頃から関西地方を中心に夜間中学が新設されました。それに合わせて、教える内容も中学校教育だけでなく、片仮名や平仮名など識字をはじめとした基礎教育全般に広がっていった」

なんで私の心の中の歴史には中学時代がないんだろう

 大阪府在住の主婦・田村せい子さん(77才)は60代で入学したひとり。64年前に入学した中学には20日しか通えなかった。自分の下にいる5人の兄弟を食べさせるため、うどん店に住み込みで働き始めたのだ。

 その後、結婚して4人の子宝に恵まれてからも生活のために必死に働いた。だが60才を過ぎて子育てがひと段落すると、彼女は突如として深い「欠落感」に襲われた。

「12才から当たり前のように大人に交じって働いてきたけれど、子供が育つと、ふと“なんで私の心の中の歴史には中学時代がないんだろう”って感じたんです。突き詰めて考えると、当時私の周囲に“この子を中学に行かせてやろう”と考えてくれる大人がいなかったことに対して、憮然とした気持ちがあった。だから自分の中の欠けている部分を補うには、やっぱり中学に行かなアカンなって思いました」(田村さん)

 夫が定年になり、末娘が高校を卒業したタイミングで、「よし! いまや!!」と近所の天満中学校夜間学級に通うことを決めた。2006年春、63才で入学した夜間中学では、新たな発見の連続だった。

「100人以上の生徒の多くは在日のかたでしたが、私のように中学を卒業できなかった日本人も20名弱いました。英語や、数学の因数分解やルートを習うのが本当にうれしくて楽しかった。でも同時に『私には時間がない。もっと学びたい』との思いが強くなり、夜間学級を1年で卒業して、定時制高校に入りました」(田村さん)

 学ぶことの喜びを知った田村さんはその後、導かれるように大学まで進学し、71才で大学を見事卒業。卒業制作を『七十二歳の卒業制作〜学ぶこと、書くこと、生きること』(福音館書店)という本にまとめて出版するという、得がたい経験もした。

「学ぶのは63才まで待たされたけれど、“その果てに、こんなに素敵なことが待っていたんだ”と思って最後の最後で納得しました」(田村さん)

 本誌『女性セブン』が6月25日発売号で特集した「妻にラブレターを綴った84才の中学生」こと奈良市に住む西畑保さん(84才)も、幼い頃から家計を助けるため働き詰めで、小学2年生の途中から学校に通えなかった。

 読み書きができない自分を支えてくれた妻に手紙を書きたいという理由で、西畑さんは2000年に奈良市立春日中学校夜間学級に入学し、「あいうえお」の猛練習を始めた。半年後に名前と住所が書けるようになり、数年後には《僕は今、夜間中学で勉強をしています。勉強が出来たら、苦労をかけた、君にラブレターを書こうと思っています。君は読んでくれると思います。これからもずっと君と長生きしたいです》と手紙をしたためた。優しい人格があふれ出たようなその文章は、新聞の「60才のラブレター」という企画で見事、入選したのだ。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)