不法滞在中に「ロト2.8億円」当てたタイ人の天国と地獄

不法滞在中に「ロト6で2.8億円」当せんしたタイ人男性が損害賠償求め3人を民事提訴

記事まとめ

  • 不法滞在で栃木県に住む60代のタイ人男性Aが、2018年にロト6で1等2億8000万円を当てた
  • Aは日系ブラジル人Bに当せん金の受取りを頼み、Bは約5千万円をAに渡したが残金を浪費
  • Aは次にタイ出身の女性Cに頼り、BとCは当せん金を引き出したがCも金を使いタイに移住

不法滞在中に「ロト2.8億円」当てたタイ人の天国と地獄

不法滞在中に「ロト2.8億円」当てたタイ人の天国と地獄

ロトが当たった人の末路…

 ロト6で1等2億8000万円をゲット──一攫千金を夢見る庶民にはうらやましすぎる話だが、栃木県に住むタイ人男性にとって、これが悪夢の始まりだった。降って湧いた幸運に恵まれたはずの彼は、大金をめぐる人間の業と欲に翻弄されていくのである。7月30日、宇都宮地裁で、あるタイ人男性が原告となった損害賠償請求の第1回口頭弁論が開かれた。この訴訟が起こされるに至る経緯は、あまりに数奇なものだ。

〈ロト6 1等2億8000万円出ました!! 当せん番号〇〇〇〇〇〇番〉

 2018年6月、栃木県内の宝くじ売り場に掲げられた貼り紙を見たタイ人男性A(60代)は、足の震えが止まらなかった。当せん番号はまさに自分が買ったロト6の番号だった。

 まさに“ジャパニーズ・ドリーム”の成就だったが、Aには素直に喜べない事情があった。Aを知る関係者が打ち明ける。

「実はAは20年以上前に来日したのですが、ずっと不法滞在なんです。土木や溶接などの仕事をしながら慎ましく暮らし、故郷の家族に仕送りを続ける真面目な彼にとって、3億円近い当せん金はまさに巨万の富でしたが、不法滞在がバレるのが怖くて名乗り出られませんでした。当せん番号の発表から1年間の換金期限が迫るなか、Aは苦悶する日々を送っていました」

 換金リミット直前の2019年6月、切羽詰まったAは旧知の仲である日系ブラジル人男性Bにすべてを打ち明け、「自分の代わりに当せん金を受け取ってほしい」と頼んだ。

「30年ほど前、ブラジルに家族を残して来日したBは、以前は栃木県内の工場で働いていましたが現在は無職です。同年代のAとは15年ほど前に共通の知人を通じて知り合い、時々食事をする仲でした。Bは在留カードを所持しており、当せん金受け取りの銀行口座を作れる身分でした」(Aを知る関係者)

 快諾したBは、Aに手渡されたロト6の当たりくじを携えて銀行を訪れ、手続きを済ませた。こうしてBの口座に当せん金の2億8000万円が振り込まれた。

 だが、これでハッピーエンドとはならなかった。Bは銀行に怪しまれないよう数千万円を小分けに引き出し、合計約5000万円をAに渡した。ところがその後、何かと理由をつけて残金を渡すのを渋るようになった。Bは複数の女性に大金を貢ぎ、地元のキャバクラで豪遊を繰り返していたという。

「急に羽振りのよくなったBの噂は夜の街で瞬く間に広がりました。金の匂いを嗅ぎつけて近づく女性たちにBはカネをバラ撒き続け、その金額は数千万円に達したようです」(前出・Aを知る関係者)

大金を持ったままタイに……

 Bに当せん金を浪費され気が気でないAが次に頼ったのは、40代のタイ出身の女性Cだった。8年ほど前に来日したCは目鼻立ちがくっきりした美女で、高齢の日本人男性と結婚後、死別した。独り身となってからは県内のスナックで働いており、「同性のタイ人から見ても美人で、日本人にすごくモテた。昼間はスロットで大金を平気で注ぎ込んでいたので、すごいお金持ちなんだなぁと思った」(Cを知るタイ人ホステス)との評判だった。

 当せん金受け取りから半年が過ぎた2019年の年の瀬、「大金を下ろすと銀行に目をつけられる」などと言ってはカネを引き出そうとしないBに、Aは「Cは妹のような存在。彼女と一緒に僕のお金を下ろしてきて」と迫った。Bも渋々同意し、Cと一緒に2020年1月に8000万円ほどの当せん金を引き出したという。

 しかし、事態はさらに複雑になっていく。今度はCが当せん金を使い始めたというのだ。

「CはBを取り込んで、Bの口座から下ろした当せん金を次々とCの口座に入金させました。Cは交際していた日本人男性Dとともに、Bが裏切らないよう監視を始めた。当せん金を“巻き上げられた”形になったBは、『後でわかったけど、Cは全然良い人ではなかった』とこぼしていました」(前出・Aを知る関係者)

 そして2020年2月、1億円以上の大金を得たCは、AやBに告げることなくタイに移住してしまったのだ。

 不法滞在という弱みを抱えていたAだが、さすがにCの移住を見逃すことはできず、弁護士に相談する。そして同2月に損害賠償を求めてB、C、Dを民事提訴。さらに4月から5月にかけB、C、Dを横領罪で刑事告訴した。

 7月30日に宇都宮地裁で開かれた裁判は、Cを相手取った民事訴訟である。

タイ人Aは逮捕され入管に……

「提訴により財産を差し押さえられたBからは、1億円近いカネを回収できたようだが、Cに渡った金は未回収のままだそうです。しかも、訴訟を起こした直後に不法滞在が明るみに出たAは3月に入国管理局に逮捕された。通常なら即強制送還ですが、いまは新型コロナの影響もあって都内の施設に収容されています」(前出・Aを知る関係者)

 栃木県内でBに話を聞くと、困惑しながら次のように回答した。

「Aさんが逮捕されたことは知っている。大変なことになってしまった。でも、私はAさんに頼まれて手を貸しただけなんです……」

 はたして強制送還を控えたAは大金を取り戻せるのか。母国で暮らすCに捜査の手は迫るのか。

 入管法や外国人関連法制に詳しい、さくら共同法律事務所の山脇康嗣弁護士が指摘する。

「不法滞在で強制送還されると上陸拒否事由に該当するため原則5年間は来日できません。代理人弁護士を通じて損害賠償請求を続けることは可能ですが、それを理由としたA本人の再来日は容易ではありません。また刑事事件は被疑者が国外にいる間は公訴時効の進行が停止する。弁護士が日本の警察に対して、国際電話などを用いた捜査を促すことは可能ですが、警察は民事事件の交渉に刑事事件の捜査が使われるのを嫌がります。仮に日本の捜査機関が国際電話などでCに接触しても、“海外にいるから捕まるわけがない”との確信が彼女にあれば、使い込みを防ぐ効果は薄いとみられます」

 捜査はどうなっているのか。所轄の栃木県警宇都宮中央警察署は、「告訴状の受理の有無も含めて、現時点でお答えできない」とコメント。Aの代理人である青木健悟弁護士は、「B、C、Dの行為は横領罪に該当するため、捜査機関に対し告訴状を提出し、受理されている。民事訴訟については一切お答えできない」と語った。

 Cが被告となった訴訟の第1回口頭弁論では、現在もタイにいるであろうCの出廷は当然なく、Cの代理人すら選定されていないことが明らかになった。一連の訴訟資料を確認した裁判官は、早ければ8月に開かれる次回の裁判で判決を言い渡す予定だと述べ、約15分で閉廷した。

 6月末、Cは自身のフェイスブックにタイでの生活の様子をアップした。そこには、新築した豪邸の披露パーティで満面の笑みを浮かべる彼女の姿があった――。

関連記事(外部サイト)