暴力団関係者 店のアクリル仕切り板に「トラウマが…」

暴力団関係者 店のアクリル仕切り板に「トラウマが…」

暴力団はアクリル板を嫌悪?

暴力団関係者 店のアクリル仕切り板に「トラウマが…」

感染防止用仕切りが苦手な人も?

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、感染防止用のアクリルの仕切り板について暴力団幹部がホンネを吐露する。

 * * *
「アレはトラウマだよ。我慢できない」と、暴力団幹部は顔をくしゃくしゃにして大笑いした。

 彼が“アレ”と言ったのは、今や飲食業などを営む店舗では必須アイテムとなった代物。堅気の一般人としては、それのどこがトラウマになるのかすぐにピンとはこなかった。だが同席していた若い衆は大きくうなずき、すかさず声を上げた。

「ですよね! わかりますよ。僕もアレを見た瞬間、同じことを思いましたもん」

「だろ〜。アレだけはありえないよな。アレを目の前に食事しろって言われたら、ふざけるな!だよな」

「ほんと、アレの真ん中にポツポツと穴が開いてたら、まるでそっくりですよ。いっそポツポツと穴を開けましょうか」

 若い衆が指先で穴を開ける真似をすると、幹部は「オイオイ、やめろ」と言いながらそれを手で払った。それからしばらく二人は、ああだこうだと言いながら腹を抱えて笑い転げていた。

“アレ”とは、人と人との間を仕切るアクリル板。彼らにとってアクリル板は、留置場や拘置所、刑務所にある面会室を想起させるらしい。透明の板で真ん中で仕切られたその部屋は刑事ドラマでよく見るセットとまったく同じで、顔の位置には話をするため、丸い枠の中にいくつもの穴が開けられている。

「入ったことのある人間なら、誰でもすぐに思い浮かべますよ」

 拘留経験はケンカの時の1度のみという若い彼でさえ、瞬時にその時の記憶がよみがえったというぐらいだ。経験したことのない人間にはわからないが、拘留や服役を経験しているヤクザなら、再び目にしたくない代物がこのアクリル板なのだ。

「ラブホテルの受付やパチンコの両替所にもアクリル板はあるが、どちらも客とやり取りするため、下に小さな窓口が開けられているだろう? それにどっちも顔を見る必要はないから、暗くてもかまわない。相手と目を合わせることもないから、アクリル板を意識することはない」

 だが面会所は顔を合わせることが目的のため照明は明るく、それが飲食店のアクリル板と重なるという。苦い記憶やマズイ飯が思い出され、アレを前にすると何を食べても美味くないらしい。

「アレが置いてある店には絶対に入らない。夜の街でもアレが置かれていたら帰る。並びで座ったらアレを間に置くのは無理だしな。対面でも、アクリル板の上や横から手を出し合って乾杯、話すのはアクリル板越し。それで今までと同じ料金なんてありえない」

 彼の行きつけの店には、来る客はそれなりに覚悟しているはずという店主のモットーから、アクリル板は設置されていないという。

「ボーイはフェイスガードをしているけど、女の子はナシ。前に連れてったヤツが極度に神経質なヤツで、女の子は側に寄せつけない、酒は女の子に作らせず自分で作る。つまみに出たピーナツの皮を剥いてくれたのはいいが、除菌用ウエットティッシュの上に置いて渡してくる。『うんざりだ。お前、嫌がらせに来たのか? 帰れ!』とその場で帰した」

「女の子の中にはアルコール消毒をしすぎて、ライターでタバコに火をつける時に一瞬、ボッと指に火がついた子もいた。なんでもやり過ぎは害になる」

 感染予防の対策は普通にするが、見えない敵とは戦わない。どこから来るかわからない敵を相手に、飲み食いする時、目の前に置かれた小さなアクリル板に何の意味があるのか?と暴力団幹部は問う。

 話を聞きながらふと思った。店先に暴力団排除宣言や暴力団員立入禁止のステッカーを貼るより、「アクリル板設置店」という張り紙をデカデカと掲げた方が、もしかすると効果的かもしれない。

関連記事(外部サイト)