夜間中学で学びたい人の障壁となった「形式卒業」問題

夜間中学で学びたい人の障壁となった「形式卒業」問題

「夜間中学は冷遇されている」と語る前川喜平元文部科学事務次官

 何らかの事情で中学校に通うことができなかった人を受け入れ、夜に授業を実施するのが、夜間中学だ。国籍も年齢もバラバラな生徒たちが集まり、多くの人が進路や生きがいを見つけ、人生における大きな一歩を踏み出す重要な場所になっているが、これまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。

「むしろ旧文部省・現文科省は夜間中学に冷淡でした」

 そう指摘するのは元文部科学事務次官の前川喜平さんだ。

「夜間中学の関係者が『もっと全国に広げてほしい』と陳情しても、文科省の担当者は『あるものをなくせとは言わないが、奨励もしない』という態度でした。文科省に入省したばかりの私も、そうした場面を何度も目にしましたが、役人には、学ぶ機会を奪われた人たちを支援するという意識がまるで欠けていました」(前川さん)

 最たる例が、不登校などで実質的には教育を受けていないものの、中学の卒業証書を授与された「形式卒業者」に関する問題だ。

 1961年から42年間にわたって夜間中学で教鞭をとり、山田洋次監督の映画『学校』(1993年)のモデルとなった見城慶和さん(82才)はこう話す。

「そうした子供たちが、『やっぱり勉強をしたい』と夜間中学への通学を望んでも、文科省はずっと、形式とはいえ卒業したのだからと、『税金を2回も使って中学に通わすことはできない』と拒んできました。私自身、入学を希望する生徒を泣く泣く断ったことが何十回もあります。そのたびに、“いったい何のための学校なのか”と思いました」(見城さん)

 歌集『キリンの子』で注目され、「セーラー服の歌人」と呼ばれる鳥居さんも、形式卒業の壁に苦しんだひとり。

 幼い頃に両親が離婚し、引き取った母も死去して養護施設で育った鳥居さんは、いじめや虐待を受けて小学校の途中から不登校になった。

「夜間中学で学び直したいと思っても、形式卒業者の私も許可されませんでした。一時期は住む場所もなく、公園に寝泊まりしてホームレスのような生活をしながら拾った新聞で文字を読む勉強をひとり、していたにもかかわらずです。

 定時制の高校に通っていたこともあったけれど、中学で勉強すべき内容が頭に入っていないから全然わからない。テストでいい点を取っても、それは教科書を丸暗記しているからであって、書いてあることを理解している訳ではない。アラビア語を訳もわからず書き写しているのと一緒です。

 しかも、そもそもこの社会は義務教育を終えたことを前提に成り立っているから、日常生活でもわからないことがたくさんある。例えばスーパーで“3割引”と書いてあっても、それがどのくらい安いのか、とっさにはわからない。だから、基礎的な教養さえ学べなかったことに強い憤りを感じ、すべての人に教育の権利が認められるよう、セーラー服姿で社会活動を始めました」(鳥居さん)

 鳥居さんや支援者の活動が実り、2015年に文科省は形式卒業者に夜間中学の入学を認める通達を出した。入省当時、文科省の冷淡さを目のあたりにしていた前川さんも、同省内で実現に奔走したひとりだ。現在では、公立の夜間中学の生徒のおよそ12%が形式卒業者だ。

 1978年から約36年にわたって夜間中学の教師を務めてきた関本保孝さんも、「やっとここまでこぎつけた」と安堵のため息をもらす。

「1980年代の後半から、何度も政府と交渉をしてきた結果です。昼間の中学校の卒業証書を持って夜間中学で学ぶことができれば、万が一夜間が肌に合わなかったり家庭の事情などで途中でドロップアウトしてしまったとしても、高校受験をする最低限の資格は得ている訳だから、また時間をおいて挑戦できる。これまでは、昼間の中学を除籍処分にしなければ夜間に通うことができなかったのですから、大きな進歩といえます」(関本さん)

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)