元文科事務次官前川喜平氏、コロナ禍の夜間中学の役割に期待

元文科事務次官前川喜平氏、コロナ禍の夜間中学の役割に期待

夜間中学の必要性を説く前川さんは現状の問題点も指摘する(撮影/浅野剛)

 何らかの事情で中学校に通うことができなかった人を受け入れ、夜に授業を実施するのが、夜間中学だ。国籍も年齢のバラバラな生徒たちが集まり、進路や生きがいを見つけ人生における大きな一歩を踏み出すために、「学び」を得ていく。

 元文部科学事務次官の前川喜平さんはコロナ禍においてますます夜間中学は重要な場所になると指摘する。

「コロナによる長期休校ののち再開される学校に行くのが苦痛という子供が多いはずで、2018年度に16万5000人だった不登校の児童・生徒がコロナ後に20万人を超える可能性があります。これからの夜間中学は、こうした子供らに学びの場を提供することも期待されます」(前川さん)

 昼間の学校にはなじめなかった不登校の子供が、夜間中学で勉強の楽しさを理解するということは多いという。

 東京都葛飾区の双葉中夜間学級で数学を教えている菊池和子さんは、「この環境が持つ“教育力”はすごい」と日々感嘆している。

「夜間中学に来るのは、家庭や生活に何らかの事情を抱えている生徒がほとんどです。そういう生徒は年齢や生活環境が似通った生徒が集まる昼間の学校では疎外感を持ちやすいですが、年齢も国籍もバラバラの夜間中学なら、背景をもった生徒が集まる。だからこそ、ここではさまざまな学びを経験できるのです」

 夜間中学にかかわる多くの人が口を揃えるのは、「多様性」がいかに人間を育てるかということだ。

 いじめにあって一度も中学に通わず卒業した生徒が、平均年齢69才のクラスに入って少しずつ心を開くこともあれば、いい加減な言動をする20代を90代がたしなめる――夜間中学にはこうしたエピソードが満載だ。

 64才から20年間、ほぼ毎晩通学した奈良市に住む西畑保さん(84才)は、「夜間中学は青春」と振り返る。

「青春は若い人だけのもんやない。休み時間に外国の人らとおしゃべりして、中国では帰省時にお土産を1人1個ずつ買わないかんことを学んだし、韓国のおばちゃんは息子の嫁の愚痴を散々言ってスッキリしていた。学校ではいろんな人に出会って新しいことを経験して、ワクワクします。

 ぼくがいま、スマホを使えるようになったのも、10代の同級生が教えてくれたから。『アドレスってどうやって登録するの?』とか、いちから丁寧に教えてくれるんです。70才過ぎて『あの子が好きや』と恋愛する人もいましたよ(笑い)」(西畑さん)

 学ぶだけでなく、「教える喜び」を得ることもできる。

「70代の日本人男性でスペイン語を習いたいという生徒がいました。たまたまボランティアスタッフの中にスペイン語が話せる同年代の男性がいたので、マンツーマンでスペイン語講座をやっていた。そこへコロンビア人でスペイン語しか話せない10代の姉妹が入ってきたんです。スペイン語を教えていた人だけでなく習っていた人も覚えたてのスペイン語で姉妹に日本語を教えるようになりました。

 70代の日本人男性が2人と、10代のコロンビア人女性が2人。国籍も年齢も性別も違う人が集い、お互いの知っていることを教え合い、学び合う。学びの理想の姿がここにあるのかもしれません」(前川さん)

 42年間にわたって夜間中学で教鞭をとった見城慶和さん(82才)も「夜間の授業は、学ぶことそれ自体に喜びを見出せる」と声を揃える。

「昼間の学校では100点を取らせることが目標になりがちですが、夜間は教えることも、学ぶことも喜びになる。子供は昼の学校には行けば行くほど、人と自分を比べて自信がなくなる。だけど夜は、もともとみんな違うから、逆にそれでいい、それが当たり前だと、どんどん自信がつくんです」(見城さん)

 地域社会の崩壊が叫ばれるなか、この先の夜間中学は「希望」になっていくと見城さんは指摘する。

「いまの夜間中学は多文化共生のパイオニアのような場であり、ここで学ぶと多様な人と触れ合って国際感覚が身につきます。加えて、コロナでつらい思いをする子供らの救済の場にもなるし、学歴競争に疲れた子供らが自ら学ぶ楽しさを身につける場にもなる。

 もう一度勉強や青春をしたい高齢者の居場所にもなるでしょう。そんなふうな、つい校門の前で足を止めてのぞいてみたくなるような活気と多様性に満ちた夜間中学があれば、その地域全体が、包容力のある生き生きとした場所になるかもしれない」

 夜の教室からもれる光は、人生のリスタートを望む人々の希望の光でもある。決して絶やしてはならない。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)