終戦9年前 クーデターで絶たれた陸軍上層部の「非戦思想」

終戦9年前 クーデターで絶たれた陸軍上層部の「非戦思想」

二・二六事件の6日前に撮られた渡辺錠太郎・陸軍教育総監の最後の写真。(渡辺家蔵)

 昭和11(1936)年に陸軍の青年将校らが引き起こした「二・二六事件」。この日本最大の軍事クーデター未遂から85年目を迎えた今年、事件で犠牲になった被害者に関する研究や本が話題になっている。

 6月17日付の読売新聞記事「2.26事件 暗殺された側にも光」は、最近の動きについて、こう指摘する。

〈青年将校に関する証言や史料は掘り起こされ、研究が蓄積されてきたのに対し、暗殺された側の研究はあまり進んでいない。今年に入り、斎藤実元首相(1858〜1936年)の資料調査が始まり、陸軍教育総監・渡辺錠太郎(1874〜1936年)の評伝が刊行された〉

 同記事によれば、たとえば斎藤元首相(事件当時は内大臣)については、「研究者によるまとまった伝記が戦後一冊も編まれていない」(麻田雅文・岩手大准教授)状態だったが、出身地・岩手県奥州市にある斎藤実記念館で未公開資料が発見され、麻田准教授らが今年3月から調査を始めたという。未公開資料は、約5000通の書簡を含む約1万点にのぼり、その中には二・二六事件発生時の春子夫人の証言を記録した手書きメモも含まれている。

 また、渡辺教育総監については、今年2月に初めての本格的な評伝『渡辺錠太郎伝』(岩井秀一郎著/小学館)が刊行されたことが紹介されている。

 実際、二・二六事件に関しては、研究書だけではなく、小説や映画でも加害者である青年将校を中心に描かれた作品が多い。

 三島由紀夫の短篇『憂国』『英霊の聲』や、吉田喜重監督『戒厳令』、五社英雄監督『226』など、話題作の多くは青年将校側の視点に立っている。それらの作品では、殺された犠牲者たちの被害状況や事件に巻き込まれた経緯について詳しく語られることはない(三島の戯曲『十日の菊』は、狙われて生き延びた大蔵大臣という架空の設定で、「狡智と人間的絶望の固まり」である元蔵相の「喜劇的悲惨」が描かれる)。

「戦争ばかりはやっちゃあイケナイ」

 それでも、事件から丸84年、戦後75年が過ぎて、ようやく被害者の側にもスポットが当てられるようになりつつある。

 この事件で“襲撃対象”にされたことの意味は決して小さくない。裏を返せば、それほど青年将校(およびその背後にいた軍首脳部)にとって“排除”すべき人間だと判断されたことになるからだ。

 とりわけ陸軍大臣や参謀総長と並ぶ「陸軍三長官」の一人だった渡辺教育総監は、青年将校らにとっては同じ陸軍の上官にあたり、その点では内紛や権力抗争の色合いも濃くなる。しかも、標的とされた斎藤元首相や岡田啓介首相、鈴木貫太郎侍従長(のち首相)らが海軍出身の政治家だったのに対して、渡辺は唯一人、現役の陸軍軍人だった。その渡辺がなぜ襲撃対象とされたのか??詳しい経緯は、今も明確になっていない。

 青年将校らの後ろ盾になっていたとされる真崎甚三郎大将が教育総監の任を更迭され、その後任に渡辺が就いたことや、事件の前年に渡辺が「天皇機関説」を支持するような発言をしたと受け取られたことが原因とする見方もある。だがその一方で、事件直前まで渡辺は襲撃対象に入っていなかったとする情報もあり、判然としない部分も多い。

 そんな渡辺が強く主張していたことの一つが「非戦(あるいは避戦)」の思想だった。前掲書『渡辺錠太郎伝』には、渡辺と新聞記者との印象的なやりとりが紹介されている。

 記者から「これからは、日本も世界の軍事大国ですねえ」と言われた渡辺は、第一次世界大戦末期から大戦後にかけて欧州に駐在した経験をもとに、次のように返答する。

「いや、その軍事大国というのが心配だ。産業経済や国民生活がそれに伴なっての大国ならばよろしいが??軍事だけが独り走りをした大国は何よりも心配だ。ドイツもなかなか偉い国であったが、戦争だけは大間違いをやらかした。どこの国でも軍事力が大きくなると、戦争がやりたくなる。だが、どんな事があっても、戦争ばかりはやっちゃあイケナイ」

「今後の戦争はこれまで考えていたような軍隊と軍隊とだけの生やさしいものではない。一度戦う以上は、何がなんでも勝たねばならぬが、勝っても、負けても、国民のすべてが悲惨のどん底に落ち入らざるを得ない。私は戦い破れたドイツ、オーストリーばかりでなく、勝った国のイギリス、フランス、ベルギー、オランダなどもつぶさに見て来たが、どこもかしこもみじめな有様であった。日本も世界の列強にならねばならぬが、しかし、どうでも戦争だけはしない覚悟が必要である」

「日本軍の課題に警鐘を鳴らしていた」

 渡辺は、戦争で疲弊した欧州各国の現実をつぶさに見たことで、「非戦」の思想を持つようになった。そして、その目的を達するために日本は軍事力を整備しなくてはいけないと考えるに至ったという。二・二六事件で亡くなる2年ほど前の昭和9年3月に、日比谷公会堂で行なった「日露戦争の回顧と将来戦における国防について」という講演では、こんなふうに述べている。

「申すまでもなく戦争は悲惨なものでございますから戦争を避けていつも事を平和に済ますことが出来ればこれに越したことはないのでございます。

 しかしながら利害を異にしまする各国間の紛争はいつでもこれをうまく協調して平和に済ますことは難しいことと思います。それは現にこれまでにおける国際連盟、軍縮会議の状況を見ても判ることでありまして現在の世界の情勢では戦争を絶対に絶滅するということは難しいことと思います。これがためには万一の場合に処するためにいわゆる備えあれば憂なし、こういう境地に立たなければならぬと思います。

 言い換えますればたとえ敵が攻撃をして来ても負けない。すなわち敵がわが国を攻めても勝つことができない。こういう備えがこちらにありましたらならば恐らく戦争は始まらぬと思います。」(講演の友社『講演の友』第三十二号より)

『渡辺錠太郎伝』の著者で歴史研究者の岩井秀一郎氏は、渡辺の非戦思想をこう解説する。

「渡辺にとって平和とは『願う』ものではなく、『実力で維持する』ものだったと思われます。しかも、国民もまた平和を維持するためにきちんとコストをかけるべきである、と考えていたようです。いわゆる非武装中立とか武力放棄といった空想的平和主義者とは明らかに違います。むしろ近代的な兵力を整えることで、実際に戦火を交えなくても済むような強い国家を目指していたようです。

 渡辺は日本軍の『攻撃精神の誤用』と『精神万能主義』も強く批判していました。さらに、航空本部長も歴任し、『防空なくして国防なし』と説いて防空の重要性を強調していたり、ドイツ軍の敗因として戦線の拡大による補給の軽視を問題視したりしていたといいます。その点では、のちに泥沼の戦争へと突き進んでいった日本軍の本質的な課題や問題点に、いち早く警鐘を鳴らしていた軍人の一人だったといえると思います」

 だが、そんな渡辺の非戦思想や問題意識が陸軍の内部で共有されることはなく、教育総監に就任してからわずか半年後の二・二六事件で暗殺されてしまったのだった。

「もし渡辺錠太郎が二・二六事件後も生き延びていたら、昭和史は変わっていたかもしれない」といわれる所以である。

●参考資料/岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)、岩倉渡邉大将顕彰会『『郷土の偉人 渡邉錠太郎』(愛北信用金庫編・発行)

関連記事(外部サイト)