観光客なくしては生きられない沖縄 コロナ食い止めの難しさ

観光客なくしては生きられない沖縄 コロナ食い止めの難しさ

日本最南端の碑がある沖縄県竹富町の波照間島(時事通信フォト)

 観光地としても人気が高い、沖縄県の宮古島と石垣島で新型コロナウイルスのクラスターが発生した。続けて西表島でも、石垣島のクラスターから派生して感染者が確認され、離島への広がりが現実になりつつある。沖縄では玉城デニー知事の会見での発言をはじめ、様々な場面で繰り返し医療体制が脆弱な離島への移動自粛を呼びかけられてきたが、沖縄での新規感染者数が一日あたり100人を超えてしまった。ライターの森鷹久氏が、離島で暮らす人たちの表では言えない本音についてレポートする。

 * * *
 沖縄県は、県内の新型コロナウイルス感染者数増加により医療機関、病床が逼迫する恐れがあることから独自の「緊急事態宣言」を7月31日に発出した。那覇市内の飲食店への時短営業の要請、特に感染拡大が著しい那覇市松山地域の接待・接触を伴う遊興施設については休業の要請を、不要不急の外出、感染者が急増している離島への渡航も自粛するよう呼びかけている。多くの県民が不安を抱く中、複雑な感情を胸に秘めている人たちがいる。

「夏休みは東京や大阪、あとは名古屋のお客さんが7割くらい。東京の人はほぼダメ、他も激減。今いるお客も、外に出るにも泥棒みたいにしてコソコソしなきゃいけないし、観光施設はお休みだし、慌てて内地に帰ったという人もいます。我々への補償はないでしょうし、かといって、客に来てくれとも言えないし」

 沖縄本島中部エリアあるペンションオーナー・佐喜真修さん(仮名・60代)は、大声では言えないけれど黙っていられないと、思いの丈を語ってくれた。行政やマスコミは、離島である沖縄の医療体制の脆弱さを訴えるもの一色だが、彼の話す内容は、観光立県の沖縄において、コロナを怖れる気持ちと同様、これもまた県民の偽らざる本音であろう。折しも夏の観光シーズンのど真ん中、例年であれば今が一番のかき入れ時なのである。

 一方、沖縄の某離島にある居酒屋経営・木下勇さん(仮名・40代)は、同地の中でも意見が真っ二つに割れていると話す。

「私はニューカマーで、関東から10年前にやってきました。島には今も東京や関西からのお客さんが来ていますが、元から住んでいる人たち、それこそオジー、オバーと住んでいるような人たちは不安らしく、あからさまに嫌な顔をしている」(木下さん)

 この離島の空港では、来島者の検温なども行われているが、熱があったり体調が悪かったとしても、来島者を押し返すわけにもいかず、島内に入れていたという。その結果…と断言できるかは不明ながらも、この島を含む複数の離島で感染者が増加の一途をたどっている。

「熱がある内地の客が空港から逃げた、なんて話を聞くことが何度かありました。本当かどうかは確かめていないけれど、それほどみんな気が立っているってことです。島内の飲食店では、東京や大阪、愛知や福岡の客はお断りと看板を出しているところもあります。そうしていないと、いろんな噂が立ちますから」(木下さん)

 とはいえ、ニューカマーである木下さんは、近くに頼れる親族がいるわけでもないので、みずから商売をしていないと生活ができない。ということで、直接、電話で問い合わせや相談を受けた場合には、表向きは断っているエリアからの客であってもこっそり店内に招き、特別に準備したスペースで飲食サービスを提供している。彼と同じように、こっそり仕事をしている人は、木下さんのような新参者以外でも少なくなかった。何代も島で暮らしてきた人にとっても、もはや島外からの観光客を相手にした仕事に関わる人ばかりだからだ。

「最初は、東京の人間が島にウイルスを持ってくるって怒っている人もいたけど、あの人たちがいないとどうにもなんないって、結局みんなこっそり受け入れていたんですよ。だから、本島は今みたいになったんじゃないですか? 我々の島も隣の島も、やっぱり感染者が増え始めた。じゃあ封鎖でもするかと言えば、そうじゃない。今も客は島外から来ています。補償があるなら、まだ何とかなるかもしれませんが」(木下さん)

 座して死を待つか、少しでも生き延びようと足掻くか、そんな決断を沖縄は迫られている。

関連記事(外部サイト)