変異しやすい新型コロナウイルス 凶暴化する危険性もあり

変異しやすい新型コロナウイルス 凶暴化する危険性もあり

コロナ変異しやすく凶暴化も

変異しやすい新型コロナウイルス 凶暴化する危険性もあり

不安定で変異しやすい新型コロナ(写真/AFLO)

「このパンデミックは100年に一度の健康危機だ。影響は今後数十年に及ぶだろう」。WHOのテドロス事務局長は8月1日、新型コロナをめぐって1月末に宣言した「緊急事態」の継続を決定。しかも過去6回出した緊急事態宣言のなかでも、今回がいちばん深刻だという認識を示した。

 折しも日本では感染が全国的に拡大し、8月2日には新規感染者が5日連続で1000人を超えた。東京都は3日から酒類を提供する飲食店やカラオケ店に午後10時までの時短営業を要請し、沖縄や岐阜など、独自の緊急事態宣言に踏み切る自治体も現れた。

 第二波の脅威に怯える人がいる一方で、「感染しても重症化しないから大丈夫」という意見も目立つ。

 実際、7月中の感染者総数は約1万7600人で、国の緊急事態宣言が出された4月中の約1.4倍に達するが、死者は計39人で4月中の計422人から10分の1以下に減った。

 厚労省の発表をもとに、本誌・女性セブンは4月と6月、7月のある日の感染者の本当の内訳を調べた。そこからわかったのは死亡者、重症者の割合が4月から圧倒的に減少していたことだ。医療現場からは「4月と比べるとまったく別のウイルスのようだ」との声が聞こえる。そのため、専門家や有識者の間でも、「ウイルスの変異で重症者が減ったので、たとえ陽性者が倍、倍で増えても心配いらない。コロナはただの風邪だ」という声が増えている。

 とはいえ、この8か月間を振り返ってほしい。昨年12月に中国・武漢でウイルスが発生した後、専門家は「国内で感染が広がる危険性はほぼない」と国民に冷静な対応を求めた。感染が拡大してからも「ウイルスは暑さに弱く、夏になれば収まる」といわれた。しかし、どちらも現実は大間違いだった。

 新型コロナという未知のウイルスに対し、思い込みに基づく“楽観的観測”は、まったくアテにならない。

新型コロナウイルスは不安定で変異しやすい

 感染が再び拡大している新型コロナウイルス。の背景には、人の動きの活発化があることは間違いない。他方で囁かれるのは、「ウイルスの変異」だ。

「アメリカの研究グループによると、現在の欧州株ウイルスは初期に比べて感染力が3〜6倍とされます。また別の研究では、感染力が9倍に達したとの報道もあります」(全国紙科学部記者)

 その影響は日本にも及ぶと考えられる。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはこう話す。

「現在、日本で流行しているウイルスは、欧州株が流入したものに変異が加わったと考えられています。もともと新型コロナウイルスは不安定で変異しやすいRNAウイルスであり、いたるところで変異が起こる可能性があります。しかも現在は、ウイルスが人の細胞とくっつく『スパイクタンパク質』が感染しやすいように変異して、より感染力が強まったと考えられます」(一石さん)

 感染力の「強変異」とともに指摘されるのは、ウイルスの「弱毒化」である。現在の死者数や重症者数は、感染拡大初期に比べて圧倒的に少ない。東京農工大学教授の水谷哲也さんが言う。

「そもそも感染症が広がる初期は強毒株ウイルスが優勢になりますが、その後、3密の回避やマスクなどの対策が取られると、強毒株は隔離され、再生産されることが少なくなります。すると弱毒株が優勢になって、症状が軽い人や無症状の患者が増加します。実際にいまは、死者や重症者が着実に減少していることから、ウイルスが弱毒化したのかもしれません」

 ただし、敵が弱くなったからと油断は禁物だ。

「感染力が強く、毒性の弱いウイルスが広がれば、軽症者や無症状者が免疫を獲得し、再び強毒のウイルスが襲ってきた際に防御的に働く可能性があります。

 一方、感染が多くの人に広がると、その途中でアメリカのように感染力が強く、毒性も強いウイルスが登場し、死者が出やすくなるかもしれません。基本的にウイルスは変異を繰り返すうちに弱毒化するケースが多いですが、凶暴化することが皆無ではないため、安心はできません」(一石さん)

 水谷さんも警鐘を鳴らす。

「ウイルスの変異はランダムで、今後、強毒化する可能性を否定できません。特に感染者が増えると検査や隔離が追いつかず、どこかのポイントで強毒株が優勢に転じる可能性があります」

 感染が落ち着くとされた夏に息を吹き返したウイルスだけに、温度や湿度が下がる秋、冬はさらなる警戒が必要だ。

「今後、気をつけるべきは、冬風邪と呼ばれるインフルエンザや従来のコロナが猛威を振るうことです。一般に冬風邪は夏風邪に比べて大流行し、肺炎や脳症を招いて重症化しやすいと考えられる。加えて新型コロナは低温、乾燥を好むとされるので今年の秋から冬は、冬風邪の手ごわいウイルスと新型コロナの『W襲来』が心配されます」(一石さん)

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事(外部サイト)