富士山噴火なら前回の5割増しの規模か 富士五湖周辺のリゾートは壊滅の恐れ

記事まとめ

  • 室井滋が地球科学の専門家・鎌田浩毅教授と対談し、富士山の噴火などについて語った
  • 宝永噴火から300年経った富士山が噴火した場合、規模は宝永時の5割増しになるという
  • 溶岩が北に行けば富士五湖周辺のリゾート地は壊滅、南なら東西の大動脈が分断される

「富士山が噴火するんじゃ…」心配する室井滋が専門家に聞く

 コロナ禍に追い討ちをかけるように、記録的大雨などによる自然災害が私たちの生活を脅かしている。実は今、専門家の間でもっとも懸念されている自然災害は、今後30年以内に70%の確率で来るといわれている南海トラフ巨大地震だ。

 ひとたび起きればその被害は東日本大震災の10倍以上と想定される。そうなったら、一体どうなってしまうのか。かねてから地震活動を注視する女優・室井滋さんが、不安と疑問を胸に訪れたのは、京都大学大学院人間・環境学研究科教授で地球科学の専門家、鎌田浩毅さんの研究室だ。室井さんと鎌田教授が緊急対談を行った。

室井:私、富士山がすぐにでも噴火するんじゃないかって、すごく心配なんです。コロナの話題に隠れてますけど、政府は4月に富士山が大噴火した時の被害想定を初めて公表しましたよね。実際、東日本大震災以降、地震が頻発していますし、御嶽山や阿蘇山、それに草津・白根山や箱根でも噴火が起きました。次は富士山なんじゃないかって…。

鎌田:東日本大震災はマグニチュード9という、1000年に一度の巨大地震でした。そのストレスが日本列島全体にかかった影響で、各地で地震が起きています。私たち地球科学者は「3.11」をきっかけに大地変動の時代に入り、少なくとも30年くらいは内陸地震が続くだろうと予測しています。活火山の地下の活動も大きくなっていて、日本にある111の活火山のうち、20個くらいが目覚めて、マグマ溜まりの上で地震が起き始めている。もはやどこが噴火してもおかしくないですし、室井さんの言う通り、富士山もスタンバイ状態に入っています。

室井:やっぱり…。東日本大震災のすぐ後に富士山の直下で大きな地震がありましたけど、あれも噴火の予兆だったんですよね?

鎌田:3.11で富士山の地下20kmにあるマグマが大きく揺すられました。直後の3月15日の地震は富士山の地下14kmが震源で、あの揺れでマグマ溜まりの天井にヒビが入ったんです。

室井:天井にヒビが!?

鎌田:そう。幸い噴火はしませんでしたが、その岩石が割れて、いつ噴火してもおかしくない状態にあるのは確かです。

室井:1707年の宝永噴火からもう300年。昔は50年とか100年のサイクルで噴火していたと聞いたことがあるんですけど。

鎌田:さすが、よくご存じですね。500年前からそのサイクルが変わって、宝永噴火までに200年間隔があいた。200年分マグマを溜め込んでからドーンといったので、大噴火になったんです。江戸の町には火山灰が5cmも積もりました。単純計算すれば、今度は300年間マグマを溜め込んでいるので、噴火の規模は宝永時の5割増しになります。

室井:ええ〜!? 怖い〜! 具体的にどんな被害が生じるんですか?

鎌田:火山灰はガラスからなる細かい粒子で、これがとんでもなく厄介なんです。人が吸い込むと気管や肺が傷つけられ、さまざまな病気を引き起こす。屋根に降り積もれば家屋を押しつぶし、下水道の排水管も詰まらせる。電気、水道、ガスは止まり、電子機器やコンピューターなど「文化装置」も全部機能しなくなる。新幹線を含めて交通機関はすべてストップし、もちろん飛行機も飛べません。火山灰が1cm積もっただけで、車の運転も不可能です。

室井:首都機能は完全に麻痺しちゃいますね。経済への影響もコロナどころじゃない…。

鎌田:火砕流や溶岩による被害も甚大になるでしょうね。

室井:噴火っていうと、みなさん、頂上からドカーンっていうイメージがあると思いますけど、今度の噴火ではそうはならないんですよね?

鎌田:おっしゃる通り、それはない。過去は未来を解く鍵といって、過去の履歴を調べると、山頂からは噴火しないとわかります。富士山は2200年前までは山頂噴火していて、それであの流麗な形ができました。でも、それ以降は山腹に穴をあけて噴火している。平安時代の噴火では北麓から溶岩が大量に流れ出て、“富士四湖”が富士五湖になった。青木ヶ原樹海の下はその時の溶岩です。宝永噴火では反対側の南東側に火口ができました。

室井:次はどっち側から噴火するか、研究でわかっているんですか?

鎌田:それはわかりません。だけど、両方に穴をあけるという研究者もいます。

室井:両方!? マグマが多すぎて?

鎌田:次は5割増しですから、すでに北と南の山麓に穴があいているので、マグマが多くて北側だけでは出し尽くせないとなれば、南側からも出すかもしれない。つまりマグマっていうのは、低い方が出やすいわけです。山頂まで行くのは大変でしょ。

室井:溶岩が2つの方向から流れ出たら、すごい被害になりそう。

鎌田:北に行けば富士五湖周辺のリゾート地は壊滅するし、南に行けば新幹線や東名高速道路がやられて、東西の大動脈が分断される。溶岩は一度流れ出すと止められないから怖いんです。

室井:そもそもどうして噴火のサイクルが変わったんですか?

鎌田:それは富士山に聞いてみないとわからない。まあ、火山の一生は100万年で、富士山は10万年。そのサイクルからいえば、江戸時代から300年なんてあっと言う間ですから。ただ、最近、ちょっと周期を外しているのは事実ですね。

◆室井滋/(むろい・しげる)富山県生まれ。女優。エッセイ・絵本も数多く出版し、女性セブンで現在『ああ越中ヒザ傷だらけ』を隔週連載中。本連載をまとめた旅エッセイ集『ヤットコスットコ女旅』は現在6刷のベストセラーになっている。

◆鎌田浩毅/(かまた・ひろき)東京都生まれ。理学博士。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は地球科学・火山学・科学コミュニケーション。近著に『理学博士の本棚』『富士山噴火と南海トラフ』『地学ノススメ』など。

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事(外部サイト)