南海トラフ地震の経済被害は220兆円 次は2035年±5年?

 今、専門家の間でもっとも懸念されている自然災害は、今後30年以内に70%の確率で来るとされる南海トラフ巨大地震だ。ひとたび起きればその被害は東日本大震災の10倍以上と想定される。そうなったら、一体どうなってしまうのか。かねてから地震活動を注視する女優・室井滋さんが、不安と疑問を胸に訪れたのは、京都大学大学院人間・環境学研究科教授で地球科学の専門家、鎌田浩毅さんの研究室だ。室井さんが、鎌田教授に南海トラフ地震について聞く。

室井:もう、すぐにも富士山が噴火するなんていう記事もチラホラ見かけるので、すごく不安なんですけど、その可能性もあるんですか?

鎌田:いや、噴火するとしたら南海トラフ巨大地震の後でしょう。「3.11」でマグマ溜まりが揺すられて、直後の直下地震で天井にヒビが入っても噴火しなかった。だけど、次に大きく揺すられた時に噴火する可能性は非常に高い。次の巨大地震はマグニチュード9クラスですから。宝永噴火も、南海トラフで起きた宝永地震の49日後に起きました。

室井:どうして富士山噴火と南海トラフ巨大地震が連動するんですか? 地震に興味があるのでいろいろ記事も読むんですが、8月か9月にも南海トラフ巨大地震が来て、それに付随して噴火も起きるんじゃないかって話もありますよね。だから私は今日、それを伺いに来ちゃったんです。

鎌田:ぼくが一生懸命言っているのは、今じゃないですよってことなんです。まず、なぜ2つが連動するのかというところから説明しますが、富士山は南海トラフの東端の駿河トラフと、相模トラフを陸上へ延長した線の交点にあるんです。プレートとプレートの境目にあるから、マグマの供給量が多くて、噴火の量も大きい。だから日本一の山なんですよ。

――日本列島は、4枚のプレートが関わってできている世界でも稀な場所だ。東の沖合では海側の太平洋プレートが陸側の北米プレートに沈み込んでいて、そのたわみに耐えきれなくなると、陸側のプレートが元に戻ろうとして跳ね返る。こうして発生したのが東日本大震災だった。一方、南の沖合ではフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込み、駿河湾から四国・九州の沖合まで連なる南海トラフを形成している。ここを震源域に発生するのが南海トラフ巨大地震だ。

室井:去年4月に内閣府が発表した想定だと、地震の大きさは東日本大震災を超えるマグニチュード9.1。津波の高さは34mというから、東日本大震災よりすごい。しかも、震源域が海岸に近いから、地震発生から2〜3分で津波が襲ってくる場所もあるとか。本当に怖いですね。

鎌田:東日本大震災の死者2万人に対して、南海トラフ巨大地震では32万人。経済被害は東日本の20兆円に対して220兆円と、10倍以上。だけど、今から準備しておけば、被害は8割減らすことができるんです。

室井:ということは、先生の予測では、南海トラフ巨大地震が来るのは今ではなく、いつ頃なんでしょう?

鎌田:南海トラフはだいたい100年周期で地震を起こしているので、科学的データから見れば、次は2035年±5年。近いところをとってもあと10年先です。

室井:そうなんですか〜。

鎌田:だから、それまでに備えをしておくことが大切なんです。日本の大動脈が寸断されるから、東京から宮崎県まで6000万人が影響を受ける。国や行政も備えてはいるけれど、それに頼ってはダメ。やっぱり自力で自分や家族を助けるようにしないと。これは南海トラフ地震に限らず、巨大地震に際しては、ライフライン関係の備蓄は最低1か月分はあった方がいいですね。

室井:1か月!? そうか、日本国民のほとんどが被災者だから、その間、誰も助けに来てくれないかもしれない、と…。

鎌田:そうなんです。だからぼくは今、辻説法みたいにして、一人ひとりに向けて訴えかけているんです。ここに30mの津波が来たらどうしますか、裏山まで逃げられるかどうか実際に歩いてみてくださいって。内閣府は発生確率を「30年以内に70%」としているけど、これだと誰も我が事として考えません。

室井:たしかに70%って言われても、どれだけ切迫してるんだか。先生みたいに「2035年±5年」と言ってもらえると、すごくわかりやすいですね。

鎌田:人間って、「納期と納品量」がわからないと動けないんですよ。2035年が納期で、納品量つまり被害が東日本大震災の10倍。本当はわかりやすくないとダメなんです。 で、ぼくは地震学者から批判を浴びて、背中にいっぱい矢が刺さってる(苦笑)。それを振り払いながら、一般の人たちに向けて発信しているんです。

室井:大変! だけど、期限がはっきりしていれば準備もしておきやすいですね。最短であと10年だったら、「それまでの10年で何をしよう」とか考えられますものね。

鎌田:期限を決めて動いて、来なかったらラッキー。来たら8割被害を減らせたでしょ、と。そういう情報の出し方でいいと思うんです。

◆室井滋/(むろい・しげる)富山県生まれ。女優。エッセイ・絵本も数多く出版し、女性セブンで現在『ああ越中ヒザ傷だらけ』を隔週連載中。本連載をまとめた旅エッセイ集『ヤットコスットコ女旅』は現在6刷のベストセラーになっている。

◆鎌田浩毅/(かまた・ひろき)東京都生まれ。理学博士。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は地球科学・火山学・科学コミュニケーション。近著に『理学博士の本棚』『富士山噴火と南海トラフ』『地学ノススメ』など。

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事(外部サイト)