池田勇人元首相「貧乏人は麦を食え」の裏の酒豪伝説

池田勇人元首相「貧乏人は麦を食え」の裏の酒豪伝説

かつてない好景気に国民が沸いた(写真/共同通信社)

 安倍晋三首相は7年前、成長戦略で「国民の平均年収を10年で150万円増やす」と掲げた。憲法改正や安全保障では祖父の岸信介首相を“お手本”にしながら、経済政策は祖父のライバルだった池田勇人首相の「所得倍増計画」を真似したのだ。その池田は東京五輪、首都高、新幹線など、派手な公共事業のイメージが強いが、そこにはある信念があった。政治ジャーナリスト・武冨薫氏がリポートする。(文中一部敬称略)

 * * *
「安保の岸」の次に登場した池田勇人首相は、「国民所得を10年以内に2倍にする」という「所得倍増計画」を掲げて日本経済を高度成長の波に乗せた。

 池田の政治思想の基本は、「軽武装、経済重視」と評される。前任の岸信介首相が「自主憲法制定」「再軍備」を主張したのに対し、池田は日米安保条約という米国の軍事力の傘の中で防衛費の拡大を抑制し、経済成長を優先させた。

 それが池田の創設した派閥・宏池会など自民党「保守本流」の基本路線となって日本の戦後復興の方向性を定めたといえる。

 大蔵官僚出身の池田は、1949年の総選挙で初当選するとすぐに吉田茂内閣の大蔵大臣に抜擢され、米軍占領下でGHQとの経済政策の交渉を任された。

 折からの朝鮮戦争で警察予備隊(自衛隊の前身)が発足し、政府は米国から軍事費拡大の要求を突きつけられる。池田は唯々諾々とは従わなかった。著書『均衡財政』でこう書いている。

〈防衛費の将来は、国民の税負担の重さに決定的な重要性を持つものであるが、だからといって、民生の安定をぎせいにしてこの種経費の増加を図ることは、私のとらないところである。国民の経済力にマッチしない再軍備は意味をなさない。ゆたかなとはゆかなくても、うるおいと、ゆとりのある生活が、確保されるのでなければ、腹の底からの防衛が成り立たない。だから、私は防衛関係経費の総額をおさえ、(中略)できるだけ減税を行って、国民の衣食を足るようにしたい〉

 GHQとの交渉の過程で池田の思想が培われたことが読み取れる。

 人物像はおおらか、酒豪で失言も多かった。この頃の有名な発言に「貧乏人は麦を食え」があるが、実際は、国民に「麦ではなく米」を食わせるために悪戦苦闘していたのである。

 池田は蔵相時代、若手の大蔵官僚を誘ってよく飲んだ。その席に、入省ほどない津島雄二・元厚生大臣がいた。津島氏が語る。

「池田さんは大酒飲みでしたが、巷間言われている一升瓶をコップ酒ということはなく、きちんとお猪口で飲んでいた。性格はまさに豪放磊落で決して威圧的なことはなく、楽しい雰囲気でした。

 放言については、我々と話しているときも、結構ズバズバ言いたいことを言っていた記憶があります。真面目に本音で政治に取り組んでいるからこそ、公式の場でも本心を口にしてしまったんだと思います」

 1960年に首相に就任した池田は、その年11月の総選挙で「月給を2倍にします」と訴えて大勝すると、「国民所得倍増計画」を閣議決定して高度成長へと邁進していく。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)