「ホテルでテレワーク」評論家直伝の仕事がはかどる部屋5選

「ホテルでテレワーク」評論家直伝の仕事がはかどる部屋5選

テレワーク向けプランを格安で打ち出すホテルが増えている

 コロナ禍に苦しむホテルの生き残り策として「テレワークプラン」を打ち出す施設が増えたが、中にはまったくデスクワークに適さないホテルもある。そこで、ホテル評論家の瀧澤信秋氏に、テレワークに適したホテルの見分け方と、ここなら仕事もはかどるというお勧めホテルを挙げてもらった。

 * * *
 テレワークという言葉を初めて知ったのは、確か20年ほど前だったと記憶している。日本テレワーク学会という組織があり、役員の方と知り合いになったことからだった。当時インターネットといえばADSL回線の速さに驚いていたころだ。それまではダイヤルアップ接続で、光回線が一般的となったいま思えば隔世の感である。

 当時の学会で参加したテーマは「リゾート地で働く」という内容だった。東京のオフィスと行き来する高速交通網や高速回線が前提となる先取的な話題だったと記憶している。

 最近、ワーク(労働)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語“ワーケーション”という概念がホテル業界で広まっているが、リゾート地で休暇を取りながら働くという点では共通点も多い。テレワークは快適な場所で仕事をすることで、ひいては人生を豊かにする大きなテーマがあると理解をした。

 そんな“テレワーク”という言葉との出合いから20年、まさか新型コロナの感染拡大に関連して再び耳にすることになろうとは想像すらしていなかった。多くの人々が出勤し集って仕事をする場所だったオフィスが、ソーシャルディスタンスの言葉が定着するのと同じくして、オフィスへ出勤しての仕事が忌避される事態となった。

 もちろん、現場でなくては成立しない仕事に従事されている方には困難であるが、可能な限り離れた場所で仕事をするテレワークの特性が、コロナ禍におけるワークスタイルとして一躍脚光を浴びた形となったわけだ。

 一方で、出勤して仕事をしていたオフィス環境をどの場所なら再現できるのかという課題も露見した。もちろん自宅を選択するのが基本となるだろうが、プライベートスペースを提供する点から「ホテル」という選択も広く認知されることになった。そこにはコロナ禍による宿泊業の壊滅的ダメージから一転、活路を見いだそうとするホテル側の積極的な情報拡散も大きく影響している。

狭いデスクスペースに背もたれのないイスも

 筆者はホテル評論家としてフリーランスで日々執筆作業をするのが仕事であるが、テレワーク、コロナ禍に関係なく、以前からホテルの客室でデスクワークをするのが日常だ。ゆえに、客室のデスクワーク環境は個人的にかなり気遣ってきたテーマであり、当然お気に入りのホテルや客室もある。

 今般、コロナ禍に対応した様々なホテルのテレワークプランを改めて吟味してみたところ、「このホテルで集中したデスクワークが可能なのか?」と疑問を持たざるを得ないホテルもあった。

 テレワークといってもその形態は人それぞれであろうが、ホテルの客室でのマストアイテムはデスク&チェア、そして高速回線だろう。もちろん、ラグジュアリーやデラックスと称されるホテルでは、すべて整っていて満足度も高いが、高額な料金をみると現実的ではない。一般的なテレワーク向けといえば、エコノミーなビジネスホテル、ミドルクラスのホテルあたりまでが対象となるだろうか。

 ところが、そうしたホテルの中で直近に出向いたホテルでも、時間帯によってネットが繋がりにくいケースや、ノートパソコンで占領されるような申し訳程度のデスクスペース、簡易的で背もたれのないスツールしかないホテルもあった。

 そもそもソファセットはあるものの、デスクワークの想定されていないホテル(都市型・リゾートに限らずファミリー向けタイプに多い)までも「充実のテレワークプラン!」と大々的に謳っているケースを散見する。背に腹は代えられないホテルの努力も理解できるが、お金を支払う利用者としては有意義なワークタイムを過ごせなければ利用する価値はない。

 テレワークに適したホテルの条件としては、ある程度の広さがあるデスクは必須であろう(天板の材質も気になるところだ)。また、長時間座っていても疲労の少ないチェアはなかなかハードルが高いが、ホテル・客室によっては気遣いのみられるケースもある。知られたチェーンとしては「リッチモンドホテル」などがこのあたりの評判は高い。

 さらにネット完備はいまやホテルの必須条件である。とはいえ、ネットが繋がればいいというものでもなく、オンライン会議等も考慮すると一定の速度確保が必要であろう。オフィスや自宅のつもりでホテル客室にてオンライン会議をして、回線がプツリプツリ途切れ面を食らったという話も聞く。

 このようなデスクの広さやチェアのクオリティ、ネット回線に加え、実際にテレワークステイをしてみると食事(特にテイクアウト)環境、眺望や空調、コピーや機やプリンターなどの付帯設備といった点も人によってはポイントになるかもしれない。

充実したテレワークステイが叶うホテル

 以下、筆者が体験した中で、充実したテレワークステイが叶った5タイプのホテルを紹介する。東京とその近郊というランダムなセレクトになってしまうことをお許しいただきたい。

【立川ワシントンホテル(東京都立川市)】
大きなデスクとデスクワーク向きビジネスチェア、大きなデスクスタンドも完備している客室があり、まさにテレワーク向きだ。

【新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)】
「スカイビューダブル」タイプの部屋をセレクトしたい。L字型デスク、チェアはアーム上下大幅可動というまさにテレワークタイプ。

【ホテルシンシア東京蒲田(東京都大田区)】
客室の奥にバス・トイレのスペースのある客室があり、視線が窓に面しない分、ある意味でデスクワークに集中できそう。

【グランパークホテル ザ・ルクソー南柏(千葉県柏市)】
防音対策にはじまり、デスクスペースや座り心地の良いチェアも秀逸。ジムや大浴場は気分転換にももってこい。

 最後に地方であるが充実テレワーク向けという理想的な客室のあるビジネスホテルを紹介しよう。

【ホテルフォルツァ大分(大分県大分市)】
ホテルに1室のみある“くつろぎ”タイプは、アーロンチェアにプリンター複合機、テーブルオーディオシステムにキングサイズベッド、多機能マッサージソファなど至れり尽くせりのテレワーク客室である。

 テレワークとは、豊かな人生を送るためのワークライフバランスの一概念。コロナショックで改めて注目されることはある意味残念であるが、新しい仕事環境と生活様式の何かを変えるきっかけとしてホテルのテレワークプランを利用してみるのはいいだろう。

●撮影/瀧澤信秋

関連記事(外部サイト)