原爆きのこ雲はオレンジ色だった? AIなどを元に写真で再現

原爆きのこ雲はオレンジ色だった? AIなどを元に写真で再現

原爆きのこ雲 AIでカラーに

原爆きのこ雲はオレンジ色だった? AIなどを元に写真で再現

カラー化されたきのこ雲。1945年8月6日、広島市へ原子爆弾投下。元写真は呉市の吉浦町(現・若葉町)にあった海軍工廠砲煩実験部にて、尾木正己が撮影

 1945年8月6日に呉市の海軍工廠砲煩実験部で撮影された「きのこ雲」。歴史資料としてこれまで私たちが目にしてきた原子雲の姿は白黒で色彩を失っていたが、この写真ではもくもくと吹き上がる巨大な原子雲がところどころ生々しくオレンジ色に染まり、広島市の爆心地付近は熱線で4000度近くにも達したというすさまじい威力を物語る。75年前に世界で初めて核兵器が実戦で投下されたこの日、広島の人々の目に映ったきのこ雲はこんな姿をしていたのだろう――。

 この写真は東京大学学生の庭田杏珠さんと、同大大学院情報学環の渡邉英徳教授が共同で進める「記憶の解凍」プロジェクトの一環として、元はモノクロだった写真をAI(人工知能)技術などを用いて色付けしたもの。渡邉教授いわく、AIは人肌や空、海、山など自然物のカラー化を得意とするという。その一方で、衣服や乗り物などの人工物のカラー化は苦手で、仕上がりに不自然さが残ってしまうのだとか。

 そのためAIでの自動色付けはあくまで下色付けとし、戦争体験者との対話やSNSで寄せられたコメント、資料などをもとにした時代考証を踏まえて、自動色付けされた写真の色を手作業で補正していく。とても手間のかかる地道な作業で、完成までに数か月を要する写真もあるという。

 呉市で撮影されたきのこ雲の写真も同様の手法で色が補正された。

「きのこ雲を雲と認識してAIは当初、白く着色したんです。ところが白いきのこ雲をTwitterで公開したところ、戦時下の呉で生きるヒロインの姿を描いた映画『この世界の片隅に』の片淵須直監督から、きのこ雲はオレンジ色だったことなどのご指摘をいただいたんです。そのお話をもとに資料なども参考にしながら、慎重に色合いを補正していきました。今年の原爆の日前にも、色合いについて監督とやり取りしました。今後も補正を続けていきます」(渡邉教授)

 このプロジェクトがスタートしたのは2017年。渡邉教授が取り組む「ヒロシマ・アーカイブ」の証言収録など平和活動に積極的に取り組んでいた庭田さんと出会い、自動カラー化の技術を教えたことがきっかけだった。広島で生まれ育ち、平和学習に触れてきたという庭田さん。幼い頃は戦争がもたらした悲惨な光景を受け止めきれず、どこか遠い異世界で起きた出来事のように感じていたと明かす。

「ところが小学5年生の時、現在の平和公園の様子と原爆投下前の様子を見比べられる資料を目にして衝撃を覚えたんです。公園がある場所にはかつて中島地区という繁華街があって人々の暮らしがあったのに、戦禍でその日常が一瞬にして奪われてしまった。当時の写真を見たことで戦争を自分として想像することができました。そして広島に生まれた者として被爆者の思いを受け継ぎ、伝えていきたいと考えるようになったんです。

 高校1年生の夏にはドキュメンタリー番組で紹介されていた、かつて中島地区に生家のあったM井コ三さんと出会いました。そして戦前に撮影されたご家族とのしあわせな日常を写した白黒写真を見せていただくことができました。奇しくもそのタイミングで渡邉先生からカラー化した写真を見せていただくと、過去の人々がまるで今この時代を生きているかのように感じられました。どうか被爆者の方々にも『亡くなられたご家族をいつも近くに感じて欲しい』と願って、戦前・戦中のモノクロ写真をカラー化する活動を始めたのです」(庭田さん)

 カラー化した写真をもとに対話することで、様々な“奇跡”が生まれてきたという。

「M井さんはカラー化された家族写真を見ながら『家族がまだ生きているようだ』と話され、当時を振り返るうちにモノクロ写真では思い出すことのなかった家族の記憶が呼び起こされました。

 また、認知症を患い、写真を見てもご自身が写っているかどうかわからない様子だった中島地区の元住民のかたはカラー化した写真を見て微笑み、その後、写真が撮られた際の想い出を活きいきと克明に語り始めました。その様子にはご家族も驚き、とても喜んでくださいました。お話をする中で、私が花や葉の形からシロツメクサだと思って白くしていた花が、実はたんぽぽだったことも教えていただき、その『記憶の色』をもとにひとつひとつの花を黄色く補正し直しました」(庭田さん)

 カラー化写真を目にすることで、それまで被爆者の記憶の中で止まっていた“時”が再び動き始める。庭田さんはそうした瞬間に幾度も立ち会ってきた。

 モノクロ写真には現代と引き離された「過去」としての印象が強いが、同じ写真が色彩を帯びることで命を吹き返し、写る人々の息遣いやその場の温度までもが感じられる。だからこそ戦争が現代と地続きに感じられて、今を生きる私たちにも自分ごととして想像しやすくなる。

 戦争体験者の想いや記憶の新しい伝え方として、このプロジェクトは「記憶の解凍」と名付けられた。これまでカラー化された写真は展覧会やスマートフォンアプリ、国際会議やメディアなどを通して多方面に発信され、『AIとカラー化した写真でよみがえる 戦前・戦争』(光文社新書)として先月書籍化もされた。

「私たちの平和な日常が疫病によって突然奪われてしまった今の状況と重ね合わせることで、戦争は遠い過去のできごとではなく、私たちの生活にも十分起こりうるものだと実感できるのではないかと思います。私たちひとりひとりが原爆や戦争、平和について考え、感じたことが共感となって社会へ拡がり、未来に受け継がれていくことが願いです」

その橋渡しとして「記憶の解凍」プロジェクトが貢献できたらという想いで活動している、と庭田さんは語った。

関連記事(外部サイト)