自転車シフトが追い風 部品メーカー「シマノ」快走の軌跡

自転車シフトが追い風 部品メーカー「シマノ」快走の軌跡

シマノの自転車部品(同社HPより)

 コロナ自粛の運動不足解消や「密」を避ける移動手段として注目を浴びる自転車。そんな中、世界に誇る自転車部品メーカーであるシマノの業績が堅調だ。“自転車業界のインテル”との異名をもつシマノとはどんな企業なのか。ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。

 * * *
 フランスで開催される世界最大の自動車ロードレース、ツール・ド・フランス。新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっていたが、8月29日から9月20日の日程で開催されることになった。ニースからパリまで総距離3470km。30の山岳コースの難関がある。

 ツール・ド・フランスの走りを支えているのは、日本の自転車部品メーカーのシマノだ。変速機やブレーキといった構成部品のコンポーネントが、ロードパイクの走りを決めるからだ。シマノの最高峰コンポーネント「デュラエース」は、ツール・ド・フランスで高い使用率を誇る。2019年、ツールドに出場した22チーム中、16チームが採用。シマノに“乗った”選手が16勝をあげた。

 ツール・ド・フランスの歴史を紐解くと、2005年、シマノ製部品を使用したランス・アームストロング選手が7連勝という偉業を成し遂げ(その後、同選手のドーピングが明らかになり記録抹消)、シマノの評価は欧州で不動のものとなった。その他、昨今の大規模なレースでは、シマノを選ぶ選手がじつに8割を占める。

スポーツ自転車向け部品で85%の世界シェア

 シマノは自転車メーカーと誤解されることがあるが、完成車は扱っていない。世界中の自転車メーカーにブレーキ、ギア、変速機などを提供している、世界最大の自転車部品メーカーなのである。部品を個々に開発するのではなく、ブレーキから変速機まで1つのシステムとして作り上げてしまうところがシマノの特徴だ。

 自転車レースの本場、欧州市場を中心とするレーシング部品では、永らくイタリアのカンパニョーロがトップとして君臨してきた。一方、シマノはブレーキレバーと一体型の変速装置を独自に開発。手元でより速く、確実にギア変速ができるように工夫した。

 コンマ0.1秒を争うレースでは、速くて確実な操作が勝負を分ける。1990年代に入り、欧州のプロレースの上位に食い込むチームの大半がシマノのシステムを採用し始めたことから、シマノは世界的なブランドとして認知されるようになった。

 スポーツ自転車向け部品でシマノは現在、85%の世界シェアを握る。変速機付き自転車でも約7割で、競合メーカーの伊カンパニョーロ、米スラムを大きく引き離している。カンパニョーロは変速ギアの他にホイールなども手掛ける高級自転車部品メーカー。スラムは未舗装道路でも走行できるマウンテンバイク用自転車部品メーカーとして名をあげ、その後、ロードバイク用部品に参入してきた企業だ。

 シマノのシェアが高いのはレースの世界だけではない。自転車文化が根付いている欧州では、いわゆる“ママチャリ”と呼ばれる軽快車でも、変速機付きの車種であれば、ほぼシマノ製品が独占している。

 シマノは「自転車業界のインテル」の異名を持つ。パソコンの頭脳にあたるCPU(中央演算処理装置)の多くが、世界的半導体メーカーの米インテル製であるように、自転車の中枢神経の部品の多くはシマノ製であることから、こう呼ばれる。ただ、「シマノ入ってる」というテレビCMはない。

需要取り込む世界の「自転車シフト」

 部品メーカーであるがゆえに目立つ存在ではなかったが、シマノは知る人ぞ知る世界的な高収益企業なのである。

 株式市場の評価は、とみに高まっている。新型コロナウイルスの影響により、株価が乱高下する東京市場で、シマノの株価は8月4日、上場来最高値の2万3670円をつけた。株式時価総額は2.1兆円(8月21日終値ベース)。コロナ前である1月末の時価総額は1.6兆円で86位だったが、65位へと順位を上げた。

 時価総額では、スズキや日産自動車、SUBARU、キリンホールディングス、野村ホールディングス、三井不動産など日本を代表する大企業より大きい。特にスズキや日産といった完成車メーカーや、鉄道のJR西日本、小田急、東急を抜き去ったことは象徴的だ。「密を避けたい」という人々の行動様式の変化がシマノ躍進の背後に浮かぶ。電車よりクルマ、クルマより自転車の方が「密フリー」だからである。

 業績も堅調だ。2020年12月期の連結決算は、売上高は前期比3.6%減の3500億円、純利益は12.5%増の583億円を見込む。新型コロナの影響で、大幅減益、赤字転落する製造業が続出する中で、シマノは2期ぶりの増益。一人勝ちの様相をみせる。新型コロナの影響による自転車部品の販売の減少は4月までで収まり、これ以降は通勤・通学に自転車を利用する需要の増加を見込めるようになった。

 現在、売上高の88.8%は海外だ(2019年12月期)。1972年、ドイツ・デュッセルドルフにシマノヨーロッパを設立し、EUの販売拠点に。1973年にはシンガポールに海外初の生産拠点を設けた。今や、シンガポールが海外戦略の司令塔の役割を果たしている。

 主力の欧州では、自転車専用レーンの延長、自転車の購入に対する補助金といった施策が相次ぐ。日本でもシマノの本社がある大阪・堺市が7月、通勤用の駐輪場を整備する企業に3000万円を補助する方針を打ち出した。

 シマノによると、日本で20万円、欧州では1500ユーロ前後の中価格帯の自転車が伸びているという。「新たに購入する人も多く、将来は高額商品への買い替えが期待できる」(島野容三社長)そうだ。自転車部品以外でも、全体の売り上げの2割を占める釣り具の需要が伸びている。釣りが代表的なアウトドアのレジャーだけに、「3密」回避の需要を取り込める。

 売上高営業利益率は18.1%。1ケタ台も珍しくない機械部品メーカーの中で、その収益力は群を抜いている。無借金経営で自己資本比率は91.3%。シマノは財務体質も「超」優良企業なのである。

「世界のシマノ」を築いた4代目社長の功績

 シマノの歴史は大正時代にさかのぼる。

〈1921年2月、島野庄三郎(当時26歳)は、堺市東湊(ひがしみなと)のセロロイド工場跡地12坪を月5円で借り、懇意にしていた佐野鉄工所から借りた六尺旋盤1台を元手に島野鐵工所を創業した〉(同社HPより)

 自転車のペダルを止めても車輪が回り続けるギア、フリーホイールの生産に乗り出し、1940年1月、株式会社島野鐵工所を設立。初代社長に庄三郎が就任した(1951年に島野工業に社名変更)。

 1957年には内装3段変速機の生産に着手。シマノの中核技術ともいえる冷間鍛造技術の研究を開始する。当時、日本で冷間鍛造技術をモノにしたのは、トヨタ自動車やシマノなど数社に限られる。

 1958年9月に庄三郎が逝去した後は、庄三郎の息子たちが経営を担う。尚三、敬三、喜三の「島野三兄弟」である。長男の尚三が2代目社長、次男の技術屋である敬三が開発、三男の喜三が営業を担当した。3代目社長は敬三、4代目は喜三と、兄弟が経営のバトンを引き継いだ。

 シマノが英語を公用語とするほどの世界企業となったのは、自転車の国内需要が激減する中、海外に活路を見出そうとした米国進出がきっかけだった。1965年、ニューヨークに現地法人を設立し、三男の喜三が30歳の若さで米国法人の初代社長に就任した。以来、米国在住歴は27年に及ぶ。

 だが、知名度の低さから苦難の日々が続く。そこで、発想を根本的に転換。「部品を売るために自ら需要を創り出そう」と決意し、全米の6000に及ぶ小売店を訪問した。ここで得た生のニーズを汲み取り、遊び心満載の子ども用自転車の変速レバーや、一般人向けの多段コンポーネント(部品を組み合わせたもの)を販売すると、これが大ヒット。シマノの名は全米に広がった。

 1973年のオイルショックで1年分の在庫を抱える事態になったが、1979年、喜三は後のマウンテンバイク(MTB)である改造自転車に米国の山や野原で出会う。

 喜三はMTBブームが来ると直感した。技術屋たちは泥や水に負けないMTB専用の部品作りを開始する。試行錯誤の末に完成したMTB専用部品コンポーネント「デオーレXT」は、喜三の読み通りMTBの一大ブームに波に乗り、世界中で爆発的なヒットを記録する。

 1970年には釣具事業部が発足。米国ではシェア20%のトップブランドとなり、自転車部品に次ぐ営業の2本柱に育った。シマノに商号を変更したのは1991年のことだ。

 そして1995年、喜三は4代目社長に就任。1998年、「本当の意味でのチームシマノにしたい」との思いから英語を社内の公用語にした。1970年に23億円だった海外売上高は2019年12月期には、じつに14倍の3224億円になった。

「世界のシマノ」ブランドを築いた喜三は2020年7月3日亡くなった(享年85)。

自動車部品の電子制御化に先鞭をつけた5代目社長

 2001年、島野容三が島野三兄弟から経営を引き継ぎ、5代目社長の椅子に座った。2代目社長、尚三の長男で慶應義塾大学商学部卒。島野三兄弟はシマノを世界企業に発展させることに力を注いだが、容三の代になって文字通りグローバル企業に羽ばたいた。

 いま、自転車愛好家の関心は自転車部品の電子制御に移っているが、ここでもシマノは、その先鞭をつけた。

 2009年、高級ロードレーサー向けに電子制御技術を初めて実用化した。変速装置はレバーとギアをワイヤーで結び、物理的に引っ張ってシフトチェンジする。ところが、今では手元のスイッチから電気ケーブルや無線で信号を送り、モーターで変速装置を動かす。

 永遠のライバルのイタリアのカンパニョーロは2012年に追随、2015年には米スラムが同様の製品を発売して世界の大手が電子制御技術で足並みを揃えた。

 容三は社長就任から19年経ち、社長交代の時期を迎えている。島野一族の取締役は、専務の泰三1人だけ。3代目社長敬三の息子で、高品質・高性能の部品を供給するバイシクルコンポーネンツ事業の事業部長を務める。容三の長男、豪三は同事業の企画部長。容三は豪三を取締役に昇格させ、後継者に据えるものと見られている。

 いまやグローバル企業となり、外国人の株主比率も42.34%(2019年12月期)と高いシマノは、どこまで同族・世襲経営を続けるのか。トップ人事も今後の見どころの一つだ。

 新型コロナの「3密回避」需要の追い風が吹いたが、不安材料もある。シマノが開く自転車レースや釣り大会がコロナの影響で軒並み中止になり、シマノブランドのファン層を拡大する機会が減っていることだ。国内では三重県鈴鹿市と長野県富士見町で自転車関連のイベントを主催してきたが、今年は7月までに両方とも中止を決めた。

 こうしたイベントは今後の市場動向を占う場にもなっていただけに、その影響が懸念されるところだ。

(敬称略)

関連記事(外部サイト)