女性皇族、コロナを気にせず何度も地方に 誰も止められず

彬子さま、コロナ禍も地方へ出向き熱心にNPO活動 感染リスク懸念も誰も止められず?

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの感染拡大により、美智子さまは徹底的に外出自粛をされているそう
  • そんな状況下でも、故・寛仁親王の長女・彬子さまは地方に出かけ、活動しているという
  • 皇室関係者は「止められる人はいないのではないでしょうか」と語っている

女性皇族、コロナを気にせず何度も地方に 誰も止められず

女性皇族、コロナを気にせず何度も地方に 誰も止められず

NPO法人「心游舎」のご活動に出向かれている彬子さま(写真は「心游舎」のHPより)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、皇族方にも大きな影響を与え、多くの公務が中止となっている。そして、この自粛生活は上皇后美智子さま(85才)にも大きな影響があった。

「美智子さまは徹底的に外出自粛をされているようです。仙洞仮御所(東京・港区)に引っ越された直後の4月、一度だけ宮内庁病院を受診されたそうですが、それ以降は一歩も外に出られていない、まさに厳戒態勢です。ご高齢ということもありますから、人一倍コロナに過敏になられていると聞いています」(宮内庁関係者)

 美智子さまは、敷地内のお庭を散歩される以外の外出はされず、部屋の中でお過ごしだという。どうしても連絡の必要な上皇職以外とは接触を控える徹底ぶりだそうだ。

「お引っ越し前には定期的に会われていた娘の黒田清子さんにも会われていないと聞いています。家族とも会えないこもりきりの生活で、ストレスがたまっておられるのではないでしょうか」(皇室記者)

 国民との直接のふれあいを大切にされてきた天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下にとって、おつらい日々が続く。しかし、そうしたお姿とは対照的に、この状況下でも足繁く地方に通われ、熱心に活動されている女性皇族がいるという。故・寛仁親王の長女の彬子さま(38才)だ。

 ある皇室ジャーナリストは、声を潜めて次のように言う。

「彬子さまはNPOのご活動のため、不要不急の移動の自粛が訴えられている間にも、何度も地方に出かけられています。もちろん、ご活動自体は素晴らしいことなのですが…。ほかの皇族方が自粛されている中でたびたび出かけられることを、疑問視する声もあるようです」

止められる人は誰もいない

 彬子さまはNPO法人「心游舎(しんゆうしゃ)」でのご活動に非常に熱心だ。ご自身が総裁を務められるこの団体は、「日本の伝統文化が生き続ける土壌を形成する」ことを目指し、2012年に立ち上げられた。彬子さまは7月、団体が行う米作り活動の一環である「草取り」と「紅花摘み」に参加するため、数回にわたって新潟県と三重県へ出かけられた。「心游舎」ホームページには彬子さまと現地の人々の記念写真も掲載されている。

「彬子さまは現在、赤坂御用地(東京・港区)にある宮邸にはほとんどおられず、京都にお住まいだと聞きます。現地へは、そこから通われたのかもしれません。ですが、祭祀などがあれば都内に戻られることもあるでしょう。そのとき、両陛下やほかの皇族方と接触される可能性もあります」(別の皇室記者)

 多くの皇族方が外出を控えられるのは、ご自身たちの感染リスクを抑えることだけが理由ではない。

「皇族方が外出されれば、ひとめ見ようと出迎えの人が集まったり、警備のために人が集まるなど、どうしても“密”になるリスクが生まれます。天皇皇后両陛下が出席される予定だった地方行事が中止となったのは、そうしたリスクへの配慮もあったでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 私的な訪問だとしても、皇族方の地方訪問には一定数の警備が動く。皇宮警察はもちろん、地元の県警が対応にあたることもある。皇族というお立場上、おひとりで行動することはできず、常に感染のリスクを伴うことになるのだ。

 皇族方の護衛を担う皇宮警察の護衛官が、4月と7月に1人ずつコロナに感染した。そうしたこともあって、皇族方はそれぞれが外出を極力控えられるなど、慎重に日々を過ごされている。

「彬子さまはご活動にたいへん熱心で、運営方針などについて積極的に発言されます。その鋭いご発言を受けて、計画が根底から練り直しになることもあるそうです。ご指摘を的確に実行に移せるよう、運営にかかわる周囲はかなり緊張感を持っていると聞きます。もし、彬子さまが“私も地方に行って活動したい”とおっしゃったのであれば、止められる人はいないのではないでしょうか」(皇室関係者)

 彬子さまを、傍で見守るはずの母・信子さま(65才)も東京を出られていたという。

「信子さまはこの夏、ご静養のため、おひとりで長野県の軽井沢に行かれたそうです。かつて療養生活を送られたという別荘がありますから、そこでお過ごしではないでしょうか」(前出・別の皇室記者)

“おひとりでの静養”とはいっても、傍には必ず県警などの警備が付き、感染のリスクは避けられないだろう。

 両陛下は夏になると、ご家族で栃木県の那須御用邸を訪れ、静養されるのが恒例だった。しかし、今夏は見合わせられた。「出迎えの人や警備の人の感染リスクを考慮された」(前出・宮内庁関係者)という。上皇上皇后両陛下にも秋篠宮ご夫妻にも、夏の静養のご予定はないようだ。

 今年の夏は、いつもの夏と違う。そう判断し、雅子さま(56才)は愛子さま(18才)とともに“おこもり生活”を選ばれた。その一方で、コロナを「無視」したともいえる母娘のお振る舞いに、あ然とされていてもおかしくないのではないだろうか。

※女性セブン2020年9月3日号

関連記事(外部サイト)