「メンタル死亡保険」アンダーコロナを乗り切る生き方の工夫

「メンタル死亡保険」アンダーコロナを乗り切る生き方の工夫

マスク姿で銀座を歩く人々(時事通信フォト)

 どことなく息苦しさを覚えるのはマスクのせいだけではないはずだ。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。

 * * *
 SNSの世界、特に最近のツイッター界は何かとギスギスしていて、すぐに荒れる。ついこないだも、「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグがトレンドワード入りし、罵倒合戦のような状態になっていた。すでに騒動の経緯を整理した記事などが出ているので、詳細は省くが、どういった騒ぎになっていたかざっとさらっておこう。

 要は、国際政治学者の三浦瑠麗氏が、「Amazonプライムビデオ」のCMに出演していて、それが思想的に偏った人物を起用するなんてとんでもないことだとされ、プライムビデオを契約している人は今こそ解約しよう、という「運動」が8月17日から起きたのである。

 三浦氏は、過去に、北朝鮮のテロリストが日本の大都市に潜入している可能性があるとか、戦争を起こさないためにはお年寄りや女性も含めた徴兵制を導入すべきだとかといった発言や自論を展開している。そうしたことから彼女を「危険なウヨク」と見なしていた人々が、彼女を使ったアマゾンに対して不買運動のようなことをいきなり始めたわけだ。そのうちの多くが三浦氏に罵倒の言葉を投げつけながら……。

 それに対して、この「運動」を批判する側の声も一気に大きくなった。アマゾンプライムをやめた、という人々の中には、三浦氏云々と関係なく「いい機会だから不要な定額制サービスを整理してみた」といった断捨離派もけっこう混じっていたように見えたのだけれど、「運動」批判派たちは、これを「サヨクの蛮行」と全面否定。そして、左翼やリベラルが、どれほどヒステリックな連中であるかなど、これまた思いつく限りの罵詈雑言を浴びせかけていた。

 私としては、ハッシュタグを使った負の感情の連鎖を促すような「運動」のやり方はいかがなものかと思うと同時に、上記のような対立図式でまたぞろギスギスしていくことは本当に不毛だ、という感想だ。

「運動」の「成果」かどうかは不明だが、問題のCM動画は19日までにYouTubeで閲覧できなくなってしまった。単に、契約期間が終了したからかもしれないが、もし騒動のせいでAmazonが手を引いたのなら、言論の自由を集団によるクレームが抑圧する悪しき前例がひとつ増えたといえよう。

 今回はたまたま「サヨク」の側が起こしたクレームの「運動」だったが、こんどは「ウヨク」側が同じような動きを見せる可能性だって大いにある。たとえば、有名人のリベラルな政治的発言を「売国奴め!」と問題視し、ハッシュタグを使ってその有名人が出ているテレビ番組のスポンサーを攻撃するなどといったことは、すでに以前、嫌韓運動で似たような騒ぎになったような……。

 軽く時事ネタに触れるところから書いてみるつもりが長くなってしまったが、なんにせよ、こういう不毛でギスギスとした争いごとを目にすると、こっちの精神状態も悪化する。ああ、またいかれたノイジーマイノリティたちが騒いでいるね、と軽く受け流すつもりでも、いつしかメンタル的にマイナスなものが蓄積してしまう。

 それでなくても、アンダーコロナで鬱々となりがちな日々なのだ。人とリアルで会うことが激減し、そのぶんネット端末に向かう時間が増え、そのネット社会の中で要らぬ負の感情を見せつけられる。ならば、ご機嫌な動画鑑賞などで溜まっているものを晴らそうとすれば、こんどは没入しすぎて、昼夜逆転。生活リズムを崩し、余計に不健康なことになってしまう。そこまでダメダメなのは私の自業自得だが、巷では「コロナうつ」になっている人も増えていると聞く。

 そう、今回のコラムでは、アンダーコロナ世界におけるメンタルヘルス問題について書きたいのだ。

 日経新聞によると、〈4〜5月に精神保健福祉センターへ寄せられた新型コロナに関する心の健康相談が急増。40〜50代の相談が多く、「眠れない」「不安で心がおかしくなりそう」「外出自粛でストレスがたまる」といった内容が目立った〉とのこと。この8月中に厚生労働省が、コロナ流行による外出自粛や休業要請によって、うつ症状など精神面での不調を訴える人がどのくらいいたのかを把握するため、初のメンタルヘルス全国調査を実施するそうだ。その結果はどう出るか。

 第一波の4〜5月頃の緊張感をともなったストレスも相当なものだったが、第二波の渦中にある現在の我々は、これから先の見通しがますます難しくなっていること、経済的打撃がいよいよ本格的にリアルなものとなってきたことなどに、より強く深いダメージを受けている。

 そもそものコロナ感染に対する恐怖と不安。在宅勤務がまだ続いている人は、家族としか接しない生活がやっぱり息苦しい。逆に、在宅勤務に馴染んだのに、会社のよくわからない判断で急に出社を強要され、不満を募らせる。医療従事者、介護福祉士、スーパーの店員などなどのエッセンシャルワーカーは、それこそ感染症対策に忙殺され、疲労困憊。飲食を始めとした自営業者の多くは、明らかな減収と打開策が見つからない仕事のことでストレス膨大……。

 人によって、その有り様は千差万別だが、精神的にかなりきている人はかなり多いはずだ。最近のツイッター界が何かとギスギスしているのも、コロナによるストレスで、イライラを抑えきれない人が増えているからではないか、という気にもなる。

 そんな中、ひとつのナイスアイデアというか、気持ちが前向きになれるツイートを発見したので紹介しておきたい。ちょうど「#Amazonプライム解約運動」が騒ぎとなった8月17日、それとはまったく関係なく、以下のツイートがバズっていた。

〈たまにメンタルが死んじゃうと大変なことになるのでメンタル死亡保険という概念を導入して毎月積み立てしてメンタル死亡時に5万の保険金がおりるという制度を勝手にやってんだけどすごくいい 先日死亡したので美容院とマッサージ屋に行った後1人で1万のいい肉食いにいったら無事生き返った〉

「あめこチャン」と名乗る、ごくありふれた小規模アカウントによるつぶやきなのだけれど、本稿執筆現在、リツイート数8.9万、いいね数30.2万と大拡散したのだ。

 メンタル死亡保険は、「自分へのご褒美」に似ているようでちょっと違う。良く頑張った自分を自分で労わるのではなく、頑張ったかどうかは別に、とにかく日々の生活にへとへとになった自分を自分で労わるのだ。そして、それを〈毎月積み立てしてメンタル死亡時に5万の保険金がおりるという制度〉として仕組み化する。

「あめこチャン」は明かしていないが、毎月の積み立て金は1万円くらいだろうか。だとしたら、半年で6万円が貯まるので、年に2回はメンタル死亡しても復活できる。その安心感は大きい。

 また、もし1年間、一度も死なないでやってこれたら12万円が貯まる。そうなったら、良く乗り切りました保険金がおりることにして、小旅行などを楽しむ手もある。それを楽しみに、日々やっていこう、というイメージもわく。

 このツイートがこんなにバズるということは、裏返せば、それだけ大勢がぎりぎりのメンタルで生きているということだ。今年の前半に大注目を浴び、大炎上もした『100日後に死ぬワニ』の著者、きくちゆうき氏も〈おれもメンタル死亡保険加入しよ〉とツイートしていた。きっと精神的に大変だったのだろう。

 本当にしんどくて、不眠が続く、集中力がなくなった、食欲や性欲もない、という段階に来たら、なにはともあれ精神科か心療内科にすぐ行けだが、その手前の辛さはこうした自分なりの生き方の工夫で乗り切ればいい。美容院とマッサージといい肉食って、アンダーコロナで苦しむ自営業者たちの支えにも自然となればいい。

関連記事(外部サイト)