パワハラ認定の男女格差、豊田真由子氏が男性だったら…

パワハラ認定の男女格差、豊田真由子氏が男性だったら…

衝撃的なパワハラ騒動で“追放”された豊田真由子氏

 JRや大手私鉄など全国の36社局が発表した「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について」(2019年度)のレポートでは、駅員などの鉄道係員に暴力行為を働いた人は、60代以上が20.7%といちばん多い。

 2位は50代、3位は40代(20代と同率)で、全体の約6割を40代以上の中高年が占めている。精神科医の片田珠美さんは、こう分析する。

「日本は長らく年功序列社会で、多くの中高年が“年長者には絶対に従うべきだ”という価値観のもと、年長者から理不尽なことをされたり言われたりしてきました。自分がされてきて嫌ならば、他人にやらなければいいのですが、どうしても繰り返してしまう人が少なくない。これを精神分析では『攻撃者との同一視』といいます。こうした負の連鎖がある限り、組織内でのパワハラも、家庭内での虐待もなくならない」

 なかでも、社会的な成功を収めた人は、この傾向が強いという。

「自分は成功した」「自分は特別だ」という特権意識が、ほかの人には許されないことでも自分だけは許される、と勘違いさせ、「なんとしてでも自分の言うことを聞かせたい」という支配欲求さえ引き起こしてしまう。

 五輪担当相の橋本聖子氏(55才)は、2014年2月のソチ五輪で団長を務めた際、五輪閉幕後の打ち上げで、フィギュアスケート選手の高橋大輔に抱きつき、無理矢理キスをしたと報じられている。

 2018年には、財務官僚のトップである事務次官が、女性記者を呼び出してセクハラを働き更迭。どちらも明らかに、特権意識と支配欲求が、一線を越えさせてしまった例だ。

 加齢によるホルモンの減少と脳機能の低下といった、肉体的な影響。職場や家庭内で築き上げたポジションに対する満足感。こうした要因がある以上、誰もがパワハラや虐待の「加害者予備軍」なのである。

 しかし、もし実際に事が起こってしまったとき、社会から叩かれるのは女性だけだ。横浜国立大学教授で社会学者の江原由美子さんが言う。

「女性だというだけで、同じことをしでかしても、世間からのバッシングは男性よりも強い。(『このハゲー!』で知られる)豊田真由子元議員のパワハラの一件も、元秘書にひどいことをしたということは事実ですが、もし、これが男性議員だったら、あれほどの大ごとになったでしょうか。

 男性が男性を罵ったところで、“一時的に感情的になってしまった”などと、謝罪程度で済んだかもしれません。あそこまで人格を否定され、自民党を離党せざるを得ないところまで追い込まれたのは、女性であることがマイナスに作用した結果でしょう」

 ただ女性であるだけで、一度怒りを爆発させてしまえば、仕事も立場も一気に失いかねないのだ。

 武蔵大学教授で社会学者の千田有紀さんは、「日本では、男女の権力差、性差別があまりにもひどい」と話す。

 2018年、『M-1グランプリ』に出場した吉本興業所属の若手芸人が、インスタグラムのライブ配信で上沼恵美子(65才)を批判したことは記憶に新しい。

「酔ってるから言いますけど、(M-1の審査員を)そろそろもう辞めてください。自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「右のおばはんや、右のおばはんにみんなうんざりっすよ」「更年期障害かと思いますよね」などと、暴言を連発した。

「お酒に酔った状態で出た暴言でしたが、彼らはたとえば、同じような暴言を島田紳助さんや松本人志さんに対しても言えるでしょうか? 上沼さんが女性だからこそ、酔った勢いで口にできたのだと思います」(千田さん・以下同)

 その証拠に、「自分の感情だけで」「おばはん」「更年期障害」と、中高年の女性に対する差別的な表現のオンパレードだった。

「この件に関しては、明らかに若手芸人の方が感情的になりすぎています。でも、“男性だから感情的になった”とは言われず、芸能界の重鎮に暴言を吐いたことだけが問題視されていました。仮にこの若手芸人が女性だったら、間違いなく“女性特有のヒステリーだ”“女の戦いだ”などという叩かれ方をしていたのだと思います」

 当の上沼は、若手芸人の謝罪の申し出を一蹴したうえで、「がんばって日本一の漫才師になってほしいと思います」とエールを送るなど、“オトナの対応”を見せた。

 そんな上沼だったが、その1年半後にキングコングの梶原雄太(40才)への公開パワハラが報じられたうえで、長年続いた冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)が終了となったのは、皮肉な話だ。

※女性セブン2020年9月3日号

関連記事(外部サイト)