コロナ感染者の家族を隔離する、自宅内「陰圧室」の作り方

コロナ感染者の家族を隔離する、自宅内「陰圧室」の作り方

コロナウイルスから身を守る具体的な手筈は(写真/AFLO)

 感染拡大の歯止めが効かない新型コロナウイルス。現在は、家庭内感染が増加しており、おうち生活においても、充分な感染対策が必要となっている。

 感染防止において、重要なのが換気だ。家庭内でも、換気に最大限の注意を払いたい。坂根Mクリニック院長の坂根みち子さんは、こう話す。

「家庭内感染を防ぐには、空気の流れをよくすることが大切です。今年の夏は猛暑のためエアコンをつけっぱなしにしたままでも、室内の窓を2か所ほど開放すれば、部屋全体の空気が常に入れ換わって感染リスクが下がります」

 もしも、家族の中に新型コロナウイルスの感染者がいて、自宅療養となっている場合はさらなる警戒が必要だ。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんがアドバイスする。

「可能であれば、別室に隔離することが望ましい。自宅療養者は食事を完全に別にして、お風呂は最後に入り、ゴミ袋もほかの家族と分ける。衣類の洗濯も個別に行い、洗濯をする人はマスクと手袋に加えてゴーグルを着用します。ドアノブや手すり、便座、リモコンなど自宅療養者が触ったものは必ずアルコールで清掃しましょう」

 自宅を改装して「隔離部屋」を作るとさらに効果的だ。

 隔離部屋の作成法を公表した、日本建築学会作業部会の山本佳嗣さん(東京工芸大学准教授)が解説する(別掲画像を参照)。

「部屋に面した廊下に二重のビニールカーテンを設置して、隔離部屋とその他の部分を遮断し、養生テープやテープ型磁石などで壁とビニールのすき間を完全にふさぎます。そのうえでトイレの換気扇などを利用して室内の空気を外に排出すると室内の気圧が低くなります。そうなると部屋の空気が外に出ず、『陰圧室』と似た状態になり、ウイルスを室内に閉じ込める効果が期待できます」

 家庭内感染を防ぐために何より大切なことは、一家が一丸となって迫り来る敵に立ち向かうことだ。日本の危機を救うのは、家族の団結にほかならない。

イラスト/黒木督之

※女性セブン2020年9月3日号

関連記事(外部サイト)