上沼恵美子のパワハラと日本のジェンダーギャップ121位の関係

上沼恵美子のパワハラと日本のジェンダーギャップ121位の関係

パワハラ疑惑で『快傑えみちゃんねる』は打ち切りとなった

 世界経済フォーラム(WEF)は、毎年、男女の違いによって生じる政治への参画度や経済状況、教育水準などの格差を表す「ジェンダー・ギャップ指数」を発表している。2020年の報告では、日本は153か国中121位で、先進国の中では最低ランクだ。

 ただでさえ女性が“弱者”として扱われる日本社会で、年齢を重ねた女性はさらに生きにくくなる。横浜国立大学教授で社会学者の江原由美子さんが言う。

「日本社会は、若くて楚々とした女性を理想としています。若さと美しさがなくなったら、今度は、なんでも受け入れる“母”のような存在になることを押しつけられる。男性に歯向かい、自分の意見を主張し、理想から離れた存在になると“オバさん”呼ばわりされ、怖がられ、時には笑い者にさえされるのです」

 年を重ねれば、若さと同時に美しさも必ず失っていく。すると、若く美しい女性に対する嫉妬や羨望が芽生える。精神科医の片田珠美さんは、こう話す。

「“もう若くないから”と、卑屈になることも少なくない。さらに、若いだけ、美しいだけの女性をもてはやす世の中や、年を取った女性を軽視する風潮に対する怒りも根底にあるでしょう」

 8月11日、香港の国家安全維持法に違反したとして逮捕されていた民主活動家の周庭さん(アグネス・チョウ、23才)が保釈され、日本国内で注目されている。流ちょうな日本語を話し、日本好きを公言しているが、人気の理由は別にあるかもしれない。

「日本のメディアでは、“民主の女神”“香港デモのジャンヌ・ダルク”などというもてはやされ方をしています。日本人は、彼女が若くて美しいことにばかり注目している。彼女が年齢を重ねてからも運動を続けていたら、日本ではいずれ“女帝”“女権力者”といった扱いになってしまうでしょう」(江原さん)

 日本の芸能界には“西の女帝”と呼ばれる存在が君臨している。上沼恵美子(65才)だ。『NHK紅白歌合戦』では1994、1995年と2年連続で司会を務め、2019年にはゲスト審査員としても出演、『M−1グランプリ』の審査員でも存在感を発揮する重鎮だ。

 しかし、そんな上沼に、7月で終了した『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)でパワハラ疑惑が浮上した。

 同番組にレギュラー出演するキングコング梶原雄太(40才)に対し、上沼が本番中に“公開パワハラ”をしたのではないかといわれているのだ。いつもの毒舌とは明らかに違う上沼の口撃にスタジオは凍りつき、梶原は上沼と共演する番組をすべて降板。これを受けて、関西テレビ幹部と上沼の間で“話し合い”が持たれた。上沼は「至らない点があるなら直します」と言ったが、10月での“番組卒業”を打診され、半ば“逆ギレ”する形で、番組は打ち切られたのだ。

 放送されなかった部分ではこうした発言があったという。

「あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者とちゃうやん」
「私とスタッフ全員、1人10万円。200万円分おごりなさい――おごられたら次の日病気になるからええわ」
「ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん」
「イラついてんねん、キミに!」

 日本では、女性が「権力」と「愛されること」を同時に手に入れることを、あまりよくは受け止められない。武蔵大学教授で社会学者の千田有紀さんは言う。

「芸能界でいえば、上沼さんだけでなく、和田アキ子さん(70才)も恐れられる存在。芸能界のご意見番として怖がられてこそいますが、少なくとも“愛されキャラ”ではないでしょう」(千田さん・以下同)

 年齢を重ねたというだけで愛されなくなるなら、若い頃のように愛想を振りまく気になれるはずもない。

「年を取ったら、愛されることよりもなめられないことを選ばざるを得ないのです。“私を怒らせたら大変なことになるのよ”と周囲にわからせて、身を守るために、女性は怒る。たとえば、梶原さんの一件での話し合いで、上沼さんがスタッフに対し“ごめんなさい、これからは気をつけます”と言ったらどうなったでしょう?

 番組打ち切りこそ免れたかもしれませんが、その先ずっとスタッフにはなめられたかもしれません」

 たとえ“逆ギレ”しようと、“西の女帝”の立場とプライドのためには、「じゃあ辞めます」と啖呵を切るしかなかったのかもしれない。いまの日本で、彼女がみじめにならないための“最良の選択”だったといえないだろうか。

 梶原をなじったことも、“公開パワハラ”であることは間違いないが、上沼が女性であるがゆえの“未消化の怒り”があったのかもしれない。

「よく、夫婦げんかで妻が夫に対し“あなたは出産のときについていてくれなかった”などと、過去のことを持ち出して怒りをあらわにすることがあります。

 これは、“女性はなんでも受け入れるべき”という刷り込みのせいで、ずっとがまんしてきた無数の不満が爆発した結果。多くの女性が、“未消化の怒り”を抱えたまま生きているのです」

 芸能界でこそ権力を握る上沼だが、典型的なモラハラ夫に悩まされたといわれ、“夫源病”を抱える“家庭内弱者”でもあるという。

 結婚後に仕事復帰を望んだ上沼に対して、「西は姫路、東は京都までやったら、日帰りできるやんな?」と、家事との両立を約束させ、上沼がかぜをひいて「熱があるみたいやから早めに寝る」と言うと、「そしたら晩ご飯はどないなる?」と返してくるなど、亭主関白すぎる夫に疲れ、2018年から別居中と報じられている。

 家庭では従順な妻でいることを強要され、未消化の怒りを抱えているからこそ、仕事でまで男性になめられるわけにはいかない。

 女性は年を重ねてヒステリックになるわけではない。がまんを強いられてきた女性が限界を迎えたとき、社会や男性が「オバさんはヒステリックだ」と言うだけなのだ。

※女性セブン2020年9月3日号

関連記事(外部サイト)