不適切な医療行為繰り返す“リピーター医師”が消えないワケ

不適切な医療行為繰り返す“リピーター医師”が消えないワケ

危ない医者はなぜいなくならない?

 7月23日、難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)患者の女性から依頼を受けて薬物を投与、殺害したとして医師2人が逮捕された。この嘱託殺人事件以外にも、医師の不祥事は後を絶たない。医師への“処分”には、どのようなものがあるのか。医療過誤問題に詳しい弁護士の貞友義典氏が解説する。

「医師に対する行政処分は戒告・医業停止・免許取り消しの3つ。医道審議会の答申を受け、厚生労働大臣が処分を決定するというかたちです」

 2017年から2020年6月の3年半の間に、行政処分を受けた医師や歯科医師は211人。覚せい剤取締法違反や危険運転致死傷、暴行・傷害など刑事事件で起訴された者が複数含まれる。昨年12月には、あおり運転でバイクを転倒させけがを負わせ、道交法違反などで有罪が確定した男性医師に医業停止3年の処分が下された。

 気がかりなのは、繰り返し行政処分を受けながらも医療行為を続ける医師がいることだ。2018年に痴漢容疑で逮捕された医師は、以前にも同様の逮捕歴があり、2007年以降に3回もの医業停止歴があった。

 過去に行政処分を受けた医師の情報を、患者が把握する術はあるのか。厚労省に聞いた。

「行政処分が決まると実名や事件当時の医療機関、事件概要などが記載されたプレスリリースを報道機関向けに出しますが、個人情報が含まれるため積極的な公開はしていません。返信用封筒を同封の上、申請していただければ送付はできる。ただし一部が黒塗りになる場合があります」(医事課免許登録係)

 患者が知る術は極めて限定的なのだ。

“リピーター医師”とは?

 さらに気になるのは、過去に医療過誤を起こした医師の存在だ。前出・貞友氏の話。

「刑事事件を起こした医師は判決をもとに医道審議会にかかり、行政処分を受ける。しかし、医療過誤によって民事訴訟で訴えられた医師の場合、行政処分になることはほとんどありません。判決が出て公になる前に、和解に持ち込むことが一因です。和解の際には『行政処分の申し立てをしない』『第三者に口外しない』という約束をさせ、情報が外部に漏れない。これによって、いわゆる『リピーター医師』でも、何事もなかったように現場に戻れるのです」

 貞友氏がいう「リピーター医師」とは、医療ミスや不適切な医療行為を繰り返す医師のこと。

「かつて厚労省は、たとえ刑事事件にならなくとも、医療過誤を繰り返す医師に行政処分を下す方針を示しましたが、実効性はありませんでした。

 リピーター医師は、患者側から訴えられたとしても被告尋問に1度出廷するだけ。賠償金の支払いも保険で賄われるため痛みを伴いません。そのため反省しているとは言い難い例もある。事故の被害者となった患者のことを忘れて診察を続ければ、同じ過ちを繰り返すリスクは高い」(同前)

 もちろん、こうした一部の医師の行状で、医療全体への信頼が揺らぐことは多くの医師にとって望むことではない。日本医師会もリピーター医師の存在を問題視。「自浄作用活性化委員会」などで議論し、医療事故への保険の支払い請求が多いケースを調査するなどして、医療ミスなどを繰り返す医師に再発防止の指導・勧告を行なってきた。

 それでも、根絶には至っていない現状がある。

「行政処分を受けた医師以上に、リピーター医師を調べることは困難です。公の情報がない以上、医師同士の情報網しかない。私たちはセカンド、サードオピニオンをもらうことで自己防衛するほかありません」(同前)

 情報公開の在り方が問われている。

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)