オンラインで祭りは盛り上がる? Zoom盆踊りや70万人参加も

オンラインで祭りは盛り上がる? Zoom盆踊りや70万人参加も

『おうちでお祭りさわぎ!オンライン夏祭り2020』のフィナーレの様子(写真/オマツリジャパン提供)

 夏の風物詩と言えばお祭り。しかし今年は、新型コロナウイルスの影響で札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」や徳島の「阿波おどり」、8月の東北3大夏祭りである「青森ねぶた祭」「仙台七夕まつり」「秋田竿燈まつり」など、全国各地で中止や延期を余儀なくされている。そんな中、コロナ時代の新たな主流となりつつあるのが自宅にいながら祭りを楽しめる「オンライン祭り」だ。数々のオンライン祭りを主宰してきたオマツリジャパンの営業部長・加藤匠さんに話を聞いた。

 全国で年間30万件もあると言われる祭りは、各地域で暮らす人々にとって長い準備期間を経て開催する年に1度の楽しみでもある。コロナの流行でほとんどの祭りが中止に追い込まれる中、加藤さんは、地元の人々の寂しさや悔しさを和らげ、全国に祭りの楽しさを届けられたらという思いから、オンライン祭りを実施している。

「きっかけは、コロナの流行が本格化し始めた3月頃、熊本の『人吉よさこい祭り』がTwitterを使って、疑似的にオンラインで開催したことです。コロナ収束の目途が立たない中、今後はオンラインでのお祭りが主流になると考えました」(加藤さん・以下同)

 オマツリジャパンが最初にオンライン祭りを行ったのは、4月の『かなまら祭り』(神奈川県)。ピンクの男性器を模した神輿で街中を練り歩き、子宝や性病除けを祈願するお祭りだ。

「日本の奇祭の頂点とも言える『かなまら祭り』は、少々マニアックではありますが全国にファンが多くいる人気のお祭りです。神輿の解説や巫女さんによる舞の披露、普段は見ることのできない神事の様子をTwitterでライブ中継したりと、オンラインならではの趣向を凝らし、2日間にわたり開催しました。おかげさまでTwitterの投稿閲覧数は約26万人、ライブ配信動画は2万回以上再生され、大反響を頂きました」

 Twitterのコメントには、「来年は開催されますように」「地元の名物が中止になって残念だったけど、配信で楽しめて嬉しかった」「貴重な神事の様子が見られて良かった」といった声が多数寄せられた。また、『かなまら祭り』は外国人にも人気で、例年来場者の半分を旅行客が占めることから、海外からのコメントも多く見られたという。

全国8つの祭りが体験できるオンライン祭り

 Zoomを活用したオンライン祭りも実施している。7月に飲料大手のキリンビールと行った『新のどごし〈生〉オンラインまつり』では、Twitterによるライブ配信で『青森ねぶた祭(青森県)』や『東京高円寺阿波おどり(東京都) 』のお祭り団体がパフォーマンスを披露したほか、踊りをレクチャーしたり、Zoomで全国の参加者と「総踊り」を行う初の試みも行った。

「Zoomは、画面上に最大25人までランダムで表示されます。ページをめくればまた別の25人が映り、自分が躍っている姿も他の参加者が踊っている姿も見ることができて、オンラインでも祭りの一体感を作ることができました。CMキャラクターである俳優やタレントも参加し、太鼓を叩きながら一緒に踊ったこともあって、約70万人以上の方に視聴して頂きました」

 7月と言えば、緊急事態宣言解除後コロナの感染が再び拡大し始めた頃。Zoomでのオンライン祭りに参加した30代会社員の島津真紀子さん(仮名)はこう話す。

「家で盆踊りをしたのは初めてでしたが、自粛生活で沈みがちな気持ちも太鼓や笛の祭囃子で気分が上がりましたし、ストレス解消にもなりました。リアルなお祭りだと、踊りを間違えると恥ずかしいという気持ちから消極的になりがちですが、Zoomなら多少間違えても恥ずかしくありません。周囲の目を気にすることなく思い切って踊れました」

 この夏のオンライン祭りの集大成とも言えるのが、8月15日に行った『おうちでお祭りさわぎ!オンライン夏祭り2020』だ。「阿波おどり」(徳島県)や「エイサー」(沖縄県)、「泉州音頭」(大阪府)など、全国8つの夏祭りが体験できるイベントを約6時間30分にわたってYouTubeなどで生配信した。

「全国からお祭りを集められたのも、オンラインだからこそ。各地の祭りや踊りを見て学んで体験できるほか、地域のPR対決を行った「ご当地ガールズコレクション」や最新の浴衣の世界を知れる企画など、祭り以外の楽しみも豊富なイベントになりました。

『皆で踊ろう!エイサー』は、太鼓を鳴らしながら、足を高く上げるなどのダイナミックな演舞に引き込まれる視聴者が多く、『エイサー格好良かった!』というコメントが目立ちました。阿波おどりと牛深ハイヤ祭り(熊本県)が一緒に踊り教室を開催する『踊り教室 阿波踊り×牛深ハイヤ』は、有料コンテンツでしたが約50名が参加し、双方の共通点や踊りのルーツを学ばれていました。『楽しみながら覚えられてその場で実践できる。コロナが収束したら絶対現地に行って踊りたい』と好評でした」(加藤さん)

 各地に中継を繋ぐなどの苦労が実り、再生回数は2万1000回以上を記録。大盛況となった。ただ、オンライン祭りは、大勢の人たちが一つの場所に集まって体感できる熱気や一体感といった醍醐味を完全に再現できるものではない。

「オンライン祭りは、実際の祭りの熱量や一体感と比べるとどうしても迫力が劣ります。そのため、今後は画質や音質、通信環境を整備したり、映像の撮り方や見せ方、企画内容を磨くことで改善していくことが必要になるでしょう。ただ、オンライン祭りは、小さな子供がいる人や、足腰が弱い人、遠くて物理的に行けない人など、これまで事情があって参加ができなかった方も気軽に参加できるというメリットもあり、祭りの価値を更に高める選択肢として、将来的にはリアルな祭りと両立していけると思っています」(加藤さん)

取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)