総理の体調悪化による政権交代は過去4回 後継政権の安定度は

総理の体調悪化による政権交代は過去4回 後継政権の安定度は

13年前は突然の退陣表明を謝罪した(時事通信フォト)

 安倍晋三・首相(65)は8月17日に慶応病院で検診を受け、当日のうちに退院した。首相の体調悪化説に火をつけたのは8月4日発売の写真週刊誌『FLASH』の“吐血”報道だった。7月6日の首相動静に5時間の空白があり、永田町ではこの間に吐血したのではないかという情報がめぐっているという内容だ。

 安倍首相は19日に官邸で記者団の取材に応じ、「体調管理に万全を期すために、先般検査を受けた。これから再び仕事に復帰してがんばっていきたい」とカメラ目線でそう語った。意地っ張りな性格の首相は、側近の萩生田光一・文部科学相や甘利明氏らが「もっと休養をとってほしい」と言うほど、意固地になる。

 しかし、いくら官邸に入っても、国会を開き、記者会見にも応じて政府がコロナの感染第2波にどう対応しようとしているのか、国民の不安に正面から答えないのであれば総理としての責任を果たすことにはならない。それができないほど体調が悪いのであれば、総理の任を一時余人に委ねてでも、静養して体調を万全に整えるのが政治家の責任だろう。

 この総理は自分が静養を拒否するほど、党内で権力闘争が激化し、政権が“死に体”に向かうことに気づいていない。コロナ対策に全力を投入する気力と体力がないのなら、国民は安倍首相に早く交代してもらったほうがいい。

 だからといって、後継首相が誰でもいいわけではない。麻生太郎・副総理が期待する安倍首相からの政権禅譲にしても、二階俊博・幹事長らの話し合いによる菅義偉・官房長官の後継にしても、いずれも次の総理選びのプロセスが国民には見えない「密室」で決められる。

 ここで思い出されるのが、2000年4月、時の小渕恵三・首相が脳梗塞で倒れて搬送された翌日にホテルニューオータニで開かれた、いわゆる「五人組の密議」だ。

 当時のメンバーは青木幹雄・官房長官、森喜朗・幹事長、野中広務・幹事長代理、亀井静香・政調会長、村上正邦・参院議員会長で、会合では村上氏が森氏に「あんたが(総理を)やればいいじゃないか」と発言し、森後継の方針が決まったとされる。

「五人組の密議」で選ばれた森内閣が最後まで国民の信任を得られなかったように、正当なプロセスで選ばれた総理でなければ国民は信頼して国の舵取りを任せることができない。

 自民党の歴史には、総理の体調悪化で政権が交代したケースが4回ある。政治評論家の有馬晴海氏は「選び方」によって後継政権の安定度が違ってくると指摘する。

「病気退陣した石橋湛山首相から岸信介首相、池田勇人首相から佐藤栄作首相への交代は、いずれも総理総裁になるべく研鑽を積み、総裁選で次点だった有力者がすんなり後継者に選ばれたことで党内が納得し、後継政権は安定した。しかし、小渕首相急死の後、五人組によって一度も総裁選に出馬したことがなかった森喜朗首相が選ばれると、“加藤の乱”が起きるなど政治の混乱を招いた」

 残りの1回は“大福戦争”と呼ばれた党内抗争を受けたハプニング解散による総選挙中に急死した大平正芳首相の後の後継者選びだ。この時は、首相臨時代理だった伊東正義・官房長官でも、大平派の後継者とみられていた宮沢喜一氏でもなく、キングメーカーだった田中角栄氏と親しい鈴木善幸氏が選ばれた。しかし、鈴木首相は「日米同盟は軍事同盟ではない」と発言して米国との関係を急速に悪化させるなど、「暗愚の宰相」と呼ばれた。

 総理・総裁は自民党が選ぶが、国民が納得する選び方でなければ、不安定な政権ができて結局は国民が苦しめられることになる。

 もはや国民の信を失いつつある安倍首相の後任選びで、自民党はそうした過去の教訓を生かせるのだろうか。

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)