猪木、トランプ、三島由紀夫… 世間を震撼させたFCCJの会見

猪木、トランプ、三島由紀夫… 世間を震撼させたFCCJの会見

上祐氏はオウム真理教の疑惑について語った(写真/FCCJ)

 終戦間もない1945年11月に、日本に駐留していた従軍記者らによって設立された「日本外国特派員協会」(FCCJ)は、政治家から社会的弱者まで様々な人の自由な発言の場として存続してきた。その一方で、世界中からの興味関心が集まる場だけに、会見での応酬も相応に厳しいものになる。

「難しい質問が3回目ですね……」

 北朝鮮の選手を日本に招待して一緒に滑るかと聞かれると、羽生結弦は言葉を詰まらせ、天を仰いだ──。忌憚のない質問が飛ぶことで有名なFCCJの会見には池田勇人や佐藤栄作などの歴代首相、インドのガンジー首相、宇宙飛行士のユーリ・ガガーリンなど国内外の大物が招かれてきた。

 1990年代に入ると、スポーツ選手や芸能人も続々と登壇。1992年には日本相撲協会の出羽海理事長が「わざと負けることはあるのか」と八百長問題を追及されたり、2006年には著書で赤裸々な男性関係を綴った石原真理子が「芸能界とヤクザの関係」について尋ねられて「それについては話せないのですが……」などと答えたりした。

 異例のケースは、1998年の阪神・吉田義男監督。エイプリルフールに“優勝祝賀会見”が開かれ、巨人・長嶋茂雄監督からも祝電が届き、「身に余るお祝辞、ありがとうございます。男として幸せです」と感謝を述べた。

 以下に、事件や騒動の当事者たちが行った注目会見の数々を振り返ってみよう。

■アントニオ猪木、モハメド・アリ

「異種格闘技戦について」(1976年6月18日)

 アリが最初にマイクを持ち、「俺はこの男をぶっ倒してやる」などと挑発すると、猪木は「ギャーギャー吠えるヤツは昔から弱いと決まっている」と一蹴し、細長い包みを渡した。アリが中身を確認すると、松葉杖と判明。世界最強ボクサーは「おまえを殺すぞ!」と激昂した。

■オウム真理教外報部長・上祐史浩
「オウム真理教の疑惑について」(1995年4月3日)

 地下鉄サリン事件などについて、流暢な英語で無実をアピール。ひとつの質問に10分以上も答えた。イタリア人記者・パニョッタ氏が山梨県上九一色村の教団施設の「第7サティアン」は化学工場ではないかと質問。上祐氏は否定したが、記者は潜入して撮影した写真を見せ、「おまえはウソつきだ」と言い放った。

■元ライブドア社長・堀江貴文

「ライブドア事件と検察について」(2009年4月2日)

 2006年1月に証券取引法違反で逮捕されて以降、初の記者会見。「同じ利益粉飾事件で、ライブドアの約4倍である180億円の日興コーディアル証券、200億円の石川島播磨重工業は上場廃止されず、経営陣も逮捕されていない」などと検察を批判。これからも保守的な日本に刺激的な発言をし続けると宣言した。

■元日産自動車会長・カルロス・ゴーン

「自動運転技術導入について」(2014年7月17日)

「シニア世代に魅力ある車を提供したい」と2020年の実用化を目指す自動運転技術の開発ロードマップを公表した時の会見。しかしその後、計画が進んでいた2018年11月に金融商品取引法違反で逮捕。翌年6月に会見予定も、家族の強い反対でドタキャン。年末にレバノンへ逃亡し、日本の司法制度に大きな衝撃を与えた。

■元巨人代表・清武英利

「渡辺恒雄会長について」(2011年11月25日)

 11日に記者クラブで会見を開き、コーチ人事に不当な介入を行なったとして渡辺恒雄・巨人球団会長を批判、1週間後に球団代表を解任された。この日の会見では、A4サイズ13枚の声明文を配布。11日の会見前に渡辺会長から電話で、「君は破滅だぞ。読売新聞と全面戦争になる」と恫喝されたと明かした。

■野村沙知代(野村克也夫人)

「衆院選出馬について」(1996年10月4日)

 新進党の目玉候補として東京5区から出馬。尖閣諸島や竹島の領土問題について聞かれると答えに窮した。コロンビア大学への留学歴を公表するも、3年後に学歴詐称を疑われ、浅香光代らに公職選挙法違反で告発される。嫌疑不十分で不起訴になるも、夫の野村克也はのちに「サッチーの履歴は全部ウソ」と告白。

■籠池泰典・諄子夫妻(森友学園元理事長・副理事長)

「補助金詐欺事件裁判での有罪判決について」(2020年2月26日)

 泰典氏は国会で証人喚問のあった2017年3月も含め3回目の会見。補助金詐欺事件で有罪判決を受けたことへの抗議を表明。「保釈金も用意したのに3日間拘置所にいた。ファイティングスピリットを失わせるためで、大きな人権侵害だ」と検察を批判したが、取り上げる媒体は少なかった。

■三島由紀夫(1966年4月18日)

 川端康成の推薦で文壇デビューした経緯や「太宰の文学は嫌い」と本人に直接話した事実などを明かした。この4年後の1970年11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)で割腹自殺を遂げた。

■中曽根康弘首相(1985年10月7日)

 日米経済摩擦などについて話し、最後に「ここは、ある政治家がケガをした危険な場所。準備に時間がかかって長い間来られなかった」とジョークを飛ばして笑いを誘った。

■ドナルド・トランプ(1993年8月18日)

 当時“不動産王”としてその名を轟かせていた現米国大統領。日米安保などについて語り、「日本人に尊敬の念を持っています」と神妙に述べていた。

■鳩山邦夫法務大臣(2007年10月29日)

 翌月から施行の改正出入国管理・難民認定法に関して、「友人の友人がアルカイダ」と発言し物議を醸した。

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)