蓮舫議員“使い捨て離婚”の真相 家事、育児してきたのは夫

蓮舫議員に『使い捨て離婚』の声 家事と育児の全般は村田信之氏が担当か

記事まとめ

  • 蓮舫議員の離婚が報じられ、蓮舫氏は「シンプルに人生観の違い」と理由を説明した
  • 元夫の村田信之氏について、家庭内の序列はペット以下と蓮舫議員の娘がTVで語っていた
  • 朝食と弁当は蓮舫議員の担当だが、家事と育児の全般は村田信之氏が担当していたという

蓮舫議員“使い捨て離婚”の真相 家事、育児してきたのは夫

蓮舫議員“使い捨て離婚”の真相 家事、育児してきたのは夫

娘の就職が内定した途端に…(時事通信フォト)

「(家庭内の序列は)ママがズバ抜けていちばん上。私と弟がけっこう下にいて、犬3匹がいて、猫もいて…で、この辺にパパがいる」

 そうやって地面すれすれに手を下ろしたのは、立憲民主党蓮舫・参議院幹事長(52才)の双子の長女。すかさずさらにその手をグッと押し下げたのは蓮舫氏だった──。

 4年ほど前、蓮舫氏が特集されたバラエティー番組のワンシーン。番組には夫の村田信之さん(54才)や実母、さらには双子の長男・琳(23才)と長女も実名顔出しで登場し、赤裸々にプライベートを公開した。

 娘からも「ペット以下」とされた信之さんはVTRで登場すると、「(ペット以下どころか)植物以下ですね…」となんとも寂しそうに呟いた。

 そんな蓮舫夫婦が離婚していたことが8月25日、文春オンラインで報じられた。

「参議院ホームページに掲載されている蓮舫氏の本名が21日未明、『村田蓮舫』から『齊藤蓮舫』に変更された。それで離婚が発覚したそうです」(全国紙国会担当記者)

 報道によると、蓮舫氏は8月7日に離婚届を提出。7月頃、蓮舫氏から離婚を切り出して、弁護士も入れない円満な協議離婚だったという。

「理由について蓮舫氏は『シンプルに人生観の違い』と説明しました。信之さんは地方に生活拠点を移すことを検討し、蓮舫氏は東京選出の議員として『東京から日本を変えたい』。そのギャップから離婚を選択したそうです」(前出・全国紙記者)

 蓮舫氏はフリーキャスター時代、フリージャーナリストだった信之さんとテレビ番組の収録で出会った。

「蓮舫さんは有名タレントへの登竜門とされるキャンペーンガール『クラリオンガール』に、青山学院大学在学中に選ばれてデビュー。最初はバラエティー番組の美人アシスタントのような立ち位置でしたが、タレントから“報道キャスター”への転身を図る中で、当時、政治や事件を精力的に取材していた村田さんと親しくなることは、報道畑への人脈を広げるために役立ったはずです」(蓮舫氏の知人)

 当時を知る関係者いわく、村田さんは優しくてマメで屈託のない男性で、とにかくモテたという。

「実は、蓮舫さんと交際する直前まで、村田さんは民放キー局の女子アナと親しい関係で、華やかな知人も多かった。蓮舫さんはそうした人脈を持つ村田さんに魅力を感じたのでしょう。当時から上昇志向の塊のような女性でしたから」(前出・知人)

 プロポーズをしたのは信之さん。蓮舫氏は「私でよければ」と即答し、出会って1年、交際1か月経たないうちの電撃婚だったという。1993年にホテルオークラ(東京・虎ノ門)で結婚式を挙げた。

 1995年、夫婦は一緒に北京大学へ留学。2年間の予定だったが、蓮舫氏が妊娠して途中帰国、男女の双子に恵まれた。

息子のドラマ収録現場についていった

「厳父のような母」と「慈母のような父」──信之さんは村田家の家族関係を周囲にこう語っていたという。

「政治家として多忙な日々を送る蓮舫さんを、家庭内で支えていたのが村田さんでした。子供が小さい頃、“朝ごはんと弁当を作るのは蓮舫さん”というルールがあったものの、家事と育児の全般を村田さんがこなしていた。掃除、洗濯から、犬の散歩にゴミ出し、買い物と夕食作りまで。フリージャーナリストで仕事の時間に融通がきくこともあり、村田さんが完全に“主夫”でしたね」(前出・知人)

 冒頭の番組を見ると、“夫婦のヒエラルキー”がはっきりわかる。蓮舫氏は何年に結婚したのか覚えていないし、結婚記念日も忘れた。プロポーズの言葉も覚えていない。一方、それらを全部覚えていた信之さんを、蓮舫氏は一蹴。

「そんなのいちいち覚えてたら、人生面倒くさいですよ」

 夫を「ペット以下」扱いする様子に放送後、番組へ「夫への虐待ではないか」という抗議の電話が相次いだという。蓮舫氏に言わせれば、「子供は私のすべて」。夫とは対照的に、双子の子供のことは溺愛してきた。

「長男も長女も幼稚園から名門・青山学院に通わせ、長男はイギリスへ、長女はニュージーランドへの留学もさせました。4年前にテレビ番組に出演したとき、美男美女の双子だと評判でしたが、やはり長男の琳さんはいまアイドルとして活動し、徐々に人気が出ています」(政界関係者)

「VOYZ BOY」という40人以上の男性アイドルグループのメンバーの村田琳は昨年、大泉洋主演のヒットドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に出演。バラエティーにも“あの蓮舫のイケメン息子”として引っ張りだこだ。テレビ局関係者の話。

「彼はトーク番組で、蓮舫さんのイメージを覆すような素顔を隠すことなく話すのでとても評判がいい。アイドルグループの公演に毎回のように蓮舫さんがペンライトを持って駆けつけたり、メンバー2人と共同生活を送る彼の部屋に週に1度は蓮舫さんが来て掃除や洗濯をしたり、いまでも貯金の管理は蓮舫さんがやっていたりと、エピソードも豊富なんです」

 琳のドラマ収録現場についていったエピソードなどは“親バカ”そのものだ。

「子供たちが独り立ちしたのも離婚の大きな理由でしょう」とは前出の知人。

「息子の芸能活動も軌道に乗りかけているし、今春、娘の就職内定も決まったそうです。蓮舫氏本人は民進党代表になったタイミングで“庶民派”“親しみやすさ”を演出するために家族一同でテレビ出演したものの、娘に父親のことを『ペット以下』と言わせたことは、さすがに…。実際にそうだったとしてもテレビで公言するのは普通ではありません。娘の就職の足を引っ張らないために、内定するまでは離婚するわけにはいかなかったということなのでしょう」

 子供が留学するまで、つきっきりで育児をしたのは父親。信之さんがいてはじめて、蓮舫氏は深夜にわたっての会合にも出席することができたし、子供も立派に成長した。しかし、子供の独立が決まるやいなやの離婚。長年村田家を知る関係者が話す。

「周囲では村田さんの“使い捨て離婚”という声もあります。そもそも蓮舫さんは結婚した頃から、“自分が政治家になり、夫を秘書として使おう”という気持ちがあったと思います。公私ともにパートナーという関係。しかし、村田さんは目黒区議選に落選するなど政界に縁がなかった。

 子育てが終わったいま、政界でのパートナーにもなれない村田さんと結婚している意味がないと感じたのかもしれません。

 一方で、村田さんも九州男児の気質があり、プライドもあるし、決断も早い。もう限界だと悟ったのでしょう」

 夫婦の離婚の話し合いは、30分ほどを2回だけ、たった1時間で済んだという。

 離婚が報じられた日、目黒区内の自宅前で蓮舫氏を直撃したが、口を真一文字に結んで軽く会釈をしたまま、車に乗り込んだ。その自宅戸建てのローンは長年、蓮舫氏と実母、信之さんで3分割して払ってきた。しかしつい最近、家族とペットを残し、信之さんが出て行ったという。

※女性セブン2020年9月10日号

関連記事(外部サイト)