外国特派員協会が主催する記者会見はなぜこんなに面白いのか

外国特派員協会が主催する記者会見はなぜこんなに面白いのか

2018年に丸の内二重橋ビルに移転した

 日本外国特派員協会(FCCJ)は今年、創立75周年を迎える。1945年11月、戦後まもない日本に来た従軍記者らが、100ドルずつ出し合い設立した記者クラブだ。現在は、日本に駐在する海外メディアの特派員が中心となり、日本国内のニュースを海外に発信し続けている。FCCJはこれまでに、歴代首相やスポーツ選手、ご当地キャラまでバラエティに富んだゲストを招いて、記者会見を開いてきた。

 会長でシリア出身のジャーナリスト、カルドン・アズハリ氏は言う。

「政治家や一線で活躍する著名人に限らず、少数派の声を発信することも大事です。日本では報道の自由が認められており、社会から批判される人や犯罪の容疑者であっても、自由に発言できる。誰に対しても発言の場を提供することが、私たちのポリシーなのです」

 来日して30年になるアズハリ氏。自身が同席したなかで印象に残っているのは、2014年、ソチ五輪のフィギュアスケート代表だった浅田真央の会見だ。

「五輪から帰国した直後の会見に、私も一記者として参加しました。質問の際に『“アサダ”はアラビア語で“メスライオン”の意味です』と伝えたところ、浅田さんが笑顔を浮かべていたのを覚えています。その話が翌日のニュースで大きく取り上げられたので、とても驚きました(笑い)」

 現在の会員数は、日本人を含めて約1700人。そのうち正会員である海外メディアの特派員は、450人しかいないという。

「特派員以外でも準会員になることができるので、ビジネス界、政界、学界など、幅広い業種の会員がたくさんいます。準会員も記者会見の現場に同席できますし、図書室やレストランを利用することができます。ワインの試飲会、食事会といった会員限定のイベントも人気です」

撮影■内海裕之

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)