緊張感ゼロの閉会中審査 居眠り、携帯通話で途中退席、代返も

緊張感ゼロの閉会中審査 居眠り、携帯通話で途中退席、代返も

中身もゼロ(衆院厚労委員会の閉会中審査。写真/共同通信社)

 通常国会の会期延長や臨時国会の早期召集を拒否した政府与党の言い分は「閉会中審査で十分ではないか」だった。ではその実態はどれほどのものか。本誌・週刊ポスト本誌記者が閉会中審査に潜入した。

 8月19日、衆議院分館第16委員会室。厚生労働委員会の閉会中審査が行なわれた。ソーシャルディスタンスを保つため、委員会に所属する45人の議員は前半と後半で入れ替わる。加藤勝信・厚労相や橋本岳・厚労副大臣ら政府側答弁者の後ろには、多くの役人が陣取った。

 9時に始まった質疑は、新型コロナに関するものだ。最初に与党の議員が質問するが、ボソボソとした張りのない声で質疑を進めるため、場内に弛緩した空気が漂う。

 加藤厚労相が答弁してもメモを取る委員はほとんどいない。それどころか質疑中にもかかわらず、場内ではある議員が別の議員のもとに駆け寄って談笑。中には頭をガックリと垂れて、10分以上も寝入っている議員もいる。

 時間が経つと自分の席を離れて廊下で電話をする議員や、30分以上も離席する議員が出てきた。周囲に「それじゃ」とばかり挨拶して、途中退席する議員も少なくない。

 テレビのニュースでは厳粛な議論が交わされている印象があるが、実際に現場に来てみると、閉会中審査の緊張感のなさを肌で感じた──。

 6月17日に通常国会が幕を閉じて以降、閉会中審査は7月末まで原則週1回、衆参両院で約3時間ずつ開催されてきた。8月上旬には野党が求めた臨時国会の早期召集を政府与党が拒否し、8月後半から週1回の頻度で新型コロナ対策を議論するための閉会中審査を開催することが決まった。閉会中審査では国会が閉会中でも継続して審議すべき議題がある場合に特定の委員会を開いて審議することができる。ただし、通常の委員会と違って議決はない。

 8月に入って初めての閉会中審査となったのが、冒頭で紹介した19日の衆院厚生労働委員会だった。

 この日、3番手に質問に立った立憲民主党の小川淳也議員が抑揚のある大きな声で与党批判を始めると会場の空気が若干引き締まった。だが最も盛り上がったのは、橋本副大臣と自見英子・政務官の不倫報道。その追及に橋本副大臣が小声で「週刊誌の記事の個別の事案についてはご回答いたしかねます」と答えると場内で静かな笑いが起こった。記者も傍聴席にチラホラいたが、質疑を漫然と眺めるだけだった。

 驚くことに議員は「代返」も認められている。

「厚労委員会に出席の義務はありません。どうしても出席できない場合は、厚労委員会に関係のない議員を代理に立てられます。途中入退室についても規定はなく、個別の先生の事情にお任せしています」(衆院の厚労委員会事務局)

 この日の委員会にも安倍晋三・首相の姿はなかった。

「閉会中でも求められれば、政府として説明責任を果たす」

 通常国会終了後、そう記者団にタンカを切った安倍首相だが、一度も出席していない。元民主党代議士で政治評論家の木下厚氏が言う。

「国会閉会中は与野党の協議になり、野党が自民党総裁に閉会中審査への出席を要望して、与党が合意すれば安倍首相が出席する必要がありますが、与党が拒否すれば出なくてもいい。安倍首相に批判が集中するのを避けたい与党が野党の要求をのむわけはありません」

 これでは、誰が何のために議論をする場かわからないではないか。

与野党のなれ合い

 これまでの閉会中審査で与野党の議論は一向に深まっていない。6月24日の衆院経済産業委員会の閉会中審査では、野党議員が前法相の河井克行被告と妻の参院議員・河井案里被告の公職選挙法違反事件を追及した。

 だが与党は「新型コロナ対策に絡む質問以外は認められない」と主張して議論を拒否。与党側からは「経産委と関係があるのか」とのヤジが飛び、審議は何度も中断された。

 新型コロナに関する議論も同様だ。7月15日の衆院予算委員会の閉会中審査では、西村康稔・経済再生担当相が「大きな流行を収束させた」として、「Go Toトラベル」を予定通り実施する考えを示したが、2日後に東京を対象外に方向転換。その後、政府は野党との議論がかみ合わないまま7月22日に前倒しで実施した。木下氏は、「こうした光景には既視感がある」と指摘する。

「2004年12月、小泉内閣に対して自衛隊のイラク派遣延長の是非を問う閉会中審査がありました。当時、『戦闘とは何か。解釈はいろいろだ』などといい加減な答弁をして物議を醸した小泉首相は、閉会中審査に出席せず、そのままうやむやになった」

 新型コロナという国難において、与野党が政党の壁を乗り越え、真摯な議論で一致点を見出し、国民のための政策を紡ぎ出せれば、たとえ閉会中審査でも実りあるものになるはずだ。

 だが結局のところ、与野党とも「ポーズ」を見せているに過ぎない。

「そもそも国会議員の本懐は国会の本会議での立法や決議です。しかし閉会中審査には本会議がなく、議員は法律を作ることができません。すると与野党とも何のための委員会かわからず、追及と回答のポーズを繰り返すだけになる。お互いに競っているように見えても、実はなれ合っているんです」(木下氏)

 やはり国会を開かせるしか道はない。

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)