安倍首相の健康不安説で国民を振り回す「確証バイアス」

安倍首相の健康不安説で国民を振り回す「確証バイアス」

8月24日、慶応大学病院を出る安倍晋三首相(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、健康不安が囁かれている安倍晋三首相について。

 * * *
 今、テレビや新聞が連日のように報じている安倍首相の体調についてのニュースには、「確証バイアス」が溢れている。発端となったのは、8月17日に突然、「安倍首相が検査のため病院へ」と伝えられたこと。東京・信濃町にある慶応大学病院を訪れた安倍首相の姿を多くのメディアが捉え、体調悪化を裏付けるさまざまな情報が飛び交っている。長時間の記者会見などに姿を見せない状態が続いていた安倍首相だが、疲労かと思いきや、どうやらそれだけではないようだ。

 一国の首相の健康問題となれば、政権としては絶対に隠しておきたい案件だ。イギリスのジョンソン首相やブラジルのボルソナロ大統領のようにコロナに感染したという事実以外、国のリーダーの健康不安説など政権や国にとってはマイナスでしかない。当然政権は、即座に払拭したいのが本音だろう。

 だが、疑念を払拭するどころか状況は深刻さを増している。病院前にはテレビカメラがずらりと並び、検査後の安倍首相を待ち構えた。この日の病院滞在時間は約7時間半。半年に一度受けるという検査は6月に受けたばかりだ。首相は受診理由を「追加検査」と公表したが、24日には再び来院する事態となった。24日は、第2次安倍政権発足から2799日と歴代最長の連続在任日数を記録した日だったが、再来院のニュースに?き消された形となった。

 首相は2007年9月、第1次安倍政権時に持病の潰瘍性大腸炎が悪化して突然退陣を表明した過去がある。それだけに、メディアが一斉に健康不安説を流し始めたのも無理はない。各メディアは、それぞれの独自の視点から、首相の体調悪化を裏付けるための情報を探し、躍起になって報じている。

 冒頭で触れた「確証バイアス」とは、自分の予想や考えに一致する情報を探して注目し、それを重視しやすい傾向のことを言う。多くのメディアは今まさにこのバイアスが働いている状態だ。例えば、アベノマスクを外して違うマスクを着け始めた頃からの冴えない表情や、腫れぼったくなっていく瞼に生気が抜けたようなうつろな目、官邸に入ってからエレベーターホールに消えるまでの歩き方やかかった時間、重い足取りやわずかに狭まっていた歩幅、コーナーを曲がる時に一瞬壁に手をついた様子など、首相の体調に異変が生じていると言うための事実を見つけ出し、細かく分析している。
 
 健康不安説が流れれば、テレビを見ているこちらも、「首相は持病が悪化し体調が悪い」という先入観を持って安倍首相を見ることになる。確かに、顔色は青白く足取りは重そうで、歩く時はつま先が以前のように上がっていない。肩を落したまま歩き、胸も張らなくなった。記者達と視線を合わすことも少なくなり、広島や長崎での被爆地挨拶では声に張りがなく、声量は落ちていたように感じる。

 メディアや国民がこのように感じ反応することは想定の範囲内だろうが、肝心の安倍政権からは、どう収拾するつもりなのか、人々の間に膨らんだ確証バイアスをどう操作し利用したかったのか見えてこない。受診する首相の姿を見せることが政権に何らかのメリットを与えたとも思えない。評価が厳しい安倍首相のコロナ対策だが、無理を押して首相は頑張っているとアピールしたかったのか。それとも「騒動」を装って実は…と何らかのサプライズで健康不安説を一蹴したいのか。

 首相は8月28日に会見を行うとしている。ここで何を語るのか大いに注目されるが、安倍首相の健康不安という確証バイアスがこれだけ強く浸透した今、よほど丁寧に説明しないとこれを払拭すのは難しい。それとも健康不安説を認めて、あっさり退陣、というまさかの発表があるのだろうか。

関連記事(外部サイト)