繋ぎっぱなしZoom同棲1ヶ月 初の対面翌日に結婚した男女の話

繋ぎっぱなしZoom同棲1ヶ月 初の対面翌日に結婚した男女の話

「Zoom同棲」1カ月で結婚も

繋ぎっぱなしZoom同棲1ヶ月 初の対面翌日に結婚した男女の話

こんな時代だからこそオンラインでの婚活が増えている

 新型コロナウイルスの感染拡大でリアルな場での出会いが限られるなか、「オンライン婚活」がブームになっている。この4月から、マッチングアプリ大手の「ペアーズ」や「Omiai」、サイバーエージェント傘下の「タップル」など、各社続々とオンラインでデートできる新サービスを開始し、会員数も右肩上がりに増えているという。

 自治体のオンライン婚活などを手掛ける「LMO(エルモ)」もその一つだ。同社代表の高田康太さんが話す。

「コロナの影響で、予定していた婚活イベントが軒並み中止となり、この4月から『LMO Party』というオンライン婚活パーティーサイトを立ち上げました。利用者の反応も良く毎日開催したところ、会員数が爆発的に増え、この4〜5月の2か月だけで約1000人の方にご利用いただきました」(高田さん・以下同)

 コロナ禍で対面での婚活が難しくなったことで、今やオンライン婚活は、マッチングアプリや結婚相談所だけでなく、自治体も取り入れ始めている。そのツールとして活用されているのがZoomだ。

「Zoomは、最大参加可能人数が多いことや、ホワイトボードを共有できること、参加者の中で別に少人数グループに分けられるなど、オンラインパーティーを実施する上で便利な機能が備わっています。

 代表的なオンラインパーティーの流れは、男女7〜8人がZoomに入ってまずは乾杯。それから1人ずつ仕事や趣味など軽く自己紹介をします。その後軽い質問タイムを挟み、会話が温まってから『結婚相手に求めること』、『結婚したらなにができるのか』といった本題に入っていきます。

 後半は小部屋を作り、男女1対1になって7〜10分ほど異性全員とお話していただけるようにしています。『もっと話してみたい』という人がいたら、さらに2人で話す時間を作り、上手くいけば連絡先を交換するなど、当社が間に入って繋いでいきます」

 オンラインでは常に顔が画面に表示されている。実際のパーティーよりも表情を見られている時間が長く、気を抜けない面はあるものの、相手に印象を残せるメリットがあるという。

既に成婚カップルが2組誕生

 LMO Party開始から、既に2組が結婚まで辿り着き、うち1組はほぼオンラインだけの交際で成婚に至ったという。

「東京の女性(43才・医療)と熊本の男性(31才・旅行業)が先日ご結婚されました。男性は10回目、女性は5回目のパーティー参加で出会われました。コロナの影響で始まったオンラインパーティーでしたが、東京と熊本の遠距離ですから、オンラインでなければそもそも出会うことはなかった2人です」

 2人は毎日かかさず連絡を取っていただけでなく、ある工夫をしていたという。

「まるで一緒に同棲しているかのように、2人とも1日中ZoomやLINEを繋ぎっぱなしにして生活していたそうです。お風呂に入る、買い物に行くなど、部屋から出るような行動をする時も、あえて繋いだままにして生活を共有し、相手の性格だけでなく、行動や生活スタイルも把握する工夫をしながら、お互い結婚に向けてすり合わせていきました。

 オンライン交際を始めてから1か月ほど経ち、緊急事態宣言が解除された後の6月19日に、女性が熊本に行って初めて実際に2人は会いました。そして、その日の夜に男性がプロポーズ。翌日には熊本の区役所に婚姻届けを提出されました」

 ほぼオンラインだけの交際だったが、会えないからこそ、オンラインでできることを真剣に取り組んだ結果、見事ゴールインした2人。女性がひと回り年上だが、年齢差や距離を超えられたのも、近場で普通に出会って交際するよりも密な関係性を築けたからだろう。

 マッチングアプリを毛嫌いする人はまだ多いかもしれない。しかし、アプリから結婚に至るケースは年々増え、コロナ禍で急拡大したオンライン婚活の需要も増すばかりだ。

「これからの婚活は、会えない時間も楽しんで、工夫する姿勢が問われていると思います。先程の“オンライン同棲”がまさにそうですが、『しょせんオンラインでしょ』と斜に構えて思考停止していると、何も始まりません」

取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)