【安倍晋三首相が辞任の意向】医師団にとって8年間の体調管理は"綱渡り"だったとも

記事まとめ

  • 安倍晋三首相は、潰瘍性大腸炎の悪化で2007年にも退陣に追い込まれた過去がある
  • 体調管理にあたる医師団にとってこの8年間の体調管理は“綱渡り”だったという
  • 元官邸スタッフは「体調が目に見えて悪化していったのは15年の安保法制の頃」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております