将棋「藤井時代」到来に待ったをかける”中年棋士”4人の死闘

将棋「藤井時代」到来に待ったをかける”中年棋士”4人の死闘

強すぎる藤井聡太二冠(時事通信フォト)

 高校生二冠・藤井聡太王位・棋聖の大活躍で盛り上がる将棋界。気の早い向きは「年度内三冠達成」「全冠制覇はいつか」と囃し立てているが、「藤井時代到来」に待ったをかけようとしているのが、40代以降のベテラン強豪棋士たちだ。そんな将棋界を取り巻く状況をジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

 * * *
 まずは現在の将棋界の勢力図をおさらいしよう。タイトル保持者は10代から30代の4人だ。

・渡辺明 三冠(36)/名人・棋王・王将
・永瀬拓矢二冠(27)/叡王・王座
・藤井聡太二冠(18)/王位・棋聖
・豊島将之竜王(30)/竜王

 今後のスケジュールで、注目されているのが、藤井二冠が登場する第70期王将戦の挑戦者決定リーグ戦だ。

 9月から始まるリーグ戦の出場者は7人。シードの4人=前期挑戦者の広瀬章人八段(33)、同2位の豊島竜王、同3位の羽生善治九段(49)、同3位の藤井二冠。そして予選トーナメントを勝ち上がった永瀬二冠、木村一基九段(47)、佐藤天彦九段(32)。10代、20代は藤井、永瀬両二冠のみである。そして40代のベテラン2人が名を連ねている。すべてが現タイトル保持者、タイトル経験者で占められている超豪華な顔ぶれである。

 将棋界で最も過酷な「死のリーグ」とも言われる、この7人総当たりのリーグ(全21局)を制した棋士が、来年1月から王将の渡辺三冠に挑むことになる。その開幕局(9月22日)は、いきなり藤井二冠vs羽生九段のドリーム対局となった。これは見逃せない。

 7人による激闘を制して藤井二冠が挑戦者になれるかどうか、三冠に手が届くかどうかに関心が集まっている。

死闘を繰り広げる40代のベテラン勢

 もう一つの注目は、将棋界最高のタイトル竜王に挑む戦い。竜王戦の挑戦者決定三番勝負である。決勝トーナメントを勝ち抜いた羽生善治九段(49)と丸山忠久九段(49)の名人経験者同士によるベテラン対決が実現した。

 8月17日の第1局は丸山九段が勝ち、羽生九段は後がなくなった。8月25日に行われた第2局は羽生九段が勝ち、100期目のタイトル挑戦に向けて踏みとどまった。第3局は9月19日に行われる。

 羽生九段は、いまさら紹介するまでもないが、七冠に輝いた将棋界のレジェンドで通算タイトル数は99。永世称号を七つ獲得した史上最強と呼ばれる史上初の「永世七冠」で国民栄誉賞も受賞している。

 その生涯年収もスゴイ。公式に確認できる日本将棋連盟の「獲得賞金・対局料ランキング」(1993年〜2019年)のトータル額だけで約28億円となっている。このほか、『決断力』(角川書店)、『大局観』(角川書店)、『人工知能の核心』(NHK出版)など著作は200以上もあり、その印税収入もかなりの額になる。

 さらにCMにも数本出演したことがあり、生涯収入の総額は30億円を超え、間違いなく将棋界の最高収入プレーヤーと見られている。丸山九段との挑戦者決定三番勝負に勝ち、豊島竜王との七番勝負に勝てば、史上初の100期目のタイトル獲得となる。

 丸山九段は、名人2期、棋王1期のタイトル経験者。これまでにタイトル戦には10回登場している猛者である。兄弟子の米長邦雄永世棋聖(故人)からは「丸ちゃん」と呼ばれていたという。

 1983年の奨励会入会試験に落ちて研修会に入会。研修会A級に昇級したことで奨励会6級に編入した。早稲田大学社会科学部に進学し、大学生活を送る中で三段リーグを戦い、2年生になった1990年に四段に昇段し、プロ棋士となった。その後大学も卒業している。

 学生時代のことを本人は〈何となく早稲田に憧れみたいなものを持っていて、ちょうど社会科学部で自己推薦制度が始まった年で、その制度で受験しました。面接の時は『名人を目指します』と言いました〉などと振り返っている(『早稲田ウィークリー』2000年9月28日号より)。

 両者のどちらが挑戦者となっても、10月から始まる七番勝負の時には50歳になっているので、30歳の豊島竜王とは20歳の年の差対決となる。

 王座戦の挑戦者もベテランだ。8月3日に行われた挑戦者決定戦で渡辺三冠を下して、9月3日に始まる王座戦五番勝負で、永瀬王座への挑戦権を得たのは久保利明九段(45)。棋王3期、王将4期のタイトル履歴を誇る実力者で“捌きのアーティスト”の異名を取る振り飛車の第一人者である。

 今年7月にツイッターを開始。最初の投稿は「初めまして 将棋棋士の久保利明です。振り飛車が得意です。本日から個人でTwitter始めます。よろしくお願いします」というもの。実直な人柄がうかがえる文面だ。フォロワーは1万3000人。阪神ファン歴35年だという。

 王将戦では羽生、木村、竜王戦では羽生、丸山、そして王座戦では久保。40代のベテラン勢がタイトル奪取に向け、死闘を繰り広げることになる。

竜王戦決勝トーナメントはベテランが若手をはねのけた

 挑戦者決定戦がベテラン対決となった竜王戦の決勝トーナメントを振り返ってみよう。

 竜王戦1組優勝の羽生九段は、準決勝からの登場。相手は梶浦宏孝六段(26)。若手ながら竜王戦5組で優勝して決勝トーナメントに進出し、高野智史五段、石井健太郎六段、木村王位(当時)、佐藤康光九段と、実力者、タイトル保持者らを次々と撃破。破竹の9連勝で準決勝進出を決めた勢いに乗る棋士である。その若手有望株を相手に、後手番となった羽生九段は「横歩取り」に誘導し、激しい攻防の末、102手で若手を退けた。

 一方の丸山九段は竜王戦2組2位で、決勝トーナメントの初戦は同3組優勝の藤井棋聖(当時)だった。二人の対局は61手で千日手となった。指し直し局は藤井棋聖の先手で始まり、夕食休憩時の残り時間は藤井35分、丸山3時間31分と大差がついていたが、形勢はほぼ互角。71手目で藤井はついに一分将棋に突入。対する丸山の持ち時間は1時間17分。その後、丸山は慎重な指し回しで勝機をつかみ、116手で激闘に終止符を打った。

 藤井棋聖(当時)を破った丸山九段は、次の1組2位・佐藤和俊七段(42)との戦いを制すると、準決勝では、1組3位でこのところ好調が続いている久保九段相手に138手で勝利。決勝進出を決めた。

 羽生九段、丸山九段ともに強豪、勢いのある若手を破って来ているだけに、9月の中年決戦は見どころがいっぱいだ。

4人が8大タイトルを分け合う

 この数年、将棋界はAI研究で若手の台頭が著しい。現在のタイトル保持者は、10代が藤井二冠(王位・棋聖=18歳)、20代は永瀬拓矢二冠(叡王・王座)が27歳(※9月5日に28歳)、30代は豊島竜王が30歳、渡辺明三冠(名人・棋王・王将)が36歳となっている。4人が8つのタイトルを分け合い「4強時代」と名付けたメディアもある。

 50歳の挑戦者が挑むことになる竜王戦は、そういう意味では、昨年の王位戦(木村vs豊島)に次ぐ、ベテランの復権をかけた戦いである。棋戦は違うが、迎え撃つのは同じ豊島竜王という構図。昨年は中年の星・木村九段に王位の座を奪われた豊島竜王が、今回は竜王の座を死守できるかどうか。逆に50歳の新竜王が誕生するかどうか、これまた見ものである。

 将棋界は20代半ばから30代が全盛期と言われる。記憶力、読みの深さ、スピード、体力、といった能力は加齢とともに衰えていく。一方で経験値に基づく「大局観」はベテランならではの財産だ。

 近年は将棋AI研究で力を付けた若手世代の台頭で、ベテラン勢はこのところタイトルから遠ざかっていたが、昨年の王位戦で「千駄ヶ谷の受け師」木村九段が、豊島竜王(当時の王位)を死闘の末に破り、悲願のタイトルを獲得し、一躍「中年の星」として喝采を浴びた。

 それから1年。木村前王位は異次元の強さを誇る藤井相手に失冠したが、それでも王将戦の挑戦者リーグ入りを果たし、意地を見せつけた。

 10代の藤井二冠をはじめ、20代、30代の強豪棋士を相手に、40代から50代に手が届こうとするベテラン勢がどんな戦いを繰り広げるのか。

 歴代の年長タイトル獲得者は、1980年に56歳11か月で加藤一二三王将(当時)から4勝2敗でタイトルを奪取した大山康晴15世名人。69歳で亡くなるまでA級に在籍し続けた大山15世名人は、1990年には66歳11か月で棋王戦でタイトル奪取に挑んだが、さすがにこれはかなわなかった。米長永世棋聖は1993年に49歳11か月で名人位を獲得している。羽生、丸山両九段のどちらかが50歳で竜王位を奪取すれば、歴代の年長記録に名を残すことになる。

 新たな「4強時代」を打ち崩し、迫りくる「藤井時代」に待ったをかけられるのか。羽生、丸山、木村、久保、この4人のベテラン・タイトル経験者たちの奮闘に大いに期待したい。

関連記事(外部サイト)