看護師座談会 患者の名前覚えない、診察嫌がるダメ医者の現実

看護師座談会 患者の名前覚えない、診察嫌がるダメ医者の現実

こんな医師ばかりではないと思うが…

 新型コロナという有事を前に、医者たちの呆れた衛生観念、そして人間性が次々に露呈している。現役看護師3人が赤裸々に語り合った。

Aさん(30代):埼玉県総合病院救命救急科勤務
Bさん(40代):神奈川県大学病院救急外来勤務
Cさん(30代):神奈川県総合病院呼吸器科勤務

C:患者に対する意識が低すぎる先生は多いですよね。

A:同感! 入院患者の名前さえ覚えていないなんてザラだもの。「昨日手術したあの人さあ」とか「あの病気のあの人さあ」とか言ってくるから、「○○さんのことですか?」って聞くと、「たぶんその人」って。

B:それ、大学病院では本当に“あるある”。教授が回診した時に、明日手術の人に「手術うまくいって良かったですね〜」って言っちゃったり。入院患者の情報を把握していない場合が多い。

A:急患が来た時の当直医の態度にも腹が立ちますね。何度当直室に電話しても起きないし、やっと出てきたと思ったらブスっとして、患者さんにもひどい態度を取る。

C:私も以前に大学病院で勤務していた時は全科の先生が当直でいて、救急で運ばれてきた患者さんにそれぞれの当直医が対応していました。胃潰瘍とかわかりやすい症状なら消化器内科の先生が診ますけど、目眩や頭痛みたいな症状だと「うちの科じゃないでしょ」と言って押しつけ合う。受診歴のある患者さんは受け入れるけど、初診の場合はほとんどがたらい回し。

B:コロナの疑いのある患者さんにコロナ以外の罹患の可能性が出てきた時は、他の科に併診をかける。すると他の科の先生はカルテだけ見て診察したことにする。皮膚科だと「写真撮っておいて〜」と言って、写真だけ見て実際には診察しようともしない。患者さんの命をなんだと思っているんだか……。

A:もちろん本当に真摯な先生もいるし、大変な思いで現場にあたっているのはわかるから直接文句は言えないけど……。

※週刊ポスト2020年9月4日号

関連記事(外部サイト)