生きがいを再発見! 「リハビリ旅行」感動のプログラム内容

生きがいを再発見! 「リハビリ旅行」感動のプログラム内容

旅行先での場面に応じたリハビリを経て、その成長を見るリハビリ旅行(写真は2019年までのスナップ)

 高齢になると、病院やデイサービスなどでもリハビリテーションにかかわってもらうことが増える。リハビリといえば、歩行訓練などを寡黙に行うイメージがあり、億劫がる高齢者も少なくない。

 そんな中、リハビリに“旅”という要素を取り入れて利用者の生きがいを引き出している事業所がある。単に介助付きの旅行を楽しむということではなく、旅を目標に準備し、旅程そのものもリハビリになっている。人によってはコンビニまでの小さな道のりも“旅”。非日常に踏み出すワクワク感が大切だという。

 リハビリ推進センター代表の阿部勉さんに、生きがいとなり、生活意欲も引き出すリハビリの力について聞いた。

ワクワクする目標がリハビリ効果をアップ

「高齢のかたに“リハビリで筋力を強化しましょう”と言うだけでは、たいてい取り組みません。何のためにやるのか、目標が見えないからです。ご本人が心の奥にある生きがいに向けて、目標を持つことが大事なのです」と阿部さんは語る。

 高齢のリハビリ利用者に“人生でやりたいこと”を深掘りすると、ほとんどの人が挙げるのが旅行。墓参りという人も多いが、やはりダントツ人気は温泉旅行だという。

「参加者自らが考え選択した具体的な計画をリハビリの目標として掲げ、そのためのリハビリと旅行を実践する“リハビリ旅行”を行っています。まず目的地への交通手段、駅の階段の高さや段数、手すり、旅館内の動線など、現地の環境を詳細に調査します。

 そして本人がどうしたいか。“階段を自力で上りたい”、“移動は車いすでも露天風呂は自分の足で入りたい”など細かく聞き、本人が思い描く旅行に必要な身体機能と、現在の能力とのギャップを埋めるリハビリ計画を立てる。

 するとそれまでやる気を見せなかった人も俄然、生き生きとがんばり始めるのです。たとえば、りんご狩りをするために、立つ、腕を上げる、バランスを取るなど、旅行の場面場面を実現するようなリハビリをするわけです」

 無理のない目標設定の工夫や話し合いをしながら、リハビリのプログラムを組み立てる。温泉旅行のためのリハビリなら約3か月。つまり、3か月前からリハビリ旅行プログラムは始まっていて、実際の旅行はその成果の“お披露目の場”という意味合いもある。

「旅行先の駅の階段を上るのも、夢に見た美しい景観の中を歩くのも、温泉露天風呂に入るのもすべてリハビリであり、その日までがんばった成果。もう感動の嵐です。以前、私が同行したリハビリ旅行では、ある参加者が行く先々で“できた”“これもできた”と小さな声でつぶやくのを聞き、胸がいっぱいになりましたね。まさに達成の喜びなのです」

 この後にも重要なプログラムがある。年1回行われる「リハビリ旅行友の会」だ。

「ただ“楽しかった!”で終わらず、リハビリ前にさかのぼって見直します。どんな課題をどんなリハビリで克服したか。成果に対し表彰も行います。すると“では次は?”と新たな目標設定がしたくなる。リハビリ旅行をきっかけに、普段の外出が増えたり、できる家事に取り組むなど前向きになるようです」

生きがいを引き出すリハビリ旅行療法士

 利用者と信頼関係を築き、リハビリ旅行の現地の調査・評価からリハビリ計画、旅行に同行してサポートするのがリハビリ旅行療法士だ。リハビリ推進センター独自の資格で、現在全国に100人余りが輩出しているという。

「一般的な介護旅行と違うのは、高齢や要介護になるとなかなか言えない“いま何をしたいか”“どんなことにワクワクするか”をじっくり引き出し、リハビリ専門職であるリハビリ旅行療法士が伴走しながら実現していくところです。安心・安全が第一なので、看護師も同行して旅行中の体調管理を行うほか、現地の医療機関とも提携して万全の態勢を取っています」

 旅行の醍醐味である非日常を満喫できるよう地元の資源を最大限に盛り込んだり、旅館室内のレイアウトを工夫したりもするため、地元の観光組合や旅館の理解と協力が欠かせないという。

「開始当初から主旨に賛同してくださっている二大リハビリ温泉郷(静岡県稲取温泉、長野県昼神温泉)、また東日観光、JTBなどの旅行会社が連携し、リハビリ旅行を実現しています」

コンビニに行くこともリハビリの目標になる

 老親がいろいろとできないことが増えてくると、“病気だから、高齢だからしかたがない”と、意外に家族は簡単にあきらめがち。本人もまた然り。でもリハビリの専門家にかかわってもらうことで、“いまを楽しむ”ための新たな可能性が見出せそうだ。

「高齢になり、助けてもらう立場になるのは、実は本人にとっては大きな自信喪失。負い目を感じて、生活意欲までなくしてしまうことも。が、リハビリによって機能を回復したり維持したりすることで成功体験を増やし、自己効力感、つまり“自分にはこれができる”という実感が得られ、気持ちが前を向くのです」

 たとえば“自力で歩いてトイレに行けた”“腕を上げて自分で食事ができた”など、これらが当たり前にできる人にとっては些細なことが、生きる喜びや生きがいをよみがえらせることもあるという。

「目標は温泉旅行でなくてもよいのです。近くの公園に行く、コンビニで買い物をするなども、いままで困難だった人には非日常のワクワクする旅行。身近なところに目標を見つけ、生きがいを実現するようなリハビリをしましょう」

※女性セブン2020年9月10日号

関連記事(外部サイト)