がん隠した森氏、動静偽装した小渕氏… 病の総理が取る行動

がん隠した森氏、動静偽装した小渕氏… 病の総理が取る行動

無念の「途中降板」(時事通信フォト)

 連続総理在任が歴代最長となった安倍晋三総理が辞任をすることを発表したが、いつの時代も政権にとって、トップシークレットといえるのが“健康問題”。病と闘った歴代首相たちは何を語り、いかにしてその身を処したのか。その病状や辞任劇を紹介しよう。

●鳩山一郎(享年76)

 1951年に脳いっ血で倒れるなど体調が心配されたが、1954年に首相就任。翌年結党された自民党の初代総裁となる。1956年には車イス姿でソ連との交渉に臨み、10月19日「日ソ共同宣言」に調印した。

●石橋湛山(享年88)

 1957年1月下旬に肺炎を患い、岸信介を首相臨時代理に指名。政権維持を訴えた側近もいたが、2月23日に退陣。写真はその3日後、自宅で療養する姿。2年後には中国を訪問して周恩来首相と会談するまで回復した。

●池田勇人(享年65)

 1964年7月の内閣改造の2か月後に入院。東京五輪の開会式には病棟から向かった。10月25日、辞任を表明。朝日新聞の社説に「きれいな退陣」と書かれ、社会党の河上丈太郎委員長も「敬意を表する」と語った。

●大平正芳(享年70)

 1980年4月30日から12日間でアメリカや西ドイツなど5か国を訪問。帰国後、内閣不信任案が可決され総選挙に。5月31日未明に入院。笑顔でベッドに起き上がる写真も公開されたが、6月12日に急逝。その10日後の衆参同日選では自民党が圧勝した。

●村山富市(96)

 1994年6月30日の首相就任から10日足らずで開催されたイタリア・ナポリでのサミットの晩餐会で、脂っこいイタリア料理や鉱物質を含んだ水を何度も口にしたことで下痢と脱水症状を発症。入院先には100人を超える報道陣が詰めかける騒動になったが、1日で退院した。

●小渕恵三(享年62)

 2000年4月2日未明、脳梗塞で倒れたが青木幹雄官房長官は同日午後11時半にようやく公表。官邸は動静を「公邸で資料整理などして過ごす」と虚偽の発表。

●森喜朗(83)

 小渕首相が緊急入院した3日後の2000年4月5日、森喜朗氏が後継首相に就任。7日の所信表明演説後、虎の門病院の検査で腫瘍マーカーの値が高いと指摘される。その後、病気を伏せたまま職を全うし、辞任後の2002年7月、前立腺がんを公表した。

●安倍晋三(65)

 所信表明演説の2日後、2007年9月12日に退陣を表明し、翌日入院。辞任理由に病気を挙げていなかったが、9月24日の慶応大学病院での退院後、会見で「在職中に自らの体調について述べるべきでないと思っておりました」と明かした。再登板後、2020年8月28日に再び病気による辞任を表明。

※週刊ポスト2020年9月11日号

関連記事(外部サイト)