安倍氏に緊急事態宣言解除後大きな変化 治療薬の副作用も?

安倍氏に緊急事態宣言解除後大きな変化 治療薬の副作用も?

慶応病院に入る安倍首相(写真/共同通信社)

 安倍晋三・首相が8月28日、記者会見を開き、辞意を表明した。持病の潰瘍性大腸炎の再発など健康上の問題がその理由だが、安倍首相の様子に大きな変化が現われたのは、緊急事態宣言が解除(5月25日)されてからだ。感染拡大中には9回もコロナ対策について記者会見を開いたのに、恒例となっている国会閉会後の会見(6月18日)を最後に、ほとんど国民に語りかけなくなったのだ。

 慶応病院で1回目の検査を受けたのはこの頃(6月13日)である。元官邸スタッフが語る。

「総理の病気・潰瘍性大腸炎は悪化すると『やる気』を失う。医療チームの医師が一番心配していたのはそこでしたから、“とうとう来たか”と思った」

「総理の主治医」には、“執務に影響が出ないようにする”という使命がある。そこに影響が及んできたわけである。

 ひとつの原因として考えられるのは、治療薬の副作用だ。おおたけ消化器内科クリニックの大竹真一郎院長が語る。

「診察していないのではっきりはわかりませんが、ステロイドの長期投与は行なわれているかもしれません。ステロイドは炎症を抑える力が強く、ひどい血便や下痢、腹痛といった症状を改善させるために投与しますが、副作用としては、うつ病や顔がむくんだり、丸くなる満月様顔貌などの症状が出る可能性がある」

 医療チームが「やる気を失う」と心配していたのは薬を多用せざるを得ないほど症状が悪化していたからではないか。

 安倍首相は「追加検査」を理由に8月に入って慶応病院に2回通い、それぞれ7時間と4時間診察を受けた。「GCAP」(白血球除去療法)と呼ばれる治療を行なっているという報道もある。

「GCAPは症状が悪化した場合に行なわれる療法で、血液を抜いて炎症に係わる白血球を除去してからまた体内に戻す。調子が悪いときは週1〜2回行なう。副作用は軽度で一過性の頭痛や目眩が起こる可能性はあるが、週1回ならそれ以外は仕事はできるはずです」

 大竹医師は、「ただし」とこう指摘する。

「GCAP療法を行なっても大腸の出血がコントロールできないという状況になれば、酸素の運び手である赤血球が減るので脈が上がったり、フラフラしたりする。その場合、通常の業務は難しいと思います」

 そうなるといよいよ「総理の主治医」である医療チームはドクターストップの判断を問われることになる。

 ある自民党幹部は、「医師団は方針をめぐって混乱したようだ。総理が無理を重ね、在職のまま緊急入院という事態になれば、それが総理の意思だったとしても、“医師団の責任が問われることになりかねない”と心配する声もあったという。早く医師団の総意としてドクターストップをかけるべきだという意見も出ていた」と振り返る。

※週刊ポスト2020年9月11日号

関連記事(外部サイト)