総理大本命・菅義偉氏はどんな人? 下戸でパンケーキ好き

"ポスト安倍"菅義偉氏の人となり マックでランチ済ませるなど庶民的な一面も

記事まとめ

  • 叩き上げの苦労人として知られる菅義偉氏は、昼食は早く済ませられる蕎麦が好き
  • アルコールはまったくダメで、パンケーキが好物という大の「甘党」
  • RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎は、菅氏の三男と同級生だとか

総理大本命・菅義偉氏はどんな人? 下戸でパンケーキ好き

総理大本命・菅義偉氏はどんな人? 下戸でパンケーキ好き

素顔の菅官房長官とは(時事通信フォト)

「アルコール:全然ダメ」「好きな食べ物:甘いもの・めん類」──菅義偉・官房長官のかつての名刺の裏には、こんなプロフィールが書かれていた。好きな言葉は「意志あれば道あり」。いまや“ポスト安倍”の大本命になった菅官房長官の人となりを紹介しよう。

 秋田県のいちご農家に生まれ育ち、高校卒業後に集団就職で上京。段ボール会社で働きながら学費を貯めて法政大学に進学し、横浜市議を経て国会議員にまでなった、叩き上げの苦労人として知られる。

 昼食は「早く済ませられる」から蕎麦が好き。5分くらいで食べ終わるのがルーティンだ。選挙の時などに地元・横浜を回るときは、マクドナルドやジョナサンでランチを済ませるなど庶民派な一面も。

 体質的にお酒はほとんど飲めず、若手記者らとの会食では「僕はアルコールまったくダメだけど、君たちは遠慮なくどうぞ」というのが定番だ。行きつけにしているホテルオークラのフレンチの名店『バロン』では、スタッフたちにも下戸なことが知られていて菅氏のグラスにはさっと水が注がれる。

 大の「甘党」で、パンケーキが好物。それでも痩せているのは、日課としている朝と夜の腹筋100回と毎朝の30〜40分の散歩のおかげだろう。かつて番記者には、「散歩の時もスーツなんです。なにかあったらすぐに官邸に行かなきゃいけないからね」と語っていた。

 家族のことは、あまり知られていない。菅氏は横浜市議になる前に国会議員・小此木彦三郎氏(故人)の秘書を務めていたが、その時代に5才年下の真理子夫人と結婚。3人の息子に恵まれている。後援会関係者が語る。

「息子さんは今は3人とも民間企業に勤めていて、菅さんも政治家にさせる気はないようです。ちなみにRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎さんは、菅さんの三男と同級生らしく、中学生の時、酔っ払った菅さんにいろんな話をしてもらったことが印象深かったそうです」

「令和おじさん」として若い世代から親しみを持たれた菅氏だが、近年は「桜を見る会」問題やモリカケ疑惑をめぐる官房長官会見での対応が大きな批判を浴びている。これまでは“番頭”として君臨してきたが、日本のリーダーとしてふさしいかは未知数だ。

 自民党は9月14日に両院議員総会を開いて総裁を決定し、17日に臨時国会を召集して新しい総理大臣を選出する方針となっている。

関連記事(外部サイト)