自民党・元重鎮職員が語る「気配り力」があった政治家たち

自民党・元重鎮職員が語る「気配り力」があった政治家たち

人望を集めた角栄(時事通信フォト)

「次の総理」レースは、菅義偉・官房長官が優勢な状況となった。菅氏は無派閥で大きな党内支持基盤を持ってはいないものの、自民党内だけでなく公明党や創価学会、財界や官界にも幅広い人脈を持つことで知られる。彼を「気配りの人」と評する声もある。

 歴史を振り返れば、「気配り・目配り・カネ配り」で総理になったと言われる竹下登・元首相もいたように、自民党内では「気配りの人」と呼ばれた大物政治家は少なくない。7月に退職するまで自民党の党職員として、中曽根康弘氏や橋本龍太郎氏などから安倍氏まで歴代16人の首相のもとで勤務してきた田村重信氏は、政治家の「気配り力」に注目している。その田村氏が語る。

「もちろん、気配りだけで出世できるほど政界は甘くはない。しかし、常に気を配ったり、周りの人を笑顔にするといったことができない人間は出世しません。例えば、外務大臣を4年間、農林大臣や官房長官も務めた安倍総理の父・晋太郎さんは、外遊先で口に合わない弁当を出されても『美味い、美味い』と笑顔で食べていたものです。弁当を手配してくれた人に対する気配りです。『なんだ、この冷めた弁当は!』などと怒鳴るような人は、政界を去ることになります」

 田村氏は、農林水産や安全保障に関する政策立案に関わり、橋本龍太郎が政調会長時には政策大綱作成にも携わってきた。その経験をまとめたのが著書『気配りが9割 永田町で45年みてきた「うまくいっている人の習慣」』(飛鳥新社刊)だ。そんな田村氏だが、1982年の参院選の際、晋太郎氏の遊説に随行したエピソードを明かしてくれた。

 ある日、丹波の山中から次の遊説先である神戸にヘリコプターで行く予定だったが、朝から出ていた霧で、パイロットも警察官もヘリを飛ばして良いものかと悩んだ。しかし、田村氏が「なんとかヘリを出してください」と頼み込み、離陸させた。

「パイロットは緊張していましたし、私は無事に神戸に到着するよう祈っていましたが、その間、晋太郎さんはずっと目を閉じて腕を組んでいました。飛行の決断をした私や命がけで操縦しているパイロットに気を配り、動揺した素振りを見せずどっしりと構えていたのだと思います。もちろん、本当に肝が座っていましたからできたことですが」(田村氏。以下同)

 政界随一の気配りの人として知られるのは、田中角栄元首相だ。

「角さんは私のような党の職員はもちろん、受付嬢や警備員、あるいは清掃員にも礼儀や心遣いを欠かさなかった。誰に対しても丁寧に、時に冗談を交えながら話していました。また角さんは毎晩会合に出かけていましたが、料亭の下足番に対しても笑顔で接して、必ずチップを渡していました。

 また、竹下登さんはどんな小さな会合にも必ず5分前には到着するよう心がけていました。人を待たせないためです。

 やはり政治家は投票してもらうわけだから、人に愛される器がなくてはなりません。当時の政界は東大卒や官僚上がりの人ばかり。中卒の角さん、県議会を務めてから国政に進出した竹下さんはエリートとはいえませんが、それでも総理になった。なぜそれが可能だったかといえば、周りに愛されたからです。

 ちなみに今、菅義偉氏が新総裁として有力視されていますが、菅氏は秋田から集団就職で上京してきた叩き上げの議員です。角さんと同じく、二世議員と違って庶民の気持ちがよくわかるという声もあります」

 昨今は、高学歴で語学堪能な政治家や、政策通の政治家もいることはいるが、田村氏から見れば「気配り力」が決定的に欠けているという。

「誰とは言いませんが、上から目線の政治家が少なくありません。初当選のときはペコペコしていたのに、当選を重ねるたびにどんどん偉そうになる人もいました」

「気配り」だけでは国のトップは務まらないが、菅氏が“総理の器”にふさわしい人物かどうか、判断されることになるだろう。

【プロフィール】たむら・しげのぶ/1953年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。宏池会を経て、1977年〜2020年まで43年間、自由民主党本部に勤務。政務調査会職員として農林部会、水産部会、国防部会などを歴任。現在は拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、日本国際問題研究所客員研究員、防衛知識普及会理事長、防衛法学会理事などを務める。近著に『秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白』(講談社)、『ここが変だよ! 日本国憲法』(内外出版)など。

関連記事(外部サイト)