歌舞伎町ホスト「ホストはウイルスでなく夢を与える仕事です」

歌舞伎町ホスト「ホストはウイルスでなく夢を与える仕事です」

総支配人の小田桐蓮氏

 6月から7月にかけて、新宿・歌舞伎町のホストクラブを中心に新型コロナウイルスのクラスターが多数発生し、いわゆる「夜の街」は槍玉に挙げられた。その後、家庭内感染に拡大した第2波は収束しつつあるが、今、夜の店で働くナイトワーカーたちはどのようにコロナ禍に向き合っているのか。高級クラブ、キャバクラ、ラウンジなど歓楽街で営業する店の現状を、ハシゴ取材でお伝えする。

「昼間の混雑したカフェや狭い鰻屋で呑むビールと、夜に私どもの広めのお席で呑むビールの何が違うんでしょう。ウイルスが時間を読むのかしら」

 そう訴えるのは銀座の高級クラブ『ル・ジャルダン』の望月明美ママだ。経営する銀座の4店舗に、約300万円をかけて感染対策としてサーキュレーター(空気循環器)や滅菌器などを導入した。店の前には消毒液を染み込ませたマットを敷き、靴の裏を消毒できる仕組みも作った。

「そもそも銀座のクラブは、お店がお客様の身元を把握しています。“昼の店”のほうが、不特定多数のお客様を迎えている。都のガイドラインだけでなく、水商売ならではの感染防止対策リストを徹底している“夜の店”のほうが、ある意味、安全なのではないでしょうか」

 望月ママが指す「リスト」とは、接待飲食店の地位向上に向け活動する「一般社団法人日本水商売協会」が5月初旬に発表した「コロナウイルス対策ガイドライン」のことだ。マスク着用の義務から検温の実施、客・従業員の体調確認シートの記入、換気や消毒の方法、使い捨てマドラーの使用やドレスのこまめなクリーニングの奨励など、事細かに感染予防のための項目が整えられている。協会代表理事の甲賀香織氏は、銀座・六本木・歌舞伎町にある約350軒の接待飲食店に自ら足を運び、ガイドラインの周知に努めたという。

 同じ銀座でも、よりカジュアルなお店ではどうか。次に向かった『Giraffe(ジラフ)』は銀座と新橋の間に位置するキャバクラ。ミニドレスに身を包んだ美女たちは、透明のマウスシールドを外さずに接客をする。新型コロナウイルスの流行を機に、同店は医療機関と契約を結び、細かな感染防止指導を受け連携を図っているという。

歌舞伎町のホストクラブには「コロナゲート」

 銀座の店の対策と意識を取材した我々は、六本木で最大面積を誇る『ZOO東京』へ。ディスコをイメージした巨大フロアと、多数の美人キャストが自慢のキャバクラだ。キャストたちは接客中も手持ちのアルコールスプレーでこまめに手指消毒を徹底し、客ごとに使い捨ての専用マドラーを交換していた。

 六本木を後にし、我々はコロナの“感染源”と報じられた新宿・歌舞伎町へ。『LP TOKYO』は、言わば高級ラウンジだ。水商売歴9年目の沙世子ママはこう語る。

「うちのお店は、自分のことよりお客様とお店の将来を心配する女の子ばかり。だから感染対策にはとにかく一生懸命で、お客様・女の子・スタッフ共に検温や消毒の実施を徹底しています」

 抗ウイルス・抗菌の効果があるという薬品のコーティングをソファや壁面にまで施したという。店の安全意識は接客のみならず店全体に及ぶ。

 小池百合子都知事の“夜の街関連”という言葉の矛先となった、歌舞伎町のホストクラブは現在どうなっているのか。新宿エリア最大の店、『SINCE YOU…本店』が新しいシステムを導入したと聞き訪問した。

 入り口で通称「コロナゲート」と呼ばれる、“自動全身消毒システム”という大型の設備が記者を出迎える。そのインパクトに驚きつつ、小田桐蓮総支配人に話を聞いた。

「消毒、検温、マスク着用を徹底して、安心してお客様に来ていただきたい。少なくとも自分たちのグループ店は、最善を尽くしていると胸を張って言えます。ホストはウイルスではなく、夢を与える仕事なんだと周囲に示し続けたい」とまっすぐな瞳で語ってくれた。

 今や日本全国、あらゆる集団や場所でクラスターが発生している。前出の望月ママは、「可能な限りの情報収集と感染対策を心がけている今、闘うべきはコロナよりも無知と偏見、そして不景気だと思います」と強く語っていた。

 感染防止に努めながら、経済を回していく。ウィズコロナの時代に見習うべきは、再び活気のある日常を取り戻そうと奮闘する“夜の蝶”たちの強い覚悟なのかも知れない。

●取材・文/赤谷まりえ 撮影/本誌・小倉雄一郎、内海裕之

※週刊ポスト2020年9月11日号

関連記事(外部サイト)