眞子さま結婚に影響 安倍首相辞任で女性宮家議論に追い風か

安倍晋三首相辞任で女性宮家議論に追い風か 眞子さまや佳子さまの将来に大きな影響か

記事まとめ

  • 安倍晋三首相の辞任を受け、「女性宮家」議論が急展開する可能性が浮上した
  • 秋篠宮家の眞子さまや佳子さまの将来に大きな影響を及ぼすとみられるという
  • 紀子さまは、眞子さまと佳子さまに結婚後も皇室に残り悠仁さまを支えることを期待とも

眞子さま結婚に影響 安倍首相辞任で女性宮家議論に追い風か

眞子さま結婚に影響 安倍首相辞任で女性宮家議論に追い風か

議論の結果次第で、眞子さまの将来も大きく変わる(昨年11月、東京・江東区=撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さま(28才)の将来が大きく揺れている。安倍晋三首相(65才)の辞任を受け浮上した、「女性宮家」議論が急展開する可能性。その影響は“将来の天皇”にまで及ぶという──。

「大事な愛娘の結婚についてですから、何かしら意見されたいお気持ちはあるでしょう。ですが、踏み込んだ発言はされないとみられています。“言いたくても言えない”という、もどかしいお気持ちではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 9月11日、紀子さまが54才の誕生日を迎えられる。それに伴い、紀子さまは記者からの質問に文書で回答される。

「オンラインのご接見に関するお考え、コロナ禍のご家族の過ごされ方、そして眞子さまのご結婚などに関して言及される見込みです。眞子さまと小室圭さん(28才)の結婚に否定的という紀子さまですが、いまは眞子さまの動きを待たれる“受け身”の状態。踏み込んだ発言は避けられ、“本人に任せています”といったお言葉に留まるでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 暗礁に乗り上げている眞子さまのご結婚。だが唐突にもいま、結婚を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。8月28日、安倍晋三首相が辞任を表明。首相交代は皇室の今後と直結するとみられている。まずは秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣言する「立皇嗣の礼」だ。

「新型コロナ感染拡大で延期中の立皇嗣の礼は、開催時期が決まらない状態が続いています。官邸は10月中の開催を視野に調整を進めていましたが、首相辞任を受け、年内の開催も厳しくなりました。新首相への引き継ぎ、組閣などを考えると、来年の春まで開催を遅らせるかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 立皇嗣の礼は、御代がわりに関する一連の行事を締めくくるものだ。秋篠宮さまを支えてこられた紀子さまにとっても、晴れ舞台の見通しが立たない厳しい状態が続く。さらに、首相交代は眞子さまや佳子さまの将来にこそ大きな影響を及ぼすとみられる。女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」の創設が、急転する可能性が出てきたのだ。

「保守層を支持基盤とする安倍首相は『天皇の男系維持』に強くこだわってきました。そのため、女性・女系天皇の容認につながる女性宮家創設についても議論は先送りにし続けてきました。

 ところが、安倍氏は辞任。多くの国民が女性・女系天皇容認を支持しているので当然といえば当然ですが、後任の首相候補に強硬な『男系論者』はいません。次期首相によっては棚上げされてきた議論が一気に進む可能性があります」(官邸関係者)

 首相候補の1人である河野太郎防衛相(57才)は8月23日に「女系天皇を容認すべき」と発言。石破茂元幹事長(63才)も昨年12月、「男系、女系というだけで決めることなのか」と現行の制度に疑問を呈した。

「5月には安倍官邸内の専門チームによる『安定的な皇位継承策』についての有識者へのヒアリングが終わり、いまは論点整理をまとめている段階です。安倍首相のもとでは“首相の信念”も重視され、女性宮家創設や女性・女系天皇容認に否定的な論点整理がまとめられるとみられていました。ところが、その論点整理は、別の首相に引き継がれることになる。結論も大きく変わる可能性があります」(前出・官邸関係者)

 皇位継承順位第2位の悠仁さまは同世代に男性皇族がいない。現行のルールのままだと将来、「皇族は悠仁さまだけ」という事態もありうる。紀子さまは悠仁さまのことを案じ、姉である眞子さまと佳子さまには、結婚後も皇室に残って悠仁さまを支えることを期待されているという。

「おふたりが結婚しても皇室に残るには、女性宮家の創設が必須。姉妹ふたりが『宮家の当主』となられ、悠仁さまをバックアップするのが紀子さまの描く未来像でしょう。首相交代はその追い風になるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事(外部サイト)